にっぽん縦断 こころ旅

旅のルート

341日目~「山形」

342日目山形県山形市

放送日:6月18日

長谷川喜代子さんのこころの風景

浄光寺 銀杏(ぎんなん)の木の思い出

手紙を読む

山形市にお住まいの長谷川喜代子さん(66歳)のこころの風景は、10歳まで過ごした山形市八日町の浄光寺の銀杏の木。5歳の頃、紙芝居屋さんの水あめが欲しかった長谷川さんは、お母さんの財布からお金をとってしまいます。そのお仕置きに、お母さんは長谷川さんを銀杏の木の根元に置き去りに。泣き疲れた長谷川さんをお父さんが迎えにきてくれたそうです。長井市からバスで輪行、約15kmの自転車旅で浄光寺へ向かった正平さん。まっすぐ天に向かって伸びる銀杏の古木が、迎えてくれました。

この日のブログ

この日の旅のルートを詳しく見る

前のページに戻る

きょうの「とうちゃこ」