前のページへ戻る

今回のおはなし
「大 (おお) きなかぶ」

どんなおはなし

“うんとこしょ!どっこいしょ!”/「大 (おお) きなかぶ」/ロシアの民話

 おじいさんが、あまい大きなかぶを作ろうと種を植えたら、とっても大きなかぶができました。
 おじいさんは「うんとこしょ、どっこいしょ」とぬこうとしますがぬけません。
 おじいさんは、おばあさんをよんで来て、二人で「うんとこしょ、どっこいしょ」とぬこうとしますが、ぬけません。
 おばあさんは、まご娘をよんで来て、三人で「うんとこしょ、どっこいしょ」…、やっぱりぬけません。
 さあ、この大きなかぶはぬけるのでしょうか?

語り

草刈 正雄 (くさかり まさお) さん

 映画、テレビドラマなどで大活躍の、草刈正雄さんがロシアの農夫のおじいさんになって、『大きなかぶ』を楽しく語り聞かせてくれます。
 おじいさん、おばあさん、まご娘、犬、ネコ、ねずみの“1人6役”のお芝居は、おなかをかかえて笑ってしまいますよ!

番組イラスト/「読んでみよう!」イラスト制作

イラストレーター 加藤 オズワルド