ページの本文へ

NHK熊本WEB特集 クマガジン

  1. NHK熊本
  2. 熊本WEB特集 クマガジン
  3. 【今日も完食!グルメ旅 第23回】稲塚貴一アナが食べ歩き

【今日も完食!グルメ旅 第23回】稲塚貴一アナが食べ歩き

厳しい選抜で“日本一高い”!? ~みかんのフルーツサンド~
  • 2024年05月08日

稲塚貴一アナウンサーが 熊本県内各地を食べ歩き、
地域や人の魅力を紹介する「今日も完食!グルメ旅」
今回は天草郡苓北町。苓北町で栽培されている、みかんを使ったフルーツサンドをご紹介するのですが、このみかんが、“ただのみかん”じゃないんです!

こんにちは。
香代子さん、どうぞよろしくお願いいたします。

“日本一高い”と言われる、みかんを栽培されている松本香代子(まつもと・かよこ)さんとご家族です。 

それは、どこにあるんですか?

ここに…
袋に入れて越冬させて1月に収穫をしているんです。

寒さや野生動物から守るため、一つ一つに袋をかけて大切に育てられる、みかん。
そのお姿を拝見!

見た目は、普通に色づいた、みかん。

さて、クイズです。いくらすると思いますか?

一般的なミカンだと、3kgで2千円程度だそうですが…
5千円ぐらい?

1万円を超えていると思います。

単純計算で1個250円!!

その最大の特徴は、糖度の高さ! 測ってみると…『17.2』
これは、甘い果物として知られるメロンやモモに勝るとも劣らない甘さなんです。

どうして、こんなみかんが生まれるんですか!?

乳酸菌の肥料を使っています。

40年以上、除草剤を使っていない土に乳酸菌と酵母菌を与えることで、
スペシャルな土壌ができるのだとか。
さらに防水シートで、余分な水分が染み込まないようにするなど、最適な水の量を調整。
その上で、このみかんちゃんたちは、
厳しいオーディションをくぐり抜けた選抜メンバーなんです!

熟す前の段階で、一定の糖度がある実をつける木だけを選別。
「一樹(いちじゅ)検定」と呼ばれていて、大変手間がかかるので、
ここまでする農家さんは、とっても珍しいそうです。

そんな選ばれし、みかんで作るお料理は…!?
「シフォンケーキのフルーツサンド」です。

調理開始!

【材料】
米粉 卵 砂糖 牛乳 生クリーム サラダオイル みかん キウイ

まずは米粉を使ったシフォンケーキを作ります。
卵を割って白身と黄身に分けます。
次に、泡立て器に卵の白身300㎖と砂糖130gを入れてよく混ぜ、メレンゲ(A)を作ります。

卵の黄身に、みかんの果汁を入れた牛乳とサラダオイル50ccを入れてよく混ぜ、
ふるいにかけた米粉を加えてダマにならないように混ぜます(B)。

BにAのメレンゲを入れて、混ぜ合わせます。

型に流し込み、およそ190度のオーブンで40分焼きます。

焼きあがったシフォンケーキに切り込みを入れて、生クリームを塗り、
みかんとキウイを盛りつければ出来上がり。

いただきます!

お孫さんも学校から帰ってきて、ご一緒におやつですね。いただきたいと思いま〜す。

おいしいですね!
生クリームが、みかんの強い甘さを落ち着かせますね。

飽きずにどんどん、いただけそうで。
なんなら1ホール、ガバッと。

絶品フルーツサンドに欠かせない、苓北町のみかん。
実は今、若い作り手が少ないそうで、どう引き継いでいけるかが、一番の課題なんだそうです。

苓北でみかんを作ってくれる人がいたらなぁと思います。
是非、苓北に来てみかんを作ってほしいです。

“日本一高い”と言われる苓北町のみかん。未来につなげたい、驚きのおいしさでした!
松本さん!ごちそうさまでした。 

あわせて読みたい

ほかのおすすめ記事

ページトップに戻る