2012年04月19日 (木)雨がポツポツ・・・


きょうは、JR渋川駅から輪行です。

@JR渋川駅

 

駅前で、雨がポツポツきはじめました。


※安田カメラマンの
手元に注目!
大事なカメラには、タオルをかけて雨をよけながらの撮影。

 

車窓の風景@JR吾妻線

 

怪しい雲行きですね (-_-)

吾妻線の車窓からの風景。
手前は、さくらでしょうか??
まだ早いかな。

 

 

 

 

長野原草津口駅に到着。
ここから自転車に乗ることに。

長野原草津口駅

みんなカッパを着て、雨ロケ仕様にチェ~ンジ。

山道、気をつけてね。 


(この日の旅のつづきは、4月22日(日) 午前11:00~ の放送です。お楽しみに。) 

 



<おまけ>

かわいいベスト

 

正平さんのベスト。
これはたぶん初登場だと思います。

キャップも、抑えめの色 だったり
胸元のパープルのストールが差し色で効いてますね (^o^)/

(写真が小さくてごめんなさい。
日曜日よ~く見てくださいね!) 

 

投稿者:番組デスク | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

ブログのコメントについて

いろいろなご意見がおありでしょうが、このブログのコメントは
承認制ですよね。
ですので基本的には管理者の方の裁量にまかせましょう。

私は、たまにしかブログをチェックしないので、他の投稿者様に
対するお返事は控えています(話題に乗り遅れてしまうので…)。
それでも、他の方からの反応があると嬉しいものです。
以前、煙草の話題の際に同意して下さった方には、とても感謝しています。

また、この春の旅ではお手紙採用者の方が書き込みをして下さることが
多いですよね。
その方と皆さんのやり取りの中で、こころ旅の裏話も知ることができて、
大変楽しんでおります。

もちろん節度は必要ですが、みんなでこの番組を楽しんでいければ
良いのではないでしょうか。
そしてその節度の判断は、管理者の方にまかせましょう。

投稿日時:2012年04月21日 20:08 | KH

ブログのマナーの話に あまり過剰に反応しない方が いいです。
ご注意された方は違いますが こころ旅ブログの皆さんの対応が 面白いと
これから 何回も 模倣犯が 現れます。
【個人のブログの管理者さま更新の中へ 投稿者同士の議論、ケンカ、中傷など
管理者様の意図しない状態にならない様 マナーとして守りましょう】 なので
1.NHK公式ブログ (個人のブログではない)
2.投稿は管理者の承認を受けてUPされる
以上を理由として こころ旅ブログの皆さんは 無視して下さい。

投稿日時:2012年04月21日 10:25 | みんやー

あっ、わずか車で30分の所を火野さんが走っていたのに
応援にも行けずに残念無念。
Sの私としては、吾妻渓谷を横断するあの新しい高い橋を
火野さんがどんなリアクションで渡るのか楽しみにしていたのですが
その場面もなく、これまた残念無念。
週末版で群馬の「こころ旅」を楽しみます。

投稿日時:2012年04月21日 00:03 | たこ林

川村さまへ
朝いちで書き込みして、すぐ外出しましたので、
夜、川村さまの書き込み見て驚いている1人です
私も結構こちらの方達とおしゃべりしてる1人ですので、
気分を害される方がいらっしゃたという事
反省してます
おしゃべりしすぎたいう感はあります。ごめんなさい

ただ、マナー違反だったとは知りませんでした
ファンクラグが結成されたという事は、こういう場を与えて下さったと
解釈しました

番組とは別に、みなさんのおしゃべりを聞いてると
ここに投稿される、お1人お1人の人生模様が垣間見えて
とっても楽しいひと時を味わっていました
正平さんと「こころ旅」チームのみなさんを中心に
ひとつの輪が出来上がってたように感じましたけど
間違ってたんでしょうか?

でも、お叱りを受けましたので、これからは控えないと・・。
番組の感想だけ書き込み、それを読むだけの掲示板なんて
味気ない掲示板になると思うんですけど・・。
ただ、質問に対してお答えして下さった方には、
お礼のコメントしたいので、それだけはお許し頂けますか?



