BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

特集

2018年6月13日(水)

米朝首脳会談 広がる波紋

 
放送した内容をご覧いただけます

花澤
「昨日、アメリカのトランプ大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長が署名した共同声明。
その評価をめぐり、世界に広がる波紋についてお伝えします。」



酒井
「史上初の米朝首脳会談。
共同声明では、朝鮮半島の完全な非核化への決意を確認したとする一方、焦点となっていた、非核化に向けた具体的な行動や検証方法、期限は盛り込まれませんでした。
北朝鮮とアメリカの反応をまとめました。」

米朝首脳会談 広がる波紋 北朝鮮は

朝鮮中央テレビ
「最も敵対的だった米朝関係を、時代の要求に合わせて画期的に変える重大な意義を持つ出来事となった。」

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、「労働新聞」も、米朝首脳会談について、今朝(13日)初めて報道しました。
見出しには、「米朝関係の新しい歴史を開拓する世紀の出会い」。

1面には、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長が、アメリカのトランプ大統領と握手する場面や、1対1の会談で笑みを浮かべる両首脳の様子が写真で紹介され、会談が和やかなムードで行われたと印象付けています。
この中で両首脳は、「朝鮮半島の平和と安定、非核化を成し遂げていく過程で、段階別の同時行動原則を順守することが重要だ」という認識を共にしたとして、北朝鮮側が求めていた、「朝鮮半島の段階的な非核化などにトランプ大統領が理解を示した」と強調しました。
また、キム委員長が「相手を刺激し敵対する軍事行動を中止する勇気ある決断を下すべきだ」と述べたのに対し、トランプ大統領はこれに理解を示して、米朝の対話が続く間、北が挑発と捉える韓国との軍事演習を中止し、対話と協議を通じて関係改善が進めば、制裁を解除する意向を示したとしています。

米朝首脳会談 広がる波紋 アメリカは

一方、トランプ大統領。
首脳会談の直後、アメリカABCのインタビューに応じました。

アメリカABC キャスター
「キム委員長は家族も暗殺する独裁者。
そんな人間を信頼できるんですか?」

トランプ大統領
「私は現実に対応するしかない。
共同声明には『完全な非核化』と書いてある。」

アメリカABC キャスター
「だから信頼する?」

トランプ大統領
「信頼する。
しかし1年後、間違いだったと言うかもしれない。」

トランプ大統領がツイッターでも「北朝鮮の非核化に、すばらしい進展があった」と投稿した今回の首脳会談。
しかし、アメリカ国内の受け止めは、さまざまです。

アメリカ 市民
「2人の首脳が非核化で合意したことは、韓国など他の国にとっても喜ばしい。
平和を実現するためには、多少の妥協は仕方ない。」

アメリカ 市民
「この先の道のりは長い。
北朝鮮は約束を破ってきた歴史がある。」

与党共和党と、野党民主党の反応です。

共和党 グラム上院議員
「北朝鮮は核プログラムを止め、その見返りにわれわれは保証を与え、北朝鮮に経済的な繁栄をもたらすものです。
北朝鮮が約束を守らなければ、戦争になる。」



民主党 シューマー上院院内総務
「大統領がキム・ジョンウンが欲しがっていたものを与えてしまったようだ。
軍事演習を延期する見返りはなかった。
これはアメリカにとって危機だ。」

アメリカ国務省の補佐官として、朝鮮半島政策の助言をしていた専門家です。
トランプ大統領が「政治的な遺産」としてアピールするために、非核化よりも、会談の実現を優先させたという見方を示しました。

ジョージタウン大学 バルビナ・ファン客員教授
「非常にあいまいで、新しい内容は何も無かった。
会談の目標は当初『CVID=完全で検証可能かつ不可逆的な非核化』だったが、徐々にキム朝鮮労働党委員長との関係構築にシフトしていった。
大統領はレガシー(政治的な遺産)を作りたかった。」

こうした中、トランプ大統領は、日本時間の今日(13日)午後6時半ごろアメリカに帰国しました。
この直後、ツイッターに…。

トランプ大統領のツイッター
「みんな今いっそう安心できる。
北朝鮮による核の脅威はもうない。」

と投稿。
会談の成果を疑問視する声が出る中でも、進展をアピールしています。

米朝首脳会談 広がる波紋

花澤
「ここからは、北朝鮮側を取材する長砂記者と、ワシントンでアメリカ側の取材をしている広内記者に聞きます。
まず、長砂さん、首脳会談から一夜明けて、北朝鮮はやはり、会談の結果を高く評価しているようですね。」

長砂貴英記者
「『体制の保証』に向けて、アメリカとの関係改善の第1歩を踏み出せたという点では、会談が『成功裏に行われた』という北朝鮮の発表は、本音のはずです。
できれば朝鮮戦争の終結宣言までもっていき、軍事的脅威の解消に道筋をつけたかったはずですが、非核化についての具体的な議論を先送りしながらもアメリカを和解の方向に舵を切らせたという点で、目的は果たされたと評価しているとみられます。
また、今朝の発表では、キム委員長が会談で『非核化の実現には、両国が互いを敵視しないと約束し、これを保証する法的・制度的措置を取らなければならない』としています。
これは今後、アメリカの政権が代わっても、軍事的な圧力を受けないように、安全保障上の協定や条約を結ぶよう、念押ししているとみられ、『体制の保証』に向けて、指導部が描く最終的な目標が見えてきます。」

