ページの本文へ

NHK熊本WEB特集 クマガジン

  1. NHK熊本
  2. 熊本WEB特集 クマガジン
  3. ことば塾「雪辱を○○」「合いの手を○○」佐藤アナ

ことば塾「雪辱を○○」「合いの手を○○」佐藤アナ

間違えやすいことばを選びました!
  • 2023年05月17日

今回のテーマ「合いの手・雪辱の使い方」

次の文章、合っていますか?間違っていますか?

正解は、こちら。

「合いの手」は、「打つ」のではなく、「入れる」ものです。
『合いの手を入れる』と言います。

「合いの手」由来は?

「合いの手」は、元々邦楽用語でした。歌と歌の間の「伴奏、間奏部分」のことを指していたんです。

それが時代とともに、歌の間に入れる手拍子や掛け声のことを言うようになり、 どんどん意味が広がって、相手の話の間に挟む言葉や動作を意味するようになりました。
「挟みいれる」ので、合いの手を「打つ」ではなく「入れる」と言います。

「合いの手」は「入れる」。「打つ」のは「相槌」。

ちなみに、「打つ」のは、「相槌」ですよね。
「槌(つち)」は、物を打ちたたく道具のこと。 
「相槌」は、鍛冶で、例えば刀を打つときなどに、師匠と弟子が向き合って交互に槌を打ち合うことを指していました。弟子は、師匠が打ちやすいように、相手の調子に合わせてうまく槌を打たなければならない。ここから派生して、相手が話しやすいように返事をしたり、うなずいたりすることを指すようになりました。 槌(つち)は打つものなので、相槌を「打つ」です。

「雪辱」の使い方

続いては、こちら。間違いはあるでしょうか。
 

正解は、次の通りです。

雪辱は、「晴らす」ものではなく、「果たす」ものです。『雪辱を果たす』と言います。

雪辱を「晴らす」は間違い?

「雪辱」の「雪」は、このように(「雪ぐ」)書いて、「すすぐ」と読みます。 洗い落とす、清めるという意味です。 つまり、「雪辱」という言葉だけで、 辱め(はずかしめ)をすすぐ、恥を消し去すことを意味します。 

例文であった「雪辱を晴らす」としてしまうと、 「晴らす」にも「心を暗くしているものを取り除く」「解消する」という意味があるので、 重複表現となってしまいます。
 ちなみに、晴らすのは、「屈辱」。「屈辱を晴らす」です。 まぎらわしいですが、気を付けましょう。

このコーナーではこれからもことばに関する疑問や質問をお待ちしています。
NHKのHPやFAX(096-311-5376)などでお寄せください。

  • 佐藤茉那

    熊本放送局アナウンサー

    佐藤茉那

    出身地: 神奈川県
    趣味はショッピング、漫画を読むこと

ページトップに戻る