前のページへ戻る

今回のおはなし
「祭 (まつ) りの晩 (ばん) 」

どんなおはなし

“助けた山男がくれたプレゼントとは?”/「祭 (まつ) りの晩 (ばん) 」/作:宮沢 賢治

 山の神の秋の祭りの晩 (ばん) 。少年、亮二 (りょうじ) が祭りを見に出かけると、大きな男がだんご屋にいじめられているのを見かけます。どうやら、食べてしまっただんご代をはらえずにいるようです。
 男がないているのをみて、亮二は「悪い人ではない。かえって正直な人なんだ」と思い、そっとだんご代をおいていきます。すると、その後、亮二の家にとどけられたものは…?
 宮沢賢治 (みやざわけんじ) のふるさと、東北のふうけいをぶたいにした、しみじみと心温まる物語。

語り

松田 洋治 (まつだ ようじ) さん

 はいゆうの松田洋治さんが、秋祭りのふんい気いっぱいのステージで、山男と年の心あたたまる物語を語り聞かせてくれます。少年、山男、村のわか者など、それぞれのキャラクターのえんじ分けも見事です。お楽しみに!

番組イラスト/「読んでみよう!」イラスト制作

fuuyanm (ふうやん) (アーティストバンクジャパン)