2014年01月18日 (土)子浦へ・・・&木・山・川!!静岡の旅。


週末版
293日目


リゾート列車に乗った
熱海から下田までは、リゾート電車で展望がバッチリ。晴天なので伊豆大島もバッチリ見えました(^o^)/
 

坂道ばかり。。。
今回のルートは坂道ばかり。。。
「休み明けで、たるんでいるのかなァ・・・」と、正平さん。

 

 


  

坂が多くてビックリ(°0°)!
坂にはりつくようにたたずむ子浦の集落。
「上ったり下りたり大変だな。」
正平さん、坂の多さにビックリ。


 

 

 壁と同じ色のねこちゃん

子浦の集落で発見!
壁の色と同じ色をしたネコに大喜び(^_-)の正平さんでした。

 

 

 

 週末版

294日目


ちょっと早かった河津桜
河津駅近くで見た、河津桜。
つぼみは膨らんでいましたが、
開花はまだ少し先のよう。

 

 

  

 

 

くすの大木!!
休憩中に見つけた、くすの木の大木!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富士山のアタマが!

アタマだけ姿を見せてくれた富士山。

 

 

 

 

 


柿田川
そして、柿田川。
とても寒い一日でしたが、自然あふれる静岡の旅でした。

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:12:00

応援メッセージ

日本放送協会放送開始の年に生まれたせいか、テレビっ子”いえ中高年世代です。BS❸ファンで特に、こころ旅は放送開始から土日の総集編も録画してチェックしています❗️先週は、とても感激しながら見ていました。と、云うのも水管橋や新幹線鉄橋付近は毎日のウオーキングコースでした❗️☻今頃は最後の愛知県に入られた所でしょうか❓ラストランも、間近ですね、正平さん、スタッフの皆様、チャリオくんの無事ご完走をこころから応援しています‼︎三年間に及ぶ旅番組、大変素晴らしいです。 NHKファンより

投稿日時:2014年01月20日 16:32 | ニッパチ還暦

柿田川の教材園感動しました。自然がそのままの形で残されて、しかも
小学校の中に、とても素敵でした。お手紙を書かれた19歳の方にも感謝です。これからも正平さん頑張ってください。

投稿日時:2014年01月19日 15:41 | 昭和24年生まれ

こんにちは。録画しておいた放送観ました。朝版のときから「とうちゃこ」の景色が楽しみで仕方なかったのです。日本三大清流なのですね、柿田川。とてもとてもきれいな流れ、眺めでした。正平さん15℃だという湧き水に長いこと手を触れていらっしゃいましたね、
気持ち良さそうでした(^_^)v
伊豆半島への旅に行きたくなりました。すてきな風景を、ありがとうございました。一番寒い季節です、どうぞ体調には気をつけて走ってください(^o^)/

投稿日時:2014年01月19日 15:22 | とっぽじーじょ

正平様、チャリオ君、スタッフの皆様お疲れ様です。
毎週、週末版を楽しみに視させていただいております。
先週の富士川河川敷から安養寺は私の実家の付近で走られた道のすべてがとても懐かしく感じ、嬉しかったです。
安養寺は同級生の家で子供のころ行ったこともあり、何かに言い伝えで狸寺とも呼んでいたような記憶があります。
これから先の旅も楽しみにしています。
道中の安全をお祈りします。頑張ってください。

投稿日時:2014年01月19日 10:57 | さのさん

「正平さん、スタッフのみなさん、おはようございます」
土曜日版、見ました。
293日目のラスト、子浦のおだやかな海の向こうの山に夕日が映えて、いい風景でした。
294日、柿田川の教材園も素晴らしかったですね!!
透明な水の流れ、ただよう水草、湧き出る水、、、、感動しました。カワニナもいましたねー。
チラと、「雨にもまけず」という碑も見えました。
素敵な場所を見せていただき、ありがとうございました。

投稿日時:2014年01月19日 07:32 | REIKO

静岡県初日は 2014年初日でもあり 
それを祝福して 抜けるような青空が最高でした
そんな日に 正平さんの思い出のビーチや喫茶店を散策でき
本当に嬉しかったことでしょう。。。

冬場 伊豆半島と言えば「水仙の花」が先ず浮かびますが
正平さんとチャリオくんのお疲れも癒したのですね?(^・^)
慈母観音さまをお参りした“ばあちゃんと武田さん”は よくあの
急坂を歩かれた、と感心する正平さんでしたが 正平さん達も
お疲れさまでした!

柿田川のきれいさは 格別でした
清水小学校の敷地内のようでしたが 個人では見ることは
できなかったのでしょうね?
ありがとうございました

“♪頭を雲の上に出し~” 歌の通りでしたね?

投稿日時:2014年01月19日 00:55 | bouya

正平さん、スタッフのみなさん、ちゃりおくん、
清水町に来ていただいて、ありがとうございました。
こころ旅の大ファンです^^
できることなら、会って応援したかったです^^
ウチの近所を通過していることがわかって、あーん、残念!!
来るかなぁ?と予感していたのだけど。。。
柿田川の清流は清水町の自慢です。
正平さんはよくご存じのようでしたので、びっくりです。
本当に博識ですね。
来週も静岡ですね。楽しみにしています。
いつまでも、この番組が続きますように。

投稿日時:2014年01月18日 22:30 | てるてる坊主

正平さん、皆さん楽しい旅を有難うございます。
友達と行った柿田川が出てきてびっくりしました、
湧水の美しさに思わず声が出たものです(^o^)丿
清水小学校の教材園も又綺麗ですね…
思い出の地にぴったりの場所です。私も
もう一度友達とビデオを見ようと思いました!
寒い中気を付けて(こころ旅)を続けて下さい(^

投稿日時:2014年01月18日 22:14 | makuro

1日目:JR熱海駅~伊豆急下田駅まで輪行。「危ないからバスで」正平さん「散歩したい」にスタッフ全員素直な返事。「峠の茶屋」の奥にある慈母観音へ。かなりきつい坂。ここを毎月1回上った。そして潮音寺へ。景色とても素敵。下田はどこも正平さんにとってお手紙の方の気持ちと同じなんですね。
2日目:伊豆急下田駅前の温泉 手湯のみ!入ることができず残念。休憩中大きなクスの木 発見。木の周りを廻って アレ!正平さん消えた!教材園 自然そのまま。「嬉しい」私もこういう場所を見せていただきうれしい。「カワニナ」がいるということは、ホタルがいるっていうことですね。素晴らしい!言葉が見つかりません。素晴らしいこころの風景 ありがとうございました。

投稿日時:2014年01月18日 21:16 | SETSUKO

☆正平さん☆スタッフのみなさん☆お疲れ様です!
こころ旅楽しみで、テキパキ家事を済ませ
11時にはテレビの前に着席(^-^)v
本当に身も心も癒されます。
正平さんやスタッフのみなさんに自然も動物達もこたえてくれているようにみえます。
一緒に旅をしているような幸せな気分になります。
(*^^*)
こんな番組初めてです(*^O^*)
旅人が正平さんだからですかねぇ。
明日も楽しみで~す♪

投稿日時:2014年01月18日 21:06 | 裕蘭

柿田川 富士山の伏流水からなる素晴らしい清流です!正平さんも好きだと言っていた自然な護岸が残った川の風景、いいですね。静岡東部の住民でも柿田川の岸辺近くにはなかなか入れないので、教材園からの眺めはとても新鮮でした!この風景は日本の残すべき宝の一つだなぁと実感です。心旅、できる限りながーく続けて、これからも日本の感動の風景を紹介してください。

投稿日時:2014年01月18日 19:10 | くー太パパ

正平さん、スタッフの皆さん、チャリオ君ご苦労様です。
 富士山、なかなか顔を見せてくれませんね~ 
 「柿田川」きれいですね。学校にこんな所があるなんて羨ましいです。
 12年秋の沖縄、「垣花樋川」の場面、思い出しました。あの時も
 正平さん「嬉しいわ、連れて来てくれて」と言っておられましたね。
 私も「見せてもらってうれしいわ」です。
 寒さの中、旅の無事を祈っています。

投稿日時:2014年01月18日 16:05 | z坂のゴーチャン

正平さん、多恵さん、スタッフの皆さん、チャリオさん、こんにちは。
楽しい旅をお見せ下さり有難うございます。正平さん上ったり下りたりでお疲れ様です。とうちゃこした柿田川。なんと美しい水、ゆったりした景色。いい環境で育つ子供たちは幸せですね。拝見したおばちゃんも幸せです。後藤家のお墓。海に向いた観音様、お手紙の方のお祖父様のお姉様、小柄でいらしたけれど、大きく見えたというお姿が頭に浮かびました。雲のマフラーをした富士山。やはり静岡の景色に馴染んでいました。富士山シャイですね。正平さんと同じですね。水の美しさは凄いですね。明日も楽しみ。
正平さん、皆さん、寒さにご用心下さいませ。佳き旅ですように。

投稿日時:2014年01月18日 14:16 | ことのしーちゃん

土曜日版、観たよ。
293日目:
火野さんが伊豆半島はどこに行っても
懐かしい感じと言っていたのが印象的。
スイセンが咲いていましたが
温暖のイメージの静岡らしかったです。
294日目:
河津を通りましたが、春になれば河津桜ですね。
大きなくすの木を目ざとく見つけた火野さん、さすが。
カワニナを勉強しました。
教材園、素晴らしかったです。

投稿日時:2014年01月18日 14:02 | ももの爺

こんにちわ、いつも大変楽しく見させてもらっています。
今月は故郷静岡の旅ということでワクワク。

伊豆子浦は、家族旅行でよく行ったところ。
柿田川がある清水町は、初めてひとり暮らしした場所
千本松原は、電車賃節約のため自転車で富士の実家を目指し激走した若き私が蘇りました。
富士市は生まれ故郷、富士の裾野で生まれ育った子供は、富士山の絵を書くとき必ず宝永山を描きます。

色々な思い出が湧いてきます。

次回は富士宮、高校の3年間お世話になった青春の地です

期待通りの旅で満足です。

投稿日時:2014年01月18日 13:19 | 猫松

熱海の海岸、20年振りの下田。思い出の地だ、懐かしい嬉しい。正平さん本当に嬉しそう。お手紙の知らない土地を旅する途中に寄れて良かったですね。おばあちゃんが上がった坂、峠の茶屋、水仙、大きな楠、マフラーを巻いた富士山、日本には良いところまだまだありますね。僕は兵庫から出てった事が無いので、後10年元気でいてこころ旅のまねごとでもしたいな。

投稿日時:2014年01月18日 12:27 | はにゅけん

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2021年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

バックナンバー