旅のルート

2022年 春の旅

1064日目~「和歌山」(3月29日~4月1日)

1065日目和歌山県湯浅町放送日:3月30日

木村秀人さんのこころの風景祖母と行った海

手紙を読む

きょうの旅の目的地は、木村さんが子どもの頃、祖母が従兄弟と木村さんを連れて行った春の海の風景。どういう気持ちで祖母は自分達を海に連れて行ってくれたのか、今になって考えるといいます。旅のスタートは湯浅の町を一望にできる宿泊施設の城展望台から。一気に山を下り湯浅の町を走り抜けます。古い木造家屋が立ち並ぶ熊野古道もあり、醤油発祥の地と言われている「蔵の街」の雰囲気を満喫。途中、お手紙にあった「おいなりさん」を発見し、思い出の海へ。穏やかな海を前におばあさんの気持ちに思いを馳せる正平さんでした。

手紙を読む

この日のブログ

祖母と行った海

前のページに戻る

きょうの「とうちゃこ」

Page Top