2022年05月30日 (月)【こころ旅 クラシック】ウォークラリー第10回



80日目 畦プリンスビーチにて

きょうの放送は、2011秋の旅
80日目 鹿児島県徳之島町
畦プリンスビーチでした。

茶畑のてっぺんのロケ後、夕方鹿児島港からフェリーに乗って早朝に徳之島着のなかなかハードな旅でしたね。


ウォークラリー第10回はコチラから・・・

今までの回で投稿し忘れた方も、あきらめないで一緒に完走しましょう(^^)/
なにかいいこと(オマケとか)、あるかも知れませんよ!?
全参加の方は引き続き一緒に完走を目指しましょう!!

投稿者:番組デスク | 投稿時間:19:30

応援メッセージ

同じ気持ちです・・・???!!!!
元気な姿を見たいものです・・

投稿日時:2022年06月08日 21:33 | さぬきうどん

何時も楽しく 朝に夜に 楽しんでいます!同い年の火野さんから 元気を頂いている気がしています。
今回 投稿させていただきましたのは 女性のディレクターさん 三枝さんでしたでしょうか が 今年の春バージョンから声も姿も拝見することがないのですが どうなさったのでしょうか?
お元気でしたら 是非参加していただけたら 嬉しく思います!

投稿日時:2022年06月05日 11:58 | 菊地 永司

蔵出し特に未公開すごい楽しみです。
正平さんと西監督さんのクスッとしてしまうやり取り、地図のしまい方バトル
ホノボノして大好きです!

投稿日時:2022年06月04日 11:40 | kimiちゃん

2018年10月自然色な岩手は映像映えするね、黄金色の稲穂 マツタケ色 海の紺碧 バリエーション有りでグッド。さてさて今回も色々な出会いが 美味しい食事 4日分の感想を書くとメール5回分になるので今回のみ。2つだけ 津波が来た高さが10m以上か?言葉が出ない、みんな明るく楽しい人ばかり リンゴ畑のお姉さん 1才違いとな 逞しい 笑顔がいいね リフト笑うね 土産をリュックに入れてくれましたね 表情がいいね豊かで ヒゲも見習うべきだね 明日は宮城県

投稿日時:2022年06月03日 05:10 | 吹田のヒゲ

2018年9月青森の蔵出しスペシャル、未公開シーンも有り 当時放送とはひと味違うが楽しいですね。写真集にも書いて居られますが、正平さんの一言&独り言がサンショウみたいでカラット辛味が聞いてます。時々スタッフ達から無視される事も 正平さんは計算済み??思えば2011年から一人会話? 呟き 愚痴 ボケなどを演技?されてたな?演出 正平さんの独断演技 監督を無視しててもやりたいの?いいね。さて青森の旅 天候は色々でチームが苦労するのを楽しんでます、9月紅葉 収穫 稲穂 アートで配色じゃ稲穂は品種ですが流石グッド。。全体にホッコリ感満載 最後に暖かいべベン 俺暫くここに居るよ だって暖かいだから――どっかで聞いたよなー―ヒゲガックリ来たよ 良い表情だ 行程がキツかったしゆっくりと癒やして貰いなさいよ

投稿日時:2022年06月02日 04:55 | 吹田のヒゲ

正平さん 誕生日おめでとうございます。

これからもお元気で、私たちを楽しませてください。
北海道まで無事に完走できますように。
ついていきますよ。


投稿日時:2022年06月01日 16:19 | やまもも

のはらさんの文章力と綺麗な字を良く覚えています。
何て賢いお嬢さんなんだろうと思っていました。
もう素敵な大人になっていますね。

この頃、番組継続希望のブログ投稿が凄かったですよね。
良かった続けて頂いて、歴史に残る番組となるでしょうね。

投稿日時:2022年05月31日 23:21 | Mako

正平さん、お誕生日おめでとうございます。
いつまでも、どこまでもお供したいこころ旅。
無理せず、ほどほどに頑張って下さい。

投稿日時:2022年05月31日 21:27 | えみうさ

徳之島へフェリーで鹿児島から乗船 飛行機嫌いとな ヒゲも大嫌い だから船を利用。 のはらさん中学2年の感性が素晴らしいね じいちゃんの教えが又すばらしいからだ。ちゃんと伝わってますね 配慮 優しさ 奥ゆかしく 表情の豊かさ など。 砂浜できたなぁーしみじみと 実感が伝わるよ。 ガジュマル?木の下で チャリオ君を抱きしめて ありがとな お疲れさん 正平さんが一番疲れているのにね
ジーンとくるね これが正平殿の魅力 ファンを引き付けるパワー 人気の秘密だとおもいますね、もっと言いたいがこの辺で終了