投稿日時:2012年04月20日 22:38 | 五番街のマリー

川村さま
そのように感じる方もいらっしゃるでしょう。
共通の「好きなもの」についてコメントするうち、
投稿者どうしで長い間に親しみがうまれ、
ついしゃべりすぎたり脱線したりしてしまう。
私も身に覚えがあるので、いささか反省いたしました。

そのうえでひと言、申しあげたいのですが、
ここにコメントをよせる皆様は基本的に「こころ旅」が大好きな、
良識ある善意の人々ばかりといつも感じています。
中傷や誹謗のようなコメントに出会ったことがありません。
(公開されないだけかもしれませんが)

この欄がこれからも楽しいつどいの場であることを願っております。
もちろん「応援メッセージ」という大前提は忘れずに…。

投稿日時:2012年04月20日 21:43 | きじ

坂・坂・雨 やっぱり群馬なんかキライダ…
明日は高崎市…も広うございますから平地じゃないかも…
素朴な疑問。正平さんの雨具は上衣だけですよね? そりゃ濡れる。
入浴はできたけど乾いたパンツはあったのか??
いっしょに入ってたオジサン、80歳、若々しかったですね。
温泉の効能か。(なつかしい川原湯温泉!)
吾妻育ちの私にはまさに故郷の山河。渋川も母校がある町だし。
でも吾妻渓谷が雨でやはり残念。自転車、走りにくかったでしょう
ちなみにわが田舎の小中学校では上毛カルタやりませんでした。
カルタ会は百人一首でした。群馬県人でありながら知ってるのは、
鶴舞う形の群馬県…ほか数枚だけって…

投稿日時:2012年04月19日 20:46 | きじ

火野さんおよびゴレンジャーの皆さん、いまごろ印旛沼の平らな道が恋しいのではないでしょうか?いつでも戻っておいで~。(番組成立しませんね)

さて、昨日(18日水曜)の読売新聞テレビ・ラジオ欄の「放送塔」という視聴者の投稿欄に、『こころ旅』を評価する投稿がありました。毎朝楽しみにしている、という内容でした。
あの欄は、同様の投稿がある場合は「同様〇通」と掲載されるのですが、今回は「同様4通」。これってBSにしては多いと思います。かなり好評と考えていいのでは?まあ、このブログを見ていれば好評なのは火を見るよりも明らかですがね。

投稿日時:2012年04月19日 19:18 | なおたん

こんにちは。初めて書き込みさせていただきます。
撮影の裏側がちらりとのぞけるこちらの更新を、毎回楽しみにしております。
さて、応援メッセージという趣旨からは脱線してしまいますが、
少々場をお借りして苦言を呈させてください。
ブログのコメント欄において、投稿者同士のやり取りというのは本来マナー違反だと思うのですが、
こちらでは掲示板のそれであるが如く、常連の方々の交流の場と化している面があり、拝見していて正直あまり快いものではありません。
利用者それぞれが良識を持って利用することが最も大切なことですが、
やはりうっかりということもありますので、
こちらの管理をされている方に何らかの対応をお願いできませんでしょうか。
以上の私の文に不快を覚えた方にはお詫び申しあげます。
不適当な投稿である場合にはどうぞ削除してください。
大変失礼いたしました。

投稿日時:2012年04月19日 19:11 | 川村

人さまざまに思い出の場所があり、その場所に対する思いもまた色々…
別れを決意されたところは、再生の原点でもあったわけですね。

正平さん、スタッフの皆さん、雨の中ご苦労様でした。
気持ち良さそうに温泉につかってた正平さん、あの後また雨の中を走って、湯冷めしなかったか心配してしまいました。

でも雨の日は、私が気に入っている左右色違いの長靴が見られるのでちょっと楽しみなんです…

投稿日時:2012年04月19日 19:03 | まうと

今朝も昼も見てないので これからの二回目の再放送に放送が楽しみです。
このページを見てから 放送を見るってのもありかも !

