前のページへ戻る

今回のおはなし
「ぶんぶくちゃがま」

どんなおはなし

“ちゃがまに あしがはえて あるいております!”/「ぶんぶくちゃがま」/日本の昔話

 むかしむかし、あるお寺(てら)に古道具(ふるどうぐ)あつめが大すきな おしょうさまがいました。あるときおしょうさまは、りっぱな茶釜(ちゃがま)を手にいれました。その茶釜(ちゃがま)で湯(ゆ)をわかそうと火にかけると・・・。茶釜(ちゃがま)は急(きゅう)にしっぽや足(あし)をはやして、「アチチー」と、いろりからとびだしました。きみが悪(わる)くなったおしょうさまは、その茶釜(ちゃがま)を古道具屋(ふるどうぐや)さんにうります。すると、その夜・・・。

語り

塚地 武雅(つかじ むが) さん

 ドラマ、CMでだいかつやくの塚地武雅(つかじむが)さんが、「ぶんぶくちゃがま」を語(かた)り聞(き)かせてくれます。おしょうさま、小ぼうず、ぶんぶく茶釜(ちゃがま)、古道具屋(ふるどうぐや)さんをえんじわけます。また、塚地(つかじ)さんがえん茶釜(ちゃがま)のつなわたりのシーンは、とってもかわいいですよ!

番組イラスト/「読んでみよう!」イラスト制作

イラストレーター 若林 夏(わかばやし なつ)