NHK情報公開ホームページ 情報公開の実施状況
NHKトップ もくじへ

答申第335号

平成25年12月2日
NHK情報公開・個人情報保護審議委員会の諮問第349号に対する意見

1. 再検討の求めに至る経緯
 

 視聴者より、「① 22年度〜24年度において、全職員を対象にした倫理及びコンプライアンスの研修実績(1人当たり時間数)を集計した内部文書 ② ①の研修実施のために委託した各年度の委託費用の総額の記載のある内部文書 ③ ①の研修テーマを記載した内部文書」の開示の求めがあった。
 NHKは、②と③は開示したが、①は文書が存在しないため開示することができないとした。
 これに対して、視聴者から再検討の求めがあった。


2. NHKの見解の要旨
 

 再検討の求めの文書は存在せず開示することができない。
 なお、NHKでは全職員を対象とした倫理やコンプライアンスについての研修を各自が自席のパソコンで学習するeラーニングという方式で行っており、1人あたりの研修時間数は算出していない。


3. 審議委員会の判断
 

 再検討の求めの文書は存在しないと認められ、不開示としたNHKの取り扱いは妥当である。


4. 審議の経過
 
平成25年 12月 2日 (第183回審議委員会) 第349号諮問、審議、答申

 <<「情報公開の実施状況」に戻る ▲ top