前のページへ戻る

おすすめの本
「いっすんぼうし」
こんな本も読んでみましょう
「いっすんぼうし」
日本の昔話
選者:川崎市立西有馬小学校 教諭 福山 里加
  • 「さるじぞう」
    日本の昔話
    どんなおはなし?
    さるたちがはこんだ、おじぞうさまのしょうたいとは…?
    あるところに、しょうじきもののおじいさんがいました。山でひとしごとをおえ、うつらうつらいねむりをしていました。すると、おじいさんをおじぞうさまだとかんちがいをしたさるたちが、おじいさんをいえへとかつぎだしました。さて、このあとおじいさんはどうなるのでしょうか?
  • 「さんまいのおふだ」
    日本の昔話
    どんなおはなし?
    おそろしいものからたすけてくれる三まいのおふだの力とは?
    あるてらに、おしょうさんとこぞうがいました。「おそろしいものからたすけてくれる」という三まいのおふだをもらったこぞうは、おしょうさんのつかいで山へいきます。そこで、おそろしいやまんばにであいます。こぞうは三まいのおふだをどのようにつかったのでしょうか?たすかったのでしょうか?
  • 「てんぐのかくれみの」
    日本の昔話
    どんなおはなし?
    からだがきえるかくれみので、大はしゃぎ!
    あるむらに、げんきなこぞうがすんでいました。てんぐをだましてかくれみのをもらいますが、おっかさんにいろりでもやされてしまいます。もえたのこりの「はい」をからだにぬりつけると、こぞうのからだはきえてしまいました。さて、このあとまちにでたこぞうはどうしたでしょうか?
  • 「ものぐさたろう」
    日本の昔話
    どんなおはなし?
    なまけものには、じぶんもしらないひみつが…!
    むかし、「ものぐさたろう」とよばれる、たいへんななまけものがいました。しごともせず、一日じゅうごろごろして、たんか(うた)ばかりよんでいました。しかし、あることでひょうばんになり、じぶんもしらないひみつがあきらかになります。「ものぐさたろう」はそのあと、どうなるのでしょうか?