酒井
「北朝鮮の人々は、今回の会談をどう受け止めているのでしょうか。」

長砂記者
「昨日の会談中のことですが、キム委員長の滞在するホテルでは中継映像が流されていた場所に、待機していた北朝鮮の警備の要員たちが集まってきて、その画面を食い入るように見ていました。
会談の行方が気になって仕方がない様子でした。
また、今日、ピョンヤンでは市民が首脳会談を伝える掲示板の新聞に見入っている様子が、現地からの報道で伝えられています。
ついこの前まで『不倶戴天の敵』と敵視していたアメリカとの関係が今後、どうなっていくのかはいまや北朝鮮の国民にとって一大関心事のはずです。
北朝鮮の貿易関係者も『これから2回、3回と協議が続き、双方が同時に行動をとる形で物事が進んでいくだろう』と話していまして、今後、制裁緩和などの措置が進むことに期待をにじませていました。
北朝鮮は今後、非核化に向けた具体的な措置を、アメリカとじっくり時間をかけて協議する中で、さまざまな見返りを求めながら駆け引きが続く構図に変わりはなさそうです。」

花澤
「続いてワシントン支局の広内記者に聞きます。
トランプ大統領は今回の会談の成果を強調しているものの、アメリカ国内では評価は分かれているようですね。」

広内仁記者(ワシントン支局)
「こちら、アメリカの有力紙ワシントン・ポストは1面で『具体性に欠け、楽観論に影を落としている』という見出しで報じています。

また、ニューヨーク・タイムズも社説で『パフォーマンスとしては、最高得点だ』と皮肉を込めて伝えています。
もちろんトランプ大統領が好んで見る保守系のFOXテレビは『北朝鮮から歴史的な譲歩を引き出した』と評価していますが、そのほかのメディアでは批判的な論調が目立ちます。
重要な一歩に違いはありませんが、与党・共和党内にも評価を避ける議員がいるほか、野党・民主党からは『キム委員長の大勝利だ』という声まで出ています。
特にトランプ大統領が、米韓合同軍事演習を中止する可能性に言及したことは『譲歩しすぎで危険だ』とみられています。
これに対し、トランプ大統領は帰国の途中、『戦争せず会談すべきだと主張した専門家たちが今度は会談すべきでなかったと叫んでいる』とツイッターに投稿し、不満を露わにしました。
ただ、今後の交渉で非核化に向けた具体策を示せなければ、さらに批判が強まることも予想されます。」

酒井
「トランプ大統領は今後、どんな対応をすると予想されますか?」

広内記者
「トランプ大統領自身は今のところ、世界が注目する大舞台に立ち、手応えを感じているようです。
もともと、エンターテイナーであるトランプ大統領にとっては、歴史的な会談を行うだけで十分だったのかもしれません。
支持者は高く評価していますし、日頃批判的な人の中にも、一時軍事攻撃の可能性にまで言及したトランプ大統領が対話に転じ、安堵(あんど)している人は少なくないようです。
しかし、これで一気に支持率が上がるとは思えません。
また、現時点では、トランプ大統領に対する国際的な評価が好転することも期待できず、過去の政権同様、今後、目立った進展がなければ看板倒れでノーベル平和賞も夢に終わりかねません。
この先、中間選挙を前にしたトランプ大統領が局面を打開しようと北朝鮮に強硬な姿勢に転じる可能性すらあります。
北朝鮮をめぐる情勢が、今後もトランプ大統領にかかっていることは間違いなさそうです。」

酒井
「昨日の首脳会談、アメリカでの評価は割れているようですが、批判の方が強いということなんですね。」

花澤
「そうですね。
昨日の共同声明には、北朝鮮側の譲歩と呼べるものは何一つありませんでした。
北朝鮮が本当に完全な非核化に取り組む意思があるなら何かしらの文言が盛り込まれたはずだ、ということで元政府当局者や専門家から厳しい批判や懸念の声が上がっているというのが現状です。
しかし、トランプ大統領の言うように、今後北朝鮮が非核化に取り組む可能性が残されているので、このために賛否が分かれているということです。
本当に非核化の意思があるかどうかの確認と会談の最終的な評価は、今後に持ち越された形となっています。」

酒井
「そして、米韓軍事演習を中止する考えを示したことも波紋を広げています。」

花澤
「軍事演習自体が北朝鮮への大きな圧力になっていたので、これを止めることは圧力が下がることになります。
アメリカでは譲歩しすぎだという声に加えて、有事に備えるための演習が中止されることになればアメリカ軍の即応能力に影響が出るという懸念も指摘されています。
また、韓国ですが、ムン政権はこれに理解を示してはいるのですが、トランプ大統領がこの軍事演習を『挑発的』と表現したことから、保守派の間では『まるで悪いことのように表現した』『衝撃的だ』あるいは『米韓同盟は弱まる方向に向かっている』という声も上がっている状況です。」

酒井
「トランプ大統領は、在韓米軍の将来的な撤退の可能性まで言及しましたよね。」

花澤
「日本の安全保障上の大きな懸念となることですよね。
日本としては、北朝鮮が本当に非核化に向けた行動をとるのかと共に、在韓米軍の問題についても警戒しながらトランプ政権に働きかけを強めていく必要がありそうです。」

ページの先頭へ