にっぽん縦断 こころ旅

旅のルート

249日目~「北海道」

249日目:北海道士別市 250日目:北海道砂川市 251日目:北海道札幌市 252日目:北海道喜茂別町

放送日:9月23日

月曜朝版で紹介したお手紙

月曜朝版では、今週の旅をひとあしお先にお見せするとともに、みなさんからお寄せいただいた「こころの風景」をご紹介しています。

月曜朝版で紹介された手紙を見る

249日目北海道士別市

放送日:9月24日

戸田まさえさんのこころの風景

士別市上士別町21線

秋の旅の初日は稚内をスタート。台風18号の影響が心配されたものの、スタートは奇跡的に好天に恵まれました。気持ちよく走り出し、日本最北の無人駅・抜海から列車に乗って一気に南下、まずは士別駅を目指します。

詳細を見る

250日目北海道砂川市

放送日:9月25日

内田勝利さんのこころの風景

砂川市を流れる
石狩川の左岸堤防から見た風景

この日は台風で順延した249日目の撮影を終えてロケがスタート。士別駅から滝川駅まで輪行、そこから約11km南に下った、砂川市を流れる石狩川の左岸堤防を目指しました。62年前の風景は残っているのか。

詳細を見る

251日目北海道札幌市

放送日:9月26日

横川真希さんのこころの風景

北海道百年記念塔の最上階からの眺め

北海道は、お手紙をくださった横川さんのおばあさまが住むところ。思春期の頃に訪れた北海道百年記念塔からの雄大な風景に、「人生を変えたと言っても過言ではない」ほど感動したといいます。

詳細を見る

252日目北海道喜茂別町

放送日:9月27日

木村志津枝さんのこころの風景

夢がかなった 忘れられない場所

木村志津枝さんの「こころの風景」は、喜茂別小学校への通学路。喜茂別小学校は、母一人子一人で育った志津枝さんが働きながら通信制の大学で学び、念願だった教師の資格を取って、初めて赴任した学校です。

詳細を見る