前のページへ戻る

今回のおはなし
「王 (おう) さまと九人 (きゅうにん) のきょうだい」

どんなおはなし

“九人のきょうだいが大活やく!”/「王 (おう) さまと九人 (きゅうにん) のきょうだい」/中国の民話

 むかし、中国のある村に生まれた九人兄弟は、かおも体つきもそっくり。「ちからもち」「くいしんぼう」「はらいっぱい」「ながすね」「さむがりや」「あつがりや」「ぶってくれ」「きってくれ」「みずくぐり」と名づけられ、りっぱな青年に育ちます。
 ある日、王さまのきゅうでんの大きな柱がたおれてしまい、元通りにするとほうびがもらえると聞いた九人兄弟。「ちからもち」が柱を直したのですが、それを信じない王さまが、次々にむりな問題をもちかけて・・・?
 九人兄弟が、それぞれのとくいなことをいかして悪い王さまをやっつける、ゆかいなものがたり。

語り

IKKAN (いっかん) さん

 役者、声ゆう、えんしゅつ家、作家として、はば広く活やくしているIKKAN (いっかん) さんが、『王さまと九人のきょうだい』をゆかいにもり上げながら語り聞かせてくれます。
 悪い王さまになりきったえんぎ、そして歌がとくいなIKKANさんがひろうするラップにも、どうぞご注目ください!

番組イラスト/「読んでみよう!」イラスト制作

イラストレーター カトウソウ (ピースリーピース)