BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

特集

2018年11月20日(火)

「ハプスブルク家の騎士団」

 
放送した内容をご覧いただけます

酒井
「難民や移民の問題にゆれるヨーロッパで、今、『ナイト』たちが動き始めています。」

ウィーンの大聖堂で厳かな儀式に臨む黒いマントの男たち。
「ハプスブルク家の騎士団」を名乗る団体です。
今回特別に取材が許されました。
メンバーは政財界の有力者など、エリートばかりです。
彼らの脳裏にあるのは、かつてハプスブルク家が築いた帝国へのノスタルジー。
イスラム教徒の大帝国、オスマン帝国のヨーロッパ侵略に立ち向かった王朝の栄光を、現代によみがえらせようというのです。
背景にあるのは、押し寄せる難民や移民の問題。
イスラム教徒を制限なく受け入れれば、キリスト教を中心としたヨーロッパの文化や価値観が失われるとの危機感があります。

騎士団メンバー
「短期間に大勢が流入すれば社会が壊れかねない。」


現代によみがえる「キリスト教の騎士団」。
その実態に迫ります。


花澤
「中東・北アフリカからのイスラム教徒の流入に揺れる、ヨーロッパ。」

酒井
「去年(2017年)10月の選挙で、難民・移民の受け入れに否定的な政権となったオーストリアでは、今、イスラム教徒が増えていくことへの危機感が、かつてのハプスブルク家の栄光によりどころを求める動きにつながっています。
そのハプスブルク家について松岡さんからです。」

松岡
「ハプスブルク家は、中世から20世紀初頭まで、500年以上にわたってヨーロッパに君臨した一族です。
最盛期にはスペインやハンガリー、さらにはアジアやアメリカ大陸にまで勢力を拡大し、『太陽の沈まぬ帝国』とも呼ばれました。
歴代の当主は『キリスト教に根ざした文化と価値観』を守る皇帝としてオスマントルコのヨーロッパへの侵入を防ぐなど、イスラム勢力との攻防の最前線に立ってきました。
先ほどのVTRで、騎士団の人々が儀式を行っていたウィーンにある大聖堂。
建物の壁には、オスマン帝国軍が撃ち込んだ弾が埋まっていて、かつてのヨーロッパとイスラムの攻防を今に伝える象徴的な場所です。

しかし100年前の第一次世界大戦の終結と共に帝国は消滅。
ハプスブルク家も帝位を失いました。
ところが今、そのハプスブルク家の名のもとに団結し、キリスト教に根ざしたヨーロッパの伝統的な文化を守ろうと、発な動きを見せているのが『騎士団』の人たちなのです。」

「ハプスブルク家の騎士団」拡大の背景に移民・難民問題

リポート:小原健右支局長(ウィーン支局)

オーストリアの首都、ウィーンの街を練り歩く男たち。
自らを「ハプスブルク家の騎士団」と名乗る人々です。
この日、大聖堂で厳かに行われたのは、新たな「騎士」の入団式。
忠誠を誓う相手は、今の当主、カール・ハプスブルク=ロートリンゲン氏です。
入団できるのは、騎士団が「エリート」と認めるキリスト教徒に限られます。
メンバーには、中・東欧を中心に14か国の現職閣僚や有力な政治家、それに企業経営者などが名を連ねています。

医師
「騎士団に入れて光栄です。
私の人生そのものなんです。」


オーストリア第2の都市 グラーツ市長
「本当に光栄です。
よりよい世界のために頑張らねば。」

騎士団が目指すのは、ヨーロッパの伝統である「キリスト教を中心とした文化」を守ることです。


ハプスブルク家 当主 カール・ハプスブルク=ロートリンゲン氏
「ヨーロッパはまさに、キリスト教の価値観に基づき成り立っている。
それは我々の社会を象徴するもので我々の歴史と切り離せないものだ。」


騎士団は、貴族の子孫たちが2008年に創設したものです。
当初は、社交の場として、政財界での人脈を広げることが主な目的でした。
転機となったのは、3年前(2015年)の難民・移民問題です。
それまでは140人だったメンバーが、3年で5倍の700人に膨れ上がりました。
言葉も文化も違う大勢のイスラム教徒を目の当たりにしたキリスト教徒のエリートたちが、こぞって入団を希望するようになったのです。

今年(2018年)入団した、オーストリア軍の現役の大佐、クリスチャン・オルトナーさんです。
イスラム教徒の移民を受け入れ続ければ、ヨーロッパは崩壊しかねないと考えています。

