番組の音楽♪

こころ旅のオリジナル楽曲は番組テーマ曲「こころたび」をはじめ
すべて平井真美子さんの作曲です。
番組テーマ曲「こころたび」は池田綾子さんが作詞と歌
番組挿入歌「このみちをゆく」は火野正平さんが作詞と歌
そして火野さんが歌う番組挿入歌は谷康一さんが編曲しています。

番組挿入歌「このみちをゆく」

作詞うた 火野正平さん

プロフィールはこちら

プロフィール

1949年、東京都生まれ。12歳のころから劇団「こまどり」に所属し、1962年、ドラマ「少年探偵団」(フジテレビ)に出演。1973年の大河ドラマ「国盗り物語」の秀吉が当たり役となり、一躍注目を集める。1974年「俺の血は他人の血」に主演し映画デビュー。その後、テレビ、映画に多数出演。主な出演に、ドラマ「新・必殺仕置人」(朝日放送)、「長七郎江戸日記」(日本テレビ)、 「anone」(日本テレビ)、NHKでは連続テレビ小説「芋たこなんきん」、土曜ドラマ「夫婦善哉」、「55歳からのハローライフ~空を飛ぶ夢をもう一度~」、木曜時代劇「かぶき者 慶次」、スーパープレミアム「悪魔が来たりて笛を吹く」など。
10代のころは、自転車で琵琶湖一周も達成していた自転車大好き少年でした。

メッセージ

この数年旅先で、はじめて尋ねる場所なのに温かな再会をしているような不思議な気持ちになります。こころ旅が大好きでいつも見て下っている皆さまとの触れ合いに出会えるからです。
正平さんやチャリオ、番組スタッフと一緒に私も友達や家族が増えていくような日々、本当にしあわせです。2019年も音楽でよい風を吹かせられますように♪

プロフィール

桐朋学園大学音楽部ピアノ科卒業。誰にでも去来したことがある想いをトレースするかのような美しく親しみやすく前向きなメロディー、静的でも動的でもある生きたメロディーを生み出せる音楽家として信頼が厚く、映画・CM・TV番組を中心に多くの音楽制作を手掛ける。
また自身の音楽表現として、日々折々の想いをメロディーにトランスレートして書き綴る“Piano Diary”をライフワークとする。
オリジナルアルバムは、2007年にファースト・ピアノソロアルバム『Piano Diary』、2013年にセカンド・ピアノソロアルバム『夢の途中』を発表。2012年新進気鋭のアーティストに贈られるアメリカの S&M Washington Award を受賞。

メッセージ

今年も春がやってきました。
「こころたび」を作詞した春のことを思い出しています。風に吹かれて、電車でもない、車でもない、自転車の優しい速さで、景色を近くに感じながら旅をする。それが心の景色と重なっていく。。そんなイメージを膨らませていました。
火野正平さんから紡がれる、人や草花や、街と出会った時の一言が、私たちを心の風景へと誘い、景色は一瞬にして、お手紙の中の唯一の景色へと変わってゆきます。
今年も、平井真美子さんの音楽の風に乗り、皆さまのこころ手紙の中へ、そっと吹いて参りたいと思います。今年もよろしくお願いいたします。

プロフィール

唱歌や童謡、スタンダードを根底に持つ。日本語の『韻』を大切にした歌詞やメロディー、クラシックの発声を基調とした独自の歌唱法で歌い上げる。
2002年メジャーデビュー。
その卓越した作曲能力で多数のシンガーに楽曲の提供も行い、鹿児島屋久島で最小限のエネルギーで行う音楽祭「やくしま森祭り」の立ち上げ、小学校の教科書への合唱曲提供、NHK「みんなのうた」では世界の数を題材に、国境や言葉を越えた音楽「数え歌」、小児科入院病棟に音楽を届ける「マってるぼうずコンサート」など『歌にできること』に挑戦し続けている。

メッセージ

 また春が来て、ひとつ歳をとり
またまた山、坂、橋の季節となりました。
なかなか大変とは思いますが、
もう、立派なアスリートです。
世界の猫に負けないように疾走して下さい、
ギター抱えてついて行きます。
              谷康一

プロフィール

日本を代表するアコースティック・ギタリスト。
自身のバンド「ニュー・ブルーストリングス」での活動のほか、40年以上にわたり、メジャーアーティスト(加山雄三・森山良子ほか多数)のコンサートツアーやレコーディングに参加。
「こころ旅」では、挿入歌「ちょうどいい」「このみちをゆく」の編曲を手がけるほか、正平さんと全国各地でのトークショーのステージに立つ。

関連グッズは
こちら

Page Top