前のページへ戻る

今回のおはなし
「手 (て) ぶくろを買 (か) いに」

どんなおはなし

“子ぎつねの初めてのおつかいは成功する?”/「手 (て) ぶくろを買 (か) いに」/作:新美 南吉

 雪の朝、子ぎつねのひえ切った手をにぎりながら、母さんぎつねは手ぶくろを買ってやろうと思いつきます。しかし、母さんぎつねは昔、町でこわい目にあったことを思い出して、町にむかうことができません。母さんぎつねは子ぎつねの手をにぎり、人間の子どもの手にかえてしまいます。そして子ぎつねに、町のぼうし屋へ行って人間の方の手を出して「手ぶくろをください」と言うように教えました。間ちがってきつねの手を出してしまうとひどい目にあうからと。
 さあ、子ぎつねのはじめてのおつかいは、せいこうするのでしょうか?

語り

木村 多江 (きむら たえ) さん

 えいがやドラマでいろんな役をえんじている人気の女ゆうの木村多江 (きむらたえ) さん。今回はやさしいきつねのお母さんとかわいい子どものきつねを、みりょく的に、おしばいしています。
 みんなの知っている歌も出てくるので楽しみにしていてください。

番組イラスト/「読んでみよう!」イラスト制作

イラストレーター 下田 昌克