ページの本文へ

NHK熊本WEB特集 クマガジン

  1. NHK熊本
  2. 熊本WEB特集 クマガジン
  3. 大雨…いつ避難する?

災害発生時…いつ避難する?

豪雨や台風でいつ起こってもおかしくない水害。命を守るために、日頃から準備をしておくことが大切です。いつ避難をすればよいのでしょうか?なんとなく避難するのは気が引ける…、今回は大丈夫だろう…、そんなことはありません。今回は、「洪水」と「土砂災害」が起こった時の避難のポイントをお伝えします。

洪水が起こったら…避難する3つのポイント

①「キキクル」が紫なら避難!

 洪水の危険度が見える気象庁のキキクル(危険度分布)で川の色を確認!

 →紫色の場合は氾濫の危険性がとても高いです。すぐに安全な場所に避難しましょう。 

②中小河川近くの人は素早い判断を

 川幅が狭く、水位が一気に上昇します。素早い判断が大切です。明るいうちに安全な場所へ避難しましょう。 

③大河川は晴れてからも要注意

 支流から水が流れ込むため、雨がやんでからも水位が上がります。避難情報が出ている間は、安全に見えても避難を続けましょう!

土砂災害が起こったら…避難する3つのポイント

①「土砂災害警戒情報」は避難の合図

土砂災害は発生してからでは逃げられません!情報を受け取ったら、すぐに非難しましょう。

②「前兆」があったら即避難

山や斜面の様子は、見に行かないでください。土砂災害に巻き込まれたケースがあります。

③2階に避難は最後の手段

逃げるのが難しい時は少しでも安全な場所へ!近くに鉄筋コンクリートの建物があればそこも避難先として考えましょう。

土砂災害の危険がある場所として、「傾斜地の造成地」、「すぐ後ろが崖」、「裏山がある」、「川が近い」、「過去に土砂災害があった」、などの場所が考えられます。

 

「マイ・タイムライン」を考えてみよう!

命を守るために、避難のスイッチを決めておくことが大切!大雨や台風の予報が出たとき、避難に向けた行動を時系列で整理する「マイ・タイムライン」。NHK熊本防災ページに書き込みシートがあります。家族みんなで考えて、災害に備えましょう!

また、他にも地震や津波、台風などの自然災害に関する情報を掲載した「災害列島 命を守る情報サイト」もぜひご覧ください!

ページトップに戻る