NHK情報公開ホームページ 情報公開の実施状況
NHKトップ もくじへ

答申第252号

平成25年5月15日
NHK情報公開・個人情報保護審議委員会の諮問第266号に対する意見

1. 再検討の求めに至る経緯
 

 視聴者より、「22年度〜24年度において、情報公開部(本部)主催の研修ごとの①研修内容及び②参加者数を集計した内部文書」について開示の求めがあった。
 NHKは、①について新聞記事を複写した部分にマスキングをして開示し、②について22年度分を除き開示した。
 これに対して視聴者から、①のうちの新聞記事を複写した部分について再検討の求めがあった。


2. NHKの見解の要旨
 

 再検討の求めの文書(新聞記事)は、当該新聞社が著作権を有しているので開示することができない。
 なお、研修内容(内部講習会の資料)に新聞記事を複写したのは、NHKが公益社団法人日本複製権センターと締結した著作物の複写利用に関する許諾契約に基づくものである。


3. 審議委員会の判断
 

 再検討の求めの文書(新聞記事)は、開示することで当該新聞社の著作権を侵害すると認められ、一部開示としたNHKの取り扱いは妥当である。


4. 審議の経過
 
平成25年 5月15日 (第171回審議委員会) 第266号諮問、審議、答申

 <<「情報公開の実施状況」に戻る ▲ top