2022年05月23日 (月)【こころ旅 クラシック】ウォークラリー第9回



お礼分としてお手伝いする正平さん

きょうの放送は、2011秋の旅
79日目 鹿児島県南九州市
知覧 茶畑のてっぺん
でした。

軽トラに乗せてもらう(笑)ために
正平さんが一生懸命お手伝いしてましたね。

ウォークラリー第9回はコチラから・・・
ウォークラリーもちょうど中間地点!後半戦も頑張りましょうね♪

投稿者:番組デスク | 投稿時間:19:30

応援メッセージ

デコレーションケーキのような茶畑の丘とミサコばーちゃん。
断片的に記憶してたけど同日だったんですね。
再放送で確認できてありがたいです。

投稿日時:2022年05月24日 22:05 | giro

《こころ旅クラシック》第9弾は、79日目。
鹿児島県の知覧、「茶畑のてっぺん」への旅でした。

ご両親との暮らしを描いた、鮮やかなお手紙。
吉川伸一さんのご家族の、ありし日の姿が浮かびました。

短編のドラマを見させていただく如くの、お手紙。
「そこで写した父ちゃんと母ちゃんの写真は、二人、優しい笑顔でした。喧嘩ばっかりだった父ちゃんと母ちゃんの優しい笑顔でした」
伸一さんのご両親は、推察するに、おそらく50歳前後で、相次いで早世されたのでしょうか…。
親を想う…子の心。
向田邦子さんのエッセーのように――何度読んでも、胸が打たれました。

私には……お茶の売店のお母さん。
正平さんのお話しもそっちのけに、来訪したスタッフ皆さんに、缶ジュースやお茶を持たせようと…一生懸命に数えている姿。
今は亡き、私の祖母の姿と重なり、涙が出ました。

「こころ旅」の「魂」は、いつも、細部に宿ります。

投稿日時:2022年05月24日 19:32 | 川崎ジンジャーエール

クラシック版知覧への旅、2011年冬の放送でしたが、もう既にクルーの雰囲気は今のように成っていたんですね。『開聞岳』と云い『知覧』と云い、正チャンの駄洒落がポンポン出てましたネ。
上り坂が予想されるルートを見て『気の持ちようで下りに見える』とのアドバイス(?!)を言ってましたが(誰や!そんな事を言う御仁は?)、いっちょシバイタロカ!と独り言を言いながら笑って観てました。
アタシとしては初見ですが面白~いシーンが有ったんですね。
バスに依る輪行シーン、Bカメさんのロングショットは有ったけど、車窓越しの手を振る正チャンの画は無いんですね~。いつからそう成るんですかね~?
途中でオバちゃんを見つけて軽自動車を調達しての中抜きを決行したけど、あのオバちゃんが面白かったな~。人柄の良さが丸出しでしたね。良かったね~、正チャン!!
只、もう少し人の話を聞いて欲しかったな~。


投稿日時:2022年05月24日 14:35 | 宇即斎

お茶屋さんのお母さんとのやり取り、何度見ても癒やされますね。
山あいに広がる茶畑の風景。ススキのデコレーションケーキ。このような美しい場所で知覧茶は作られているのだなぁと、感慨深くなりました。

吉川さんのご両親が穏やかな表情になられた理由が、理解できました。

投稿日時:2022年05月24日 11:26 | きみどり

79日目吉川さんの心に残る思い出の場所「知覧、茶畑のてっぺんから見る景色」何とも言えない美しく、癒やされました。父ちゃん、母ちゃんが癒やされた場所ですね!前方に広がる茶畑の段々畑のてっぺんに、デコレーションケーキのような茶畑を背景に、今は亡き笑顔の父ちゃん、母ちゃんの写真、吉川さんの宝物ですね!仏壇に入れて毎日手を合わせておられる様子が眼に浮かぶようです。天国で仲良く過ごされておられるでしょう。てっぺんの石碑の「土をつくり、茶に生きる」印象的でした。花は霧島タバコは…正平さんの歌が明るく場を盛り上げられたり、最後にお茶のお店のみさこちゃんに感謝❣クラシック版になるだけ心に残る「こころ旅でした」
吉川さんのご両親を想う気持ちに感動頂きました。

投稿日時:2022年05月24日 10:06 | 江尻 衛

激レア中の激レア!!
洗濯ものを取り込む正平さん笑
まだラリーに投稿してませんが、私の壁紙はこれにしてくださいw

投稿日時:2022年05月24日 09:06 | おかか

お母さんとの遣り取りに洗濯物取り入れ作戦、車での会話、エエなぁ。

投稿日時:2022年05月23日 20:54 | ちいちゃん

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2022年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

検索

バックナンバー