 

投稿日時:2022年05月31日 21:15 | 吹田のヒゲ

1日目~80日目は2011年。若いね、正平さんもスタッフも。だからかチャリオ君で走る距離も20㎞ 30㎞とか2022年の2倍を走ってるね。 凄い 応える正平殿も凄い。スリムな身体はスタミナありそうで スタッフ達がこれでもか これでどうだと挑戦状を叩き付ける。こうなればバトルだ。これで面白い画像が見られるんだからファンは嬉しいけどね。みんな目が輝いてるし。

投稿日時:2022年05月31日 18:50 | 吹田のヒゲ

5月31日2016年写真集をゲットしました、それまでは私立図書館で発行されているこころ旅の本は全部借りて読んでます。借りる日数は14日手元に置けるのは。読みたい時に即です10時~手続きが必要は我慢できません。ファンとしては24時間何時でも読みたいのです。何故かチームが側に居る様で安心。時間停止の写真を見ると映像では確認できなかった事が見えますね、1秒の何百分の刻を切り取る。そして見ながら考えられます この違いは大きい。あれこんな表情の正平殿が居る するんだと言う瞬間 緊張から瞬時笑うのかな?。はとんど映像を見たがヒゲ自身も映像と同化 同一面からの立場が多いかな。同時に考えながら見てたよ、写真は停止で 色々考えられるから 面白い。俳優さんが自身の顔&姿を多く撮って表情の演技の勉強してると聞きますから ジーンとみて新たらしい発見があるかもね

投稿日時:2022年05月31日 13:22 | 吹田のヒゲ

2011年秋の旅最終日12月16日は、80日目「にっぽん縦断 こころ旅」のクラシック版感動でした。
重村のはらさんの大好きな、おじいちゃん、おばあちゃんと行った思い出の場所「畔プリンスビーチ」へのこころ旅でした。
道中の船旅(荒れ模様の海)、船室のベッドにチャリオ君を寝かせ布団をかけるシーン、相棒への気配りに感心しました。12年間も走り続けられる所以ですね。畔プリンスビーチで見る、何処までもつづくあおい海原、沖の白波地球が丸いと感じました。
のはらさんのお手紙、詩から、正平さんもおっしゃるように、純心さがあふれ出て居ました。おじいちゃんの、背中が小さく見えたり、大きく見えたり、おばあちゃんの笑顔、の文面に込められていました。正平さんも涙は見せずとも心で泣いておられました。

投稿日時:2022年05月31日 11:47 | 江尻 衛

こんにちは、今2011年秋の旅、最終日の録画を見て
涙にくれています。のはらさんのお手紙が14才で
しっかり書けていて、詩集も感動です。
正平さんも畦プリンスビーチにとうちゃこして
じゅんさんと握手とハグ。もう、涙うるうるです。
何回見てもこの日はこれから続くこころ旅を象徴する回だと自分では思っています。
正平さんの世界を圧縮されていた回だとも思っています。
正平さん、お誕生日を迎えてこころ旅の活躍を
応援していきますよ!

投稿日時:2022年05月31日 10:59 | マンチカン

80日目の旅は79日目を終えた後にフェリーで船中泊とハードです。行程の都合でこうなるパターンは最初の頃何度かありましたね。
しけで船もけっこう揺れたのでは?おまけに徳之島に上陸してもすごい向かい風で過酷でした。でも頑張る正平さん。
のはらさんのお手紙は大好き祖父母との思い出が丁寧な文章に綴られていて、島で色んなことを吸収し学んだのだろうなと。
詩もすごく素敵でした。きっと11年後の今も素敵なこころの女性に成長しているだろうな~なんて思いながら聞いていました。
お手紙読み終えて、正平さんも感無量になっていました。でも涙は我慢したって・・その強がりがらしいシーンとなっていました。

投稿日時:2022年05月31日 10:28 | ゆきぱん

2011年秋の旅最終日版、アタシにとっては初見です。
のはらさん14歳(当時)からの手紙で、奄美大島へね。
鹿児島からのフェリー便、チャリオ君をベッドに寝かして寝間着を着せる処なんぞはサスガ正チャンですな。
海が荒れて予定と違う港に、其の所為かどうかは判りませんが天敵の向かい風とアップダウンとの格闘編に成った様ですね!
オマケに小雨の御出迎いまで有って、息が上がっている様も有り、観ているアタシとしては楽しめましたよ。でも途中で『完工碑(缶コーヒー)』を買って呉れと与太を飛ばす余裕が未だ有ったんですね~。
とうちゃこ地の浜辺が綺麗でしたね~。天気が良ければより一層綺麗な景色が映えたんでしょうネ。
最後に正チャンの言葉、旅を始めて1年が過ぎて旅を終え、感慨無量の様子が見て取れました。お疲れさまでした!
でもこの旅が10年以上も続くなんて思っても居なかったんでしょうね!

