ページの本文へ

NHK熊本WEB特集 クマガジン

  1. NHK熊本
  2. 熊本WEB特集 クマガジン
  3. ことば塾「読書の秋」佐藤アナ

ことば塾「読書の秋」佐藤アナ

なぜそう言われるようになったのでしょうか?
  • 2023年05月17日

今回のテーマ「読書の秋」

秋が近づいてくると、「○○の秋」という表現をよく耳にしませんか?
今回取り上げるのは、そのなかでも「読書の秋」です。

由来は?

なぜ「読書の秋」と言われるようになったのか?
その由来を、ことばの専門家、辞書の編纂に30年以上携わってこられた神永曉(さとる)さんにうかがいました。

神永さんによりますと、「読書の秋」は、
中国の唐の時代、韓愈(かんゆ)という文人が、息子に与えた詩が由来とみられるそうなんです。
その詩のなかにある「灯火ようやく親しむべく、簡編 巻舒すべし」という部分。

「簡編(かんぺん)」は書物のこと、「巻舒(けんじょ)」は書物を巻いたり広げたりすることです。古くは、書物は木や竹でできた札のようなものに書かれ、それをひもで編んでいました。
そのため、「簡編 巻舒すべし」で、「本を読みなさい」という意味になります。

「涼しい秋が訪れ、次第に灯火に親しめるようになった。読書をするのによい季節である。」
そう言って、息子に読書をして学問に励むように勧めていたんです。このことば、日本だと、夏目漱石なども書籍のなかで引用していて、ここから「秋は読書にふさわしい」とされるようになったのでは、ということでした。

ちなみに「食欲の秋」は?

「食欲の秋」は、
①秋がお米など色んな食材の収穫期であること
②涼しくなった秋に暑さで落ちた体力が回復することから、言われるようになったと考えられます。
 

さらに、実は、秋は、科学的に人間の食欲が増すことが分かっているんです。
これに大きくかかわるのが、太陽の光。秋に日照時間が減って、ある脳内物質が減少します。
それが要因となって、食欲が湧くようになるとのこと…。
もっと詳しく知りたい方はぜひちょっと調べてみてください。

このコーナーではこれからもことばに関する疑問や質問をお待ちしています。
NHKのHPやFAX(096-311-5376)などでお寄せください。

  • 佐藤茉那

    熊本放送局アナウンサー

    佐藤茉那

    出身地: 神奈川県
    趣味はショッピング、漫画を読むこと

ページトップに戻る