ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK熊本放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK熊本放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

Now Loading...

アナウンサー・キャスター

稲塚 貴一 (いなつか きいち)

出身地
熊本市
入局
平成12年
担当番組
「クマロク!」
趣味
飛行機、アマチュア無線、キャンプほか多数

ひとこと

2022-6-15
「急に出番が!」

みなさま、アナウンサーの稲塚貴一です。

長いことタンスの奥にしまっていた服があります。
その服の出番が続いてるという話を聞いてくれますか。
・・・
「いいよ」という声が聞こえたので書いちゃいますね。

ご存じない方もいるかもしれませんが、わたくし、ちょっと体型がワイドなのです・・・
あぁ周知の事実、それもそうですね。

ということで、昔かつての仲間がプレゼントしてくれた服があるんです。
いわゆるオーバーオール、日本語でいう「つなぎ」ですね。

言わずと知れた敬愛する大柄人気タレントのI塚さんのトレードマークですね。
何かおいしいものを召し上がり、恍惚の表情で「まいうー」とおっしゃるシーン。
あれが浮かんだのでしょうね、それで稲塚にプレゼントしてくれたというわけ。
何年も前のこと、転勤前の送別会でした。

しかし、それ以来ずっと着る機会がなかったのです。
サイズを示す商品タグすら付いたまま、数回の引っ越し荷物の中に潜んでおりました。

「うまいッ!」という総合テレビの番組で久々の全国放送に出ることに。
天草のクルマエビを紹介するミッション。(2022年1月10日放送)
関連ページはこちら

ん、ロケの衣装は自前か、ふむふむ。
その時、上司である池田達郎アナが実に軽~い調子でこう言いました。


「イナツカ、食べ物のロケだろ?
 オーバーオールとか似合うんじゃない?」(本人による再現)

(・・・・・・お、オーバーオールならあります)

わが上司までも、オーバーオールをくれたかつての仲間と同じ発想であったか。
しかし、まぁ他にいい感じの衣装もなさそうなのでそうするかと納得。
おうちに帰り、衣装ケースの奥底に眠るオーバーオールを無事に発掘しました。

〔あったぞー!!(本人による再現)〕


プレゼントされて幾年月、ついに、ひょんなことから着る機会が到来したわけです。
しかも番組のロケ!
念には念を入れ、熊本市内の某量販店にて「蝶ネクタイ」まで購入(自腹です)。

ロケは楽しく進みました。
しかし、結局、ロケの衣装には特にふれられることもなく、番組上は全スルー。
あくまで主役はクルマエビと情熱を傾ける生産者さんなのだから、これでいいんです。
でも、どこか消化不良のような気持ちが残ったのも事実。

〔似合っていてもスベる・・・〕

すると、次のチャンスが巡ってきました。

熊本放送局では、日曜夕方の『クマロク645』で新シリーズを始めました。
「熊本実験TV」というものです。
若手の制作者が自由な発想で番組をお届けするという趣旨。
いくつかあるラインナップのなかで、外国料理を味わうシリーズができたのです。
その名も、「今日も完食!! 世界グルメ旅in熊本」。
担当のKディレクターに例の衣装を見せたところ「いいですね!」とお気に召した様子。

〔それいいですね!と喜ぶKディレクター(アラビア語が堪能な国際派)〕

食いしん坊キャラのイメージにもピッタリの衣装。
というわけで、これでいくことに。

〔コーナーのタイトルデザイン。僕は45歳になりました〕

熊本県に暮らす外国人は多く、(初めて知ったのですが)増加率は全国トップクラスとか。
そこで、外国出身の方に出会い、ふるさとの話を伺いながら料理を味わうという企画。
世界からやってきたみなさんの横顔を、料理を通して知ることで、国際理解を目指します。
そのリポーターに、15か国語で挨拶できる「国際派」のワタクシ稲塚が指名されたのです。
(その程度で国際派気取りかよという突っ込みはナシでお願い、キイチ泣いちゃう)


〔第一弾放送前のPR写真、期待と不安を表現しています〕

第1回の主人公は、フィリピン出身で人吉市にお住まいのルーシーさん。
優しかったお母さんが作ってくれた思い出の味「シニガン」を紹介。(2022年6月5日放送)
関連ページはこちら

貧しいなかで、子どもたちにおなかいっぱい食べさせたいという母の愛。
24年前に亡くなったお母さんとの思い出が、シニガンを作るたびによみがえるそうです。
いやぁ、じんわり心があたたかくなるお話、この服装でですが聞き入っておりました。

〔撮影後、ルーシーさんと息子さんもご一緒に〕
※撮影時のみマスクをはずしています

シニガンはさしずめ酸味のきいたお鍋というところでしょうか。
もちろん初めてでしたが、豚スペアリブ軟骨や野菜など具だくさんで食べ応え抜群!

さっぱりした酸味と豊かなコクが疲れを吹き飛ばしてくれそうで、大好きになりました。
手軽に作れる「シニガンスープの素」は輸入食材などを扱うお店で手に入ります。
私もおうちで作ってみようと思います。

「今日も完食!! 世界グルメ旅in熊本」、次回もどうぞご期待ください。


〔次の出番を待つ、とっておきの衣装〕

というわけで、長い眠りから覚めたわがオーバーオール、ついにレギュラーとなりました。
この姿で出歩くことも増えると思いますが、堂々と胸を張っていこうと思います。

読み上げブラウザ用メニューに戻ります
▲ ページの先頭へ