投稿日時:2022年05月31日 09:38 | 宇即斎

こころ旅の正平さんはいずれも大好きですが、2011年春の旅☆最終日。「畦プリンスビーチ」でとうちゃこの正平さんは、イッチャン大好きですね~♡ この人、本当に何者なん?どう生きてきたらこうなるん?本当に聞いてみたいですよ!でも、そんなこと聞いても正平さんは「なんもしてへんよ(笑)」「生まれつきや!」(*´σー`)エヘヘ・・な~んて照れ笑いするんだろうなぁ(笑) そんな火野正平ワールドをこれからも楽しみにしてますよ~( ≧∀≦)ノ!!

投稿日時:2022年05月31日 09:29 | ぽんぽこ

奄美群島への旅、もちろん飛行機もありますが…
なるべく飛行機に乗りたくない正平さんと、お荷物いっぱいのスタッフさんたちのことを考えたら、みんなでお船でどんぶらこが1番ですね!
早朝や夜の乗降となり移動はハードですが、刻々と空気が変わりゆき距離 を感じられる船旅は今どき大変ぜいたくな旅です。
秋は鹿児島県がエントリーされてます。ぜひぜひ、また奄美群島へ!!
そして「名瀬ぇ~?」ってまた言ってほしぃー♪

あ!クラシック徳之島、今から録画で見まーす!
どんな壁紙がでてくるか、いつもわくわく☆

投稿日時:2022年05月31日 08:01 | おかか

前日の旅(これが2日がかりとなり)終わってすぐ
フェリーにて(あちこち島に寄りながら)徳之島に移動、
波が高くて到着港が変わり、着いて走ると風強し。
お疲れ様のとうちゃこでしたね~。

うるうるの正平さん、お手紙も泣きたい気持ちをこらえながら。
のはらさん、どんな気持ちで番組を見られたのでしょうね。

そしてこころ旅は続いていますよ。

投稿日時:2022年05月31日 05:19 | るる☆

《こころ旅クラシック》第10弾は、80日目。
鹿児島県の徳之島町、「畦プリンスビーチ」。
重村のはらさんのお手紙を胸に走ります。

これが「こころ旅」の終着だと思っていた正平さん。
「足が…もう壊れたっていいんだ」
着岸地点とルートの変更。急いで走るBカメ車。
おあつらえの旅番組とはちがう、こころ旅のエッセンスが詰まっていました。

《6歳の時にも行ったことがあります》
兄妹にとって2度目の、祖父母の家での対面。
東京から徳之島までは…家族ではなかなか帰省できないのです。
正平さんが頼りです。

ラストに、のはらさんの詩を読んで。
「おっちゃんも涙が出そうになるけど……ここを辛抱するのが、男の子やねん」
この場面を永久に忘れません。

京都を出発した正平さんと……この日、のはらさんのお手紙を読む正平さん。
現在に続くお顔に、変わっていました。
「旅人、正平さん」が完成した、80日目でした。

投稿日時:2022年05月31日 03:44 | 川崎ジンジャーエール

この日で旅は終わりだと思っていた正平さん。

「オモロかったー!」と正平さん。
「オモロかったー!」とみてた人。
この日で終らなくてよかったぁ~~~。

過去の応援メッセージを読むと
人が、どんどん魅力に引き込まれていくのがわかります。
昭和のマスコミに踊らされてた私だって…
火野正平=悪い男(人)だったモン。
ほんと、ごめんなさい。
今は大好きだよ♡

投稿日時:2022年05月31日 01:57 | may

2011年の秋は14歳だったのはらさんのお便りは可愛い便箋に整った字で丁寧に書かれた徳之島の忘れられないこころ旅。追伸に書かれた文章といいとっても表現力が凄いって感心しました。11年経ってきっと素敵な女性になられてるんでしょうね。全てを読み終えた正平さんも感無量の様子。荒海を乗り越え、強風と戦い、最後には雨まで降り出して過酷なラストの旅。お家で待ってる奥様にまで気遣いして一言、一言に心がこもってました。スタッフの皆さんとの握手やグータッチが映り込み見てても感無量になりました。この時の正平さんは11年経っても旅が続いてるなんて思ってもいないんですよね。まさに「まさかや〜」ですね。今夜もじゅうぶんに楽しませてもらいました。

投稿日時:2022年05月30日 19:56 | GUREKO

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2022年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

検索

バックナンバー