Loading...
NHKG ラジオ第1 BS4K BS8K 2019年12月31日(火)午後7時15分-午後11時45分(※中断ニュースあり)

司会者

総合司会

うちむら てるよし

内村光良

1964年7月22日生まれ。熊本県出身。
1985年、南原清隆とともにお笑いコンビ・ウッチャンナンチャンを結成、日本を代表するお笑い芸人として活躍中。
個人でも、番組司会や俳優、映画監督、音楽企画ユニットでCDデビューを果たすなど多才ぶりを発揮している。
NHKでは2012年からコント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」で座長を務めており、「三津谷寛治」や「宇宙人総理」といったキャラクターほか、時代を捉えたさまざまなコントが、世代を超え人気を博している。
12月には、スペシャルドラマ「LIFE!presents 忍べ!右左エ門~THE SKY ATTACK~」も放送予定。
また今年は、連続テレビ小説「なつぞら」で“語り”を担当し、心のこもった語り口も大きな話題となった。
なお第49回紅白歌合戦では、音楽企画ユニット「ポケットビスケッツ」のメンバーとして出場。紅白での総合司会は一昨年、昨年に続き3回目となる。

総合司会・内村光良さんのコメント

令和元年。そして70回という記念の年。
さらに「夢を歌おう」というテーマの最後の年。
個人的にも一つの区切りとして、紅白という満ち足りた空間を噛みしめながら終えられたらと思っています。
綾瀬さん、櫻井さんと共に紅白すべての歌手の皆さんを全力で盛り上げていきたいと思います。
そして、私を三度推薦して下さったNHKアメージング・ディレクターの三津谷寛治氏に感謝します。

和久田 麻由子わくだ まゆこ アナウンサー

神奈川県出身。
2011年、NHK入局。岡山局、東京・アナウンス室に勤務。
現在、「おはよう日本」のキャスター、「ダーウィンが来た!」のナレーターを務める。
モットーは、「向き不向きより、前向き!」
趣味は、ミュージカルの観劇・手芸・音楽鑑賞。
明るく親しみやすいアナウンスメントでNHKの朝の顔として活躍している。
紅白の総合司会を務めるのは初めて。

紅組司会

あやせ はるか

綾瀬はるか

1985年3月24日生まれ。広島県出身。
テレビドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」で一躍注目を集める。
その後、「白夜行」「JIN-仁-」「ホタルノヒカリ」、近年は「奥様は、取り扱い注意」「義母と娘のブルース」ほか、そして映画では「ハッピーフライト」「海街diary」「本能寺ホテル」など数々の話題作に出演。
NHKでは、大河ドラマ「八重の桜」や、昨年まで3年にわたって放送された放送90年大河ファンタジー「精霊の守り人」で主演を務め、今年の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」でも主人公の妻・スヤ役を好演している。
また、NHKで放送されたミニ番組「綾瀬はるかの“ふくしまに恋して♡”」(2014年~)では福島のみなさんとふれあい、福島の美しい自然や文化を伝えてきた。そして今も、毎年会津若松市で催される会津まつりに参加するなど、「八重の桜」以来、福島との縁も続いている。
NHK紅白歌合戦で紅組司会を務めるのは、2013年(第64回)、2015年(第66回)に続き、4年ぶり3回目となる。

紅組司会・綾瀬はるかさんのコメント

みなさんにとって良い年越しとなりますように、そして良い年を迎えられますように、出場アーティストのみなさんと楽しく、あたたかく、元気がわいてくるような紅白歌合戦にしたいと思っています。
三度目の紅組司会を務めさせて頂きますが、一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします。

白組司会

さくらい しょう

櫻井 翔

1982年1月25日生まれ。東京都出身。
1999年、嵐のメンバーとして「A・RA・SHI」でCDデビュー。
以降、世代を超えて愛される国民的人気グループの一員として活躍。
デビュー20周年の今年は、シングル「BRAVE」、そしてアルバム「5×20 All the BEST!! 1999-2019」を発表し大ヒットを記録。
個人では、バラエティ・音楽など多くの番組の司会を務めるほか、10年以上にわたって、報道番組のキャスターとしても活躍。
今のテレビ界を代表するMCとして、巧みな話術が高い評価を得ている。
またNHK「2020スタジアム」では、嵐のメンバーとともに司会を務め、目前に控えた東京オリンピック・パラリンピックの魅力をさまざまな側面から伝えている。(次回放送は1月)
NHK紅白歌合戦には2009年から11回連続出場。
2010年からは、嵐として連続5回白組司会を務めた。
個人として白組司会を務めるのは、昨年に続き2回目となる。

白組司会・櫻井 翔さんのコメント

平成最後の、そして、令和最初の紅白歌合戦の白組司会。
時代の大きな節目に、二年連続で大役を仰せつかり、
身の引き締まる思いです。
昨年、内村さんの背中を見ながら過ごした紅白は、眩しいほど華やかで、ふと笑顔になってしまうものでした。
周りをパッと明るくする司会をされる綾瀬さんとの三人で、
新たな時代の、そして2020年へのファンファーレとなるような番組をお届け出来たらと思います。
心の限り、務めあげたいと思います。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

新着情報