投稿日時:2012年04月19日 18:15 | エヌ・ゼット

雨のロケ。替えのパンツは誰が持っているのかな。湯冷めしなかったかしら。それにしても、正平さんの、山道かけていく後姿が最後に映って。何故逃げたの?どうしたわけ?んんん??
今夜も、もう一度見るけど、不完全燃焼。
土日を楽しみに、明日も仕事頑張ろう、、、。

投稿日時:2012年04月19日 18:07 | モモンガ

「離婚を決意させた情景」。
お手紙を読み終えて「俺達どう言う気持ちでいれば良いの?」って
火野さん。
でも、お手紙に「再生の原点」って言葉があったじゃありませんか!
新しい人生のスタートを決意させた情景だと思っていれば良いと思いました。

雨の中、大変でしたね。お疲れ様でした。
久し振りのレインコートと、赤と黒の左右チグハグな長靴。
川原温泉で気持ち良さそうな、火野さんの笑顔が見れて嬉しかったです。
今日は、BGM、こころ旅のメローなピアノバージョンが聴けました。
主だったコメントは改めて日曜に!(笑)。

みよちゃんさん>
お切込み、是非、食べてみたいで~す!!


4/17発売の
「自転車人2012春号 No.027」と言う雑誌(山と渓谷社)の
表紙が、チャリオを背景にした火野さんで、
火野さんのインタビュー記事も載っているとの事です!!

投稿日時:2012年04月19日 17:53 | たーこ

ももの爺さん

昨日の放送のことですが・・・
確かに、「火野はどんな事をしても」って
誰が言ったのか、私も気になるところでした。
でもそれは番組の責任者(誰?やはり監督さん?)からの
指令に違いないですから・・・

でも、今日の放送を見て少し納得です。
ちゃんと楽なコースを考えてくれてました。
路面のはね返りで正平さんのお尻が濡れたのは計算違いでしたけどね。

投稿日時:2012年04月19日 15:58 | ともこ

続きです。
日曜日には予定があって見られないし、メールも出来ないので
無理矢理押し込みます。お許しあれ。


前二日の登り坂の「慰労」でしょうか?
いや、あの場所だったら自然の成り行きかも知れませんが
「上まで登ってそこから下る」コースを考えて下さったスタッフの皆さん、
有り難うございます。
(私が出しゃばってお礼を言うことか?と思いつつ)


☆みよちゃんさん
「上毛カルタ」の紹介有り難うございました。
何しろ私は
「群馬県の小学生は全員憶えさせられる」
ということと
「鶴舞う形の群馬県」
しか知らなかったものですから。

投稿日時:2012年04月19日 14:59 | ともこ

「離婚の決心を後押ししてくれた風景」
ということで、私も「コケッ」となりそうになりましたが、
考えてみれば、
「前に進む」という意味で、結婚も離婚も変わりはありませんね。
離婚の方が大変だから、より大きい決心かも。


川原湯温泉は、私が小学5年の時
初めて泊まりがけで行った家族旅行の行き先でした。
古い木造の旅館に泊まったこと、
旅館の裏手には、裏山との間に自家菜園のような畑があって
そこを鶏が走り回っていたこと、今になって思い出しました。
普段は「あそこには泊まったことがある」と憶えていただけなのに。


あの吾妻渓谷沿いの道は何回も通ったことがあります。
電車でも何回か行っています。
ただ、今思い出して切ないのは、
大学を卒業してすぐの頃だったでしょうか
車であの道を登っていたとき、川原湯温泉の入り口で
(そう、「ありがとうございました」と書かれたあのゲートのところです)
「川原湯温泉へようこそ」と書かれたゲートと
「ダム建設絶対反対!」と書かれた看板が並んでいたことです。
当時は「八ッ場ダム」という名前も知りませんし、
詳しいことも知りませんから
何となく「へーぇ」と思うだけで通り過ぎていました。

その頃からでも30数年です。
地元の方は、その間大変な葛藤の中におられたのでしょうね。
10年ほど前に行った時には、もう工事が始まっていて
「この渓谷もなくなってしまうのか」という感慨と共に
写真を撮ってきた覚えがあります。

