NHK情報公開ホームページ 情報公開の実施状況
NHKトップ もくじへ

答申第146号

平成24年10月29日
NHK情報公開・個人情報保護審議委員会の諮問第159号に対する意見

1. 再検討の求めに至る経緯
 

 視聴者より、平成21〜24年度の受信料の振込・クレジット払い等、支払方法別の入金内訳と、21〜23年度のクレジット会社に対する手数料支払実績及び24年度の手数料支払予算金額の開示の求めがあった。
 NHKは、支払方法別の入金内訳は開示したが、21〜23年度の手数料支払実績と24年度の予算金額については、NHK情報公開規程(以下、規程)第8条1項4号および6号に該当するので、文書を開示できないとした。
 これに対して視聴者より、「各クレジット会社の手数料率ではなく、クレジット会社に対する手数料の支払い総額を求めたものです。」などとして再検討の求めがあった。


2. NHKの見解の要旨
 

 クレジット会社に支払う手数料総額を開示することにより、クレジット支払いの取り扱い件数から容易に平均の手数料率が算出できる。手数料率は、会社各社で異なっており、各社にとって平均値と比較可能となることでNHKの事業活動に支障を及ぼすおそれがある。
 したがって、規程第8条1項1号(NHKの事業活動に支障を及ぼすおそれがあるもの)に該当するため、開示することができない。


3. 審議委員会の判断
 

 NHKの事業活動に支障を及ぼすおそれがあると認められ、規程第8条1項1号に該当するため文書を開示することはできないとしたNHKの判断は妥当である。


4. 審議の経過
 
平成24年 10月16日 (第157回審議委員会)  第159号諮問、審議
10月29日 (第158回審議委員会)  審議、答申

 <<「情報公開の実施状況」に戻る ▲ top