ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK熊本放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK熊本放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

アナウンサー・キャスター

時川 莉野 (ときがわ りの)

出身地
熊本県
担当番組
「クマロク!」
趣味
音楽鑑賞&カラオケ(アイドルから邦ロックまで幅広く好きです)
グルメ巡り(ご当地・季節を感じる食材を探してしまいます!)

ひとこと

2022-8-8
こんにちは、時川です。
今年も熊本の夏が本気を出してきています。とにかく蒸し暑いですね。

さて、梅の季節は少し過ぎてしまいましたが・・・
先月は自宅で梅ジャムを作りました!
とっても美味しいのに、材料はシンプルです。

今回は、普段私が作っている母から教わった作り方をご紹介します!
まずは、梅を流水できれいに洗います。
時川キャスター
次は、このように黒いヘタをようじで取っていきます。
この作業、ヘタがきれいにとれる気持ちよさがあって
個人的には楽しいんですよ。

下準備を終えたあとは、お鍋に梅がつかるくらいまで水を入れ
沸騰しない程度に加熱していきます。
小さい泡が出るくらいが目安です。

ある程度温まったら、ザルに返します。
今回使用したのは青梅だったので、この工程を3回繰り返しました。

何度も加熱を繰り返すと、
このように実が少しずつ黄色くなっていきます。
時川キャスター
眺めているだけで美味しそうですよね。

粗熱をとったあとは、手で実をほぐし種を取り出していきます。

このあたりから、ジャムの姿に変わっていきますよ~!
鍋の中には梅の果肉、果肉の重量の6割ほどの砂糖を入れます。
砂糖の比率はお好みですね。
私の場合は、甘さ控えめにして作っています。

もう一度加熱!火にかけて、焦がさないようにぐつぐつ煮詰めていきます。
すると湯気とともに梅の甘酸っぱい香りが広がって、
いますぐにでも食べたい気分です。

ここで大切なポイントが・・・アクをしっかりと取ることです。
時川キャスター
この作業をしっかり行うことで、
えぐみのない美味しい梅ジャムができるんですよ!!
時川キャスター
しばらく加熱して、軽く粘りが出てきたら・・・。
ついに完成です~~!✨
最後に、10分間煮沸消毒をしたびんに詰めていきます。

梅に含まれるクエン酸が、夏の暑さで疲れた体を癒してくれます。
このブログを書いているだけでも酸っぱく感じてしまいます・・・食べたくなる!

私は普段から、健康のためにヨーグルトと混ぜて食べています。


いかがでしたか?
皆さんも、スタミナの付く食べ物で猛暑を乗り切りましょう!

読み上げブラウザ用メニューに戻ります
▲ ページの先頭へ