【2009年8月2日放送】願い待つ 白き貴公子

甲斐駒ケ岳

写真写真
アクセス

甲斐駒ケ岳への行き方

(1)黒戸尾根から(今回番組で紹介したルート)
JR韮崎駅、小淵沢駅などからタクシーで登山口の横手(よこて)駒ケ岳神社、もしくは竹宇(ちくう)駒ケ岳神社へ。
竹宇駒ケ岳神社の前にある市営の無料駐車場に停めることができます。横手、竹宇どちらからでも7合目の小屋までおよそ7時間。頂上までおよそ10時間かかります。小屋まで水場はありません。
※装備を整え、スケジュールに十分余裕を持ってお出かけください。7合目にある山小屋、「七丈小屋」はほぼ通年営業しています。食事付の宿泊は、7月中旬から10月上旬まで。事前予約はできません。

(2)北沢峠から
JR甲府駅からバス、乗合タクシーなどで広河原へ行き、乗り換えて登山口の北沢峠へ。もしくは長野県伊那市の戸台口からバスで北沢峠に行くこともできます。
車の場合、南アルプススーパー林道はマイカー規制がされています(夜叉神〜広河原間が11月9日まで、広河原〜北沢峠〜戸台口間は通年でマイカー通行禁止です)。北沢峠からは、仙水峠もしくは双児山経由で甲斐駒ケ岳頂上までおよそ4時間です。

山梨・長野県境にそびえる2967メートルの名峰、甲斐駒ケ岳。頂上に至る「黒戸尾根」は信仰の道で、10時間かかる「日本三大急登」の一つである。高齢となり登れなくなった人たちに代わり山頂に願いを込めたわらじを奉納する神社の神職や、自ら作った道を修理し続ける山小屋の元管理人。
この道を駆け上がり、山岳レースの世界大会に挑む若者もいる信仰と修行の道として人々の願いを受け止め続ける急しゅんな黒戸尾根の姿を描く。



※掲載情報は、放送当時のものです。情報が変わっている場合がありますが、ご了承ください。

忘れられないわたしの旅「小さな旅」バックナンバー
携帯サイト