ページの本文へ

NHK熊本WEB特集 クマガジン

  1. NHK熊本
  2. 熊本WEB特集 クマガジン
  3. 就活のギモン、熊本在住の若手社会人に聞いてみた!その②

就活のギモン、熊本在住の若手社会人に聞いてみた!その②

「自己PRをどうしようか悩んでいる。先輩はどんな自己PRをした?」
  • 2024年03月22日

就活のギモン、熊本在住の若手社会人と就活の専門家に聞いてみた!その②
話を聞いたのは、熊本在住の就活生と佐藤茉那アナウンサー。
就活生のギモンは「自己PRで複数のエピソードを話すか、絞って伝えるか悩んでいる。先輩たちはどんな自己PRをした?」というものです。
答えてくれたのは、マイナビ編集長の高橋誠人さん、熊本県商工政策課の木場愛海里さん(1年目)です。
果たして、社会人の先輩たちの答えは?
(2月25日に放送の「はっけんラジオSP from熊本 就活応援ラジオ」より 肩書などは当時)

佐藤アナ

就活生のギモン。この質問はスタジオにお越しの就活生・林さんからのものなので林さんから聞いてもらいます。お願いします。

就活生
林さん

自己PRをどうしようか悩んでいます。
いろいろエピソードがあるんですが、全部伝えたほうがいいのか、それとも絞って伝えたほうがいいのか、難しいです。
それから、先輩たちはどんな自己PRをしていたのか知りたいです。

佐藤アナ

林さんは自己PRで迷っていると?

就活生
林さん

僕はメディア関係を志望しているんですけど、メディア関係に関する外部活動をたくさんしてきて、1つは、ケーブルテレビの撮影や編集の手伝い。あとは自動車学校が運用するSNSアカウントの動画の撮影や編集などもしています。
いろいろ活動してきて、やっぱり全部話したい!という気持ちもありますが、でも絞らないといけないかなっていう気持ちもあるので・・・。
詳しく知りたいですね。

佐藤アナ

なるほど。そういった色んな取り組み、全部伝えるのか絞って伝えるのかというところに関して、まず高橋さんいかがですか?

マイナビ
高橋さん

就職活動で企業に伝える伝え方として正解はないですね。
「結論から話す」などのようなフォーマットはあるんですけれども。
自分がどれが言いやすいかですね。1つの事柄を掘り下げていってそこから分かってくる自分の強みを伝えるというパターンと、複数の事から共通する点を自己PRとして言うパターンなどがありますよね。
自分が熱意をもって伝えられるのはどちらかっていうような、戦法の話かなとは僕は思いますね。

佐藤アナ

なるほど。では、先輩たちから一人に伺いたいんですが木場さんは、絞って伝えていましたか?

県庁
木場さん

私はエントリーシートに書いたのは1つのエピソードでした。
面接の中で面接官の皆さんが聞きたい事をどんどん深掘りされるので、その際に話すという形でいいと思います。私は「折り合いをつける力」をアピールしたんですけど、その強みをいかにこれまでの自分の経験を踏まえながら、面接官の皆さんにアピールできるかが大切だと思います。

佐藤アナ

林さん、今の聞いてどうですか?

就活生
林さん

僕も全体の活動を通して1つ言えることは、やっぱり、何でも足を踏み込んでみるチャレンジ精神があることと、最後まで責任を持って仕事をやるという責任感があるっていうことを伝えたいなって思っているので、1つに絞って面接の時にいろいろと話を進めていく感じでもいいのかなって思いました。
ありがとうございます。

  • 石井隆広

    熊本放送局 アナウンサー

    石井隆広

    熊本県出身
    福井→熊本→東京を経て、2度目の熊本勤務。
    今回、この就活応援ラジオを企画。

ページトップに戻る