前のページへ戻る

おすすめの本
「ヘンゼルとグレーテル」
こんな本も読んでみましょう
「ヘンゼルとグレーテル」
グリム童話
選者:川崎市立西有馬小学校 教諭 福山 里加
  • 「ブレーメンのおんがくたい」
    グリム童話
    どんなおはなし?
    ろば、犬、ねこ、おんどりが、どろぼうをおいはらったほうほうとは?
    としをとったろば、犬、ねこ、おんどりがおんがくたいに入ろうとブレーメンをめざしてあるいていると、どろぼうのいえを見つけました。のぞくと、おいしそうなたべものがたくさんあります。どうぶつたちはそうだんして、どろぼうをおいはらおうとします。さて、どうやったのでしょう。
  • 「こびとのくつや」
    グリム童話
    どんなおはなし?
    やさしいこびとのおはなし
    まずしいくつやさん。とうとう、くつ一足ぶんのかわだけになってしまいます。ところが、つぎの日のあさ、すてきなくつができあがっていて、すぐにうれました。おなじことがつづいたあるよる、くつやさんがしごとばのすみにかくれてのぞいてみると、かわいいこびとが二人あらわれて・・・。
  • 「いなかのねずみとまちのねずみ」
    イソップ童話
    どんなおはなし?
    いなかのねずみとまちのねずみ、どちらがしあわせかな?
    まちのねずみが、いなかのねずみから「あそびにおいで」とさそわれました。いってみると、たべるものが草とこむぎばかり。そこで、いろんなごちそうがあるまちへ、いなかのねずみをさそいます。いなかのねずみは、まちのねずみがうらやましくおもえましたが、ふとあることにきづきます。
  • 「三びきのくま」
    イングランド民話
    どんなおはなし?
    三びきのくまと女の子のふしぎなおはなし
    むかし、森の中に大きさのちがう3びきのくまがすんでいました。ある日、くまがるすのあいだ、小さな女の子がやってきて、かってにごはんをたべたり、ベッドにもぐったりしてねてしまいました。そこへ、3びきのくまがかえってきて・・・。