オーストリア軍 クリスチャン・オルトナー大佐
「信じられないほど大勢のイスラム教徒が入ってきている。
短期間に大勢が流入すれば社会が壊れかねない。」


オルトナーさんが案内してくれたのは、ハプスブルク家の歴史を伝える博物館です。
この母子像は、ハプスブルク家の帝国の本質を象徴するものだと言います。

オーストリア軍 クリスチャン・オルトナー大佐
「オーストリアが母で、母が守っている子どもは領内の国々を表しています。」
つまり寛容と自由の象徴です。
それぞれの国をそのまま受け入れたのです。」


言葉や文化が違う国々も帝国の一員として受け入れてきたハプスブルク家。
しかし、現在の移民や難民の流入は、その寛容さを失わせるほどの勢いで迫ってきていると、オルトナーさんたちは考えているのです。

オーストリア軍 クリスチャン・オルトナー大佐
「キリスト教徒は困っている人を助けたいとは考えている。
しかし、あまりにも人数が多すぎて対応ができなくなっているんです。」

騎士団への入団者が増えたもう1つの理由が、EUの現状に対する不満です。
騎士団のメンバーは、ドイツとフランスがEUを主導し、他の加盟国は軽視されていると感じています。
騎士団の創設者、ノルベルト・ハンデル氏です。
ハプスブルク家というシンボルをいただき、ドイツやフランスに対抗できる新たな勢力を作りたいと言います。

騎士団の創設者 ノルベルト・ハンデル氏
「オーストリアやスロベニアが単独で主張しても何も変わらない。
中小国ばかりだからこそ、共闘して初めて自分たちの主張を取り合ってもらえる。」


今年9月、騎士団のメンバーがイタリアで、第1次世界大戦の追悼式典を開催しました。
オーストリアとイタリアの閣僚を引き合わせ、ドイツやフランスに協力して対抗していく方針を確認しました。

イタリア フォンターナ家族相
「EUに望むのは、各国の文化や伝統を尊重することだ。
そうなればEUも真に団結できる。」


オーストリア クナセク防衛相
「同じ問題を抱えるオーストリアとイタリアは行動を起こす必要がある。」


式典には、騎士団の当主、カール・ハプスブルク=ロートリンゲン氏の姿も。
ヨーロッパの文化を守るためにも移民の流入を制限すべきだと訴えました。

ハプスブルク家 当主 カール・ハプスブルク=ロートリンゲン氏
「ヨーロッパはオープンであるべきだがあらゆる人を受け入れる義務はない。
我々ヨーロッパの文化を守るため、どこかで線引きをしなければならない。」


酒井
「ウィーンには、取材に当たった小原支局長がいます。
この騎士団の活動はどれほどの広がりがあるといえるのでしょうか?」

小原健右支局長(ウィーン支局)
「市民が広く知っているわけでもなく、表舞台にも出てきませんが、階級社会の名残りが今もなお色濃く、政治や経済が人脈で動いているといわれるヨーロッパの1つの象徴的な例だと思います。
オーストリアは先日、国連が採択を目指す、移民の受け入れを支援するための国際的な合意に向けた交渉から離脱することを表明しました。
オーストリアが自国第一主義を掲げるトランプ大統領に追随して、交渉から離脱したことに各国から驚きと批判の声が上がりましたが、実はこの決定には騎士団のメンバーが関わっていたと言われています。
そのオーストリアに続き、チェコとブルガリアも離脱を表明したほか、ポーランドも合意文書に署名しない方針を明らかにしています。
騎士団と同じような思想を共有する人々のつながりが、こうした動きに影響を及ぼしているのではないかと思えてなりません。」

花澤
「ヨーロッパでは反難民・移民のうねりが大きくなり続けています。
この動きも今後、広がっていくんでしょうか。」

小原支局長
「騎士団の思想に共鳴する人が増えているということは、全ての宗教が平等だとする、今のヨーロッパの価値観そのものが揺らいでいることを物語っています。
キリスト教に基づく文化を優先して守るべきだという主張は、宗教に順列を付けることにもつながり、EUの考え方とは相いれないものだからです。
ヨーロッパでは、自国第一主義を掲げる政治家も増えていますが、人々が、新たなよりどころを求めた結果が、自国第一主義の広がりや、今回取材した、キリスト教の優位性を主張する動きにつながっているのではないかと感じます。
3年前、中東などから100万人以上の難民や移民が流入したことが、ヨーロッパにとってその思想の根幹を揺さぶるほどの大きな衝撃だったことを改めて痛感させられます。
以上、ウィーンからお伝えしました。」

花澤
「去年、オーストリアの選挙を現地で取材しましたが、その時にウィーンの人たちは『こここそがハプスブルク家があったんだ、ヨーロッパの中心はここです』と誇り高いと感じました。
そしてEUに対する反発も強いものがありました。
ヨーロッパの反難民・移民のうねりがどこまで広がっていくのか、オーストリアの新たな動きも注視していく必要がありそうです。」

ページの先頭へ