前のページへ戻る

おすすめの本
「つるのおんがえし」
こんな本も読んでみましょう
「つるのおんがえし」
日本の昔話
選者:埼玉県さいたま市立上小小学校 教諭 新井 千恵子
  • 「ぶんぶくちゃがま」
    日本の昔話
    どんなおはなし?
    ちゃがまにばけた、たぬきが大かつやく!
    あるおてらのおしょうさんが手(て)にいれた、ちゃがまがしゃべりだしました。きみがわるくなったおしょうさんは、ちゃがまをふるどうぐやにうってしまいます。すると、ふるどうぐやさんがたべようとしたさかながなくなります。それは、ちゃがまにばけて、もとにもどれなくなったたぬきのしわざでした。たぬきは、おわびにみせものごやで、おもしろいげいをみせるといいだして…。
  • 「はなさかじいさん」
    日本の昔話
    どんなおはなし?
    ここほれワンワン!さあ、なにがでる?
    やさしいおじいさんがかわいがっていた犬(いぬ)が、はたけで「ここほれワンワン」とないたので、おじいさんがほってみると大ばん、小ばんがざっくざくとでてきました。それをねたんだとなりのふうふは、犬をつれさってしまいます。犬が「ここほれワンワン」とないたのでほってみると、でてきたのは…?
  • 「つるにょうぼう」
    日本の昔話
    どんなおはなし?
    「つるのおんがえし」と、どこがちがうかわかるかな?
    一わのつるがわかものの足(あし)もとにたおれていました。わかものは、はねにささった一本のやをぬいてきずぐちをあらってやりました。つるはげんきになると、まうえを三かいまわってからみえなくなりました。それからいく日かして、ちらちらこゆきのふるばんのこと、きれいなよめさまがやってきます。いったい、よめさまのしょうたいは…。
  • 「ねこのおんがえし」
    作:中川李枝子
    どんなおはなし?
    つるではなくて、ねこがしたおんがえしって?
    たいそうふるぼけた山でらに、ひょっとすると百(ひゃく)さいをこえているねむりおしょうがすんでいました。ずっといっしょにいるとらねこは、おしょうさんのながいきをねがっていました。ある日、ちょうじゃどんのむすめがびょうきでなくなりました。そこで、ふしぎなことが…。