このブログは政治的な意見を言う場ではありませんが、
ダムのことは地元の方が望む形で解決されるのが一番いいと思います。
ニュース等では、地元の方々の大半は
「ダムを造って前に進む」決心(涙の決心ですよ、きっと)を
されているように受け取っています。
でも、あの紅葉の吾妻渓谷の
かなりの部分が水没してしまうのは残念としか言えません。

投稿日時:2012年04月19日 14:54 | ともこ

★みよちゃんさんへ
ありがとうございます。あれが有名な谷川岳ですか
もっと長時間見たいでした。
私は自他共に認める雨女で、
長野への旅でも一番楽しみにしてた、立山連峰が見れず
スイスのアルプスでの山々も、霧に隠れて見えませんでした
「もう1回行けば~」なんて云われても、我が家の経済じゃね~
★ウミウシになりたいさんへ
>最近ハマってる時代小説を読んでいて「こころ旅」で訪れた地名が出てくると
←私も地図で渋川という地名を見つけた時、
松本清張の作品(作品名が思い出せない)の中に「しぶかわ村」という
名前が出て来たのを思い出しました
今は渋川市になってるんですね

遠い所の山々が「こころ旅」のお陰で、正平さんと一緒に旅して見れる
本当に有り難い番組です
正平さんは晴れ男みたいで、不思議と夕日が顔を出すんですよね☆
 "├♪〆(・・ )♪・ナンナンダブツ
そうそう、
真っ赤に燃えたぎった夕日が海に沈む瞬間、なんと発してるか知ってます?
<ジュッ>という音を発するんですよ
そう、熱く熱した鍋を水の中に沈めた時に、< ジュッ>というでしょう
あれと同じです。< ジュッ>とね(笑)


投稿日時:2012年04月19日 12:41 | 五番街のマリー

渋川駅も綺麗になりましたね、懐かしいです。
川原湯温泉駅近くの食事処は「ふる里」という名前ではなかったかしら?
今は雑穀入りご飯は珍しくありませんが、20数年前に「きび」入りご飯というものを初めて食べたのが此処でした。
小さなきびでほのかに黄色いご飯とうどんのセットは見た目にも楽しく美味しかったです。正平さんにも食べてもらいたかったなぁ。

吾妻渓谷の紅葉は岩肌と川の流れのコントラストが素晴らしくとても綺麗です、本当にダムの底に沈んでしまうのでしょうか?

90日目の朝、鍋割山をバックに手紙を読んでいたお花がいっぱいの草原は、馬事公苑ですね。
ここでお馬さんに乗ったのかな?土日の放送が楽しみです。

明日は高崎だからきっと平坦な道ばかりだと祈る気持ちです、正平さん群馬を嫌いにならないで!

投稿日時:2012年04月19日 12:28 | かめ子

火野さん、スタッフさん、お疲れ様です。

此の日のお手紙は何時もと違い「離婚を決意させてくれた情景」!火野さんならずとも“エッ?”火野さんも私も、とたんに興味津々・・(って不謹慎ですが・・“他人の不幸は蜜の味”の積りじゃないです)通常は前向きの次第か・・乃至は“古き良き想い出”ですから・・はっきり言って皆さんの“想い出の場所”が羨ましくて仕方なかった・・何も無い己は人で無し?感受性の欠如・・?

処で「吾妻渓谷~川原湯温泉」へのチャリオ旅は雨中でさぞ寒かったでしょう。該当渓谷に程近い“露天温泉”入浴は一瞬だけでも救われた事でしょう。スタッフさんも入ればいいのに・・と思ったのは私だけ?日本人って変な処で躊躇うし、遠慮するのはどーかと想いますがねぇ。

ダムに沈む地域の広大さは並みじゃない地形で想像出来ます。枯れ葉が降り積んだ道は人気無く、雨が寂寥感を増幅させて“ダムはホント?”また計画倒れ?の不審感も湧きましたよ。

離婚されて二人の息子さんと来られた温泉で、篠田さんは様々な感慨に・・そしてご決意の場所は勇気を呉れる場所とか・・お幸せを祈りますね。

火野さん、皆さんお風邪をひかない様に・・

投稿日時:2012年04月19日 12:16 | saeko

チームこころ旅の皆様

雨の中お疲れ様でした。
草津温泉・四万温泉には定宿があり、5年前までは毎年行っていました。
長野原の駅がなつかしくてウルウル。
バスターミナルの横のお焼き屋さんの「シメジおやき」がおいしいんですよ。
群馬の人が恐縮してらっしゃいましたが、今日は吾妻渓谷の下り坂。
雨でなかったらきれいな新緑や桜を楽しまれたでしょうに……。

川原湯温泉には工事が始まる数年前に行きました。
老夫婦二人で切りもりするひなびた湯宿で、晩御飯は「田舎の宴会」風。
エビフライにポテトサラダ、アユの甘露煮に山菜の天ぷら、ちょっと乾いたお刺身とこんにゃくの煮つけ、野菜の煮物、焼き魚、酢の物、味噌味の小鍋、バナナとみかん、羊羹と饅頭などが3台の足つき御膳に並んで、とても食べきれませんでした。
「もうちょっと後で着たら、お湯かけ祭りが見られたのに」とおじいちゃんが名残惜しそうに見送ってくれました。

そのころはどこも削られてなくて、紅葉した木々が茂る山間のきれいな空気をたっぷり吸って、リフレッシュできました。
今日の映像を見て、心が痛みました。
昔見た風景が消えていくのは、思い出だけでなく心も削り取られていくような気がしますね。

辛いけれど、今日は良いものを見せていただきました。
ありがとうございます。

投稿日時:2012年04月19日 11:24 | doracat

お早うございます。春の旅スタートで初めての雨のロケでしたね。私も四万温泉のほうを歩いてきたことがあります。温泉旅行が離婚の決断になったというお手紙でしたが、それなりの事情があったのでしょうか?休憩したお店は無くなっていたようで、月日の流れを改めて感じせていただいた場面でした。別件ですが安田さんのカメラを大事しおの撮影写真、さすがプロですね!当然ですか?チャリオ君綺麗になりましたか?この2日間番組中途半端に終わっているので、週末が楽しみです。昼間は仕事なので録画して、夜でもゆっくり見ます。ア‼そうそうCD買いました。オリジナルサウンドトラック、聞いていると正平さんが走っている風を感じます。ではまた応援メーセージ書きます。風邪ひかないように、お風呂は湯冷めしますよ‼

投稿日時:2012年04月19日 11:21 | デファイ3おじさん

つづき
放送が終わると同時に、このツアーに一緒に行った姉
(モモママさんと、ももの爺さんを夫婦に間違えた犯人です)
から「見た!見た~!」と電話ありました
朝から二人で興奮しまくりでした
朝からしんみりしたり、興奮したり・・。
あ~!、早く日曜日のつづきが見たいなぁ~


投稿日時:2012年04月19日 10:49 | 五番街のマリー

まぁ~! 今朝の放送みてびっくりしました
エエェェェ(●'Д'●)ェェェエエ
以前正平さんに「八ッ場ダムに行ってくれないかな~」
と独り言的なコメントしたからです
みんやーさんが「マリーさんの云ってた所いくかもよ」
とコメント下さり、ズバリ当たってしまいましたね(笑)
こんなにテンション上がったのは、
地元に正平さんがいらっしゃった以来です

私たち4人は、毎年「ミステリーツアー」なるものに参加してます
行く先は分からず、空港で初めて羽田行きの飛行機と知らされ
羽田から高速道走ってると分岐点へ
「さぁ~これを右に行くとOO,左にいくとOO
運転手さんはどっちにいくんでしょうね~」
・・なんて、ガイドさんが悪戯っぽく云います
ツアー客は地図片手にルート探したり、「ここは何処?」なんて
ピーチク・パーチク
そして、
ちょうど2年前に参加した時、通過したのが
この「八ッ場ダム建設現場」でした
あの時バスの窓から首が痛くなる程見上げたのが、工事中の橋脚でした
今朝の画面にも映し出されましたね
その橋脚のあまりの大きさに、圧倒したものでした
客席から「オーすごいね~」という声が漏れた程でした
そしてミステリーツアー1日目に着いた所が、草津温泉でしたので、
「八ッ場ダム建設現場」は私達にとっては、ほんの通過点としての風景でしたけど、
お手紙の優子さんにとっては、
人生の分かれ道を決られた風景だったのですね
同じ風景を見ても人生色々だなぁ~と、ちょっとしんみりしました
つづく

投稿日時:2012年04月19日 10:48 | 五番街のマリー

今日は吾妻渓谷
TVで問題になった場所ですね。
あいにくの雨でしたが、連日の坂道に比べれば、坂が無いだけ良かったのでは。
正平さんに群馬が嫌いになられては困るので・・・
温泉にも浸かり少しは楽しめましたか?
お手紙の方もこの景色で吹っ切れたご様子。
紅葉の季節ではとても見ごたえがあります。
<耶馬溪しのぶ吾妻峡>と上毛カルタで歌われています。
{群馬の名所や人物を載せたカルタです。小学生は全ての人がカルタ大会があるので、覚えますよ}

正平さんのベストやっぱり初めて着用したのですね。
ダメージのパーカーとの色合いがgoodです。

昨日の放送で、色々な方々の励まし有難うございました。
何度見直しても正平さんは苦しそうで、本当に申し訳ない気持ちです。

★五番外のマリーさん
画面で見える山は谷川岳です。冬の晴れた日は新潟の方の山々まで真っ白で綺麗ですよ。
関越の高速からも見えます。

★た~こさん
お切込みとは群馬の郷土料理です。
色々な野菜を入れた汁に、直接打ちたてのうどんを入れて煮ます。
山梨ではかぼちゃを入れますが、群馬では、いえ我が家では入れませんでした。
ごぼうや大根、葱の風味と煮干ダシが効いて美味しかったですよ。

投稿日時:2012年04月19日 10:25 | みよちゃん

最近ハマってる時代小説を読んでいて「こころ旅」で訪れた地名が出てくると、オォー!!っと思わず唸っしまいます。

見沼の通船掘、赤城おろし、日光街道、壬生の城下町などなど・・これから訪れるであろう土地の名前も発見してなにやら得した気分、

この辺はまだ昔の面影が残ってるんですねー。

一度だけ自転車を降りて、火野さんに江戸時代の旅装束で中山道を歩くシーンも撮ってみたらどうでしょう??

あるいは馬で疾走するのも有り??

投稿日時:2012年04月19日 10:07 | ウミウシになりたい

"俺達、どんな気持ちで行きゃいいの”と正平さんにそう言わせた
本日のお便り。

この前は、『失恋』のお便りに敬服したのに今回はなんと『離婚』を
決意させた、こころに残る風景。

強い女性の登場に正平さんも思わずお便りを紹介しながら
一瞬腰を落とす仕草、面白くもあり投稿者さんの”勇気”に感心
しながら、見いてしまったところが例のあの場所”八ッ場ダム”

雄大な場所にふさわしい豪快なこころの持ち主に
正平さんならではのコメントを楽しみに土日の拡大版への
楽しみをいただきました。

正平さんの〆の言葉を楽しみに

投稿日時:2012年04月19日 09:21 | 白髪の凡人

91日目の旅、見たよ。
かなり(かな)深刻な話に火野さん、お手紙朗読中にこけました。
俺たちはどういう気持ちで行ったらいいの。
そうですよね。
それも雨での投稿者さんの再生の原点探訪では。
チャリオ君の洗車が出来たり、パンツも濡れて、ええ感じに
なれたのは良かったですが。
温泉入浴、80歳のおじいさんでなく、火野さんが
好きな若い女性と一緒に入れたら絵になったのに。
最後に高い橋