2012年11月03日 (土)うどんだらけ&丸亀城は石の城


週末版
153日目



「うどん県」に改名する?とかしないとか??の香川県。


やっぱ、うどん。

やっぱりお昼は「さぬきうどん!」ということに(^^♪

 

 

 

 

153日目のランチ。
この日の正平さんのランチ
は・・・

・肉うどん(小)
・トッピング お揚げ、青ネギ、
 天かす(揚げ玉) タップリ(笑)
・おにぎり(追加で)


おなか、空いていたんですね。
で、周りを見てみると・・・

みんな、うどん大盛りだった(ToT)
みんな、うどん大盛りを注文してました(^-^;

やっぱり「うどん県」だけあって、本当にうどんが好きなんですね~と実感したのでした(笑)

 

 

 


そして、となりのお客さんから
「香川の人たちは、最低でも週3回は、うどんを食べる」と聞いて、またビックリ!(ToT)

 

<おまけ>

コーヒーを飲んだお店も・・・
コーヒーを飲みに立ち寄ったお店。
実は、こちらも「うどん屋さん」(笑)

うどんだらけの1日でした
( *^皿^)



週末版
154日目

 

丸亀城
丸亀城は、お手紙に書かれていたとおり、立派な石垣の上にチョコンと天守が乗っかっていました。

 

 

 


 

 

P1070385.JPG
本当に見事な石垣です!

 

 

 

 

 




坂をのぼって、のぼって、、、

いざ、本丸!

天守のある本丸へ!

 

 

 

 





 


おっぱい山も見えました♪のサムネイル画像


本丸からは、正平さんが
「おっぱい山だ!」と叫んだ
飯野山(讃岐富士)も望めました\(^o^)/

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:12:00

応援メッセージ

土曜版、観たよ。
153日目:
他の方も書いていますが、かまやつさんの
「今夜の夜汽車は・・・」、調子が良い歌でした。
ピンクのエプロンのお母さんのミカンの差し入れ。
すばやい応対でしたね。
大きい声で「コーヒーある・・」は印象的。
154日目:
青サギの群れ、凄かったです。
象頭山と金比羅フネ・フネとの関連。
さすが火野さんは博学。
それにしても丸亀城は石垣、石畳の坂で石、石で記憶に残りました。
明日も楽しみにしています。

投稿日時:2012年11月03日 20:52 | ももの爺

コスモスが揺れる向こうを疾走するチャリオ隊を見ては 昨年の山口県を、
セイタカアワダチソウの群生を見ては有明の干潟を思い出しています。
四国は“讃岐うどん”が有名とはいえ これほどとは・・!
しかも正平さんがすするたびに 太くてしこしこした食感がモロに伝わってきて
すぐにでも食べたくなって困ってしまいます。(*_*;

今日は どちらのお手紙も苦しい大変な時期を 思い出の場所によって
どんなに癒され勇気づけられ 現在はお幸せに過ごされているか・・という 
とても感動させられるものでした。
そして 石積式アーチダムもお城の高い石垣も 昔の人の偉大さを痛感しました。

♪こんぴらふねふね~ あの歌詞が「象頭山」だったとは・・!
今まで意味も知らずに歌ってました。
人生ながく生きてるのに まだまだ知らないこといっぱいですね?(^^ゞ

投稿日時:2012年11月03日 17:39 | bouya

きょうのお昼は、讃岐うどん と決めていました。
正平さんの好きな「揚げ」を選んできつねに。ネギは多め、天かす少なめ。うまかったぁ。

丸亀城の石垣は高さ日本一だそうですね。素晴らしい眺めでした。象頭山は、猿払村の象岩に似ていると思いましたよ。

急に寒くなりました。正平さん、スタッフの皆さん、体調に十分気をつけて旅を続けてください。

投稿日時:2012年11月03日 15:47 | きむそん

かまやつさんの「どうにかなるさ……」旅のテーマにぴったりですね。
正平さんの歌で聞きたかったな。
 チームこころ旅の皆さんお疲れさまです。始まりは少し寒かったようですね。
本当に「かわいい♡♡」お城ですね。それでもあれだけの石垣を積むのですから先人たちの力に圧倒されます。
主人と話しました。日本にはいったい、いくつの城があるんだろう??と。
これからネットで調べてみまーす。
それから、「こんぴらふねふね~~~」象頭山の地名が歌詞にあったとは、聞いたことはあっても、あまり深く考えていませんでした。
どう見ても象には???

 明日の小豆島楽しみです。寒霞渓のモミジはまだまだなんでしょうね。
今はどちらかな。広島へ入ったのでしょうか。
正平さんの秋から冬へのファッションも楽しみですね。

投稿日時:2012年11月03日 15:09 | プーママ

ルリ子さんの「瀬戸の花嫁」に続き
♪あてなどないけど、どうにかなるさ~♪
・・・と、かまやつひろしさんの歌
同年代の方達の歌声に乗って讃岐の旅。いいですね~♪~♡
ダムの階段を、若者のようにホイホイ上がる正平さん
後ろ姿は40代、そしておつむは2ヶ月の赤ちゃんとおんなじ。
若かくなり過ぎ~(笑)
丸亀城の殿様に会いに坂を登る正平さん、
これまたチャリオで鍛えた足腰、流石です。
私も丸亀城と同じく下半身が大きい体系になり、今朝届いたダイエットマシーンに座り
正平さんのチャリオ漕ぐお尻に合わせて、私もフリフリ
沖縄に着く頃は、モデル体系になってる事間違いなしです
ps*私も「佐賀のバルーン大会」新聞で見て、1年になるんだ~と思いました
「女泣かせ」じゃなくて、
今じゃ「女が待ち伏せする」正平さんですよ~(◡‿◡*)❤


投稿日時:2012年11月03日 13:05 | 五番街のマリー

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2020年05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索

バックナンバー