旅のルート

2022年 春の旅

1064日目~「和歌山」(3月29日~4月1日)

1067日目和歌山県白浜町放送日:4月1日

八木利昌さんのこころの風景大間磯の夕日

手紙を読む

釣り好き兄弟の利昌さんの思い出の風景は、行動的な兄についてゆけず、磯に沈んでゆく夕日の写真を撮った大間磯の風景です。何気なく撮ったその写真には、今は亡き兄の姿が写っていました。上富田町の龍松山城跡を出発、南白浜の浜にそそぐ富田川に沿って大間磯を目指します。途中たくさんの春の気配と出会い「春だ~うれし~」と正平さん。写真と同じ風景を発見、赤く染まってゆく夕日を待ちお手紙を読みました。雲間に沈んで行く夕日に「これはこれでなかなかのものだ」と夕日の中の二人の姿に思いをはせる正平さんでした。

手紙を読む

この日のブログ

大間磯の夕日

前のページに戻る

きょうの「とうちゃこ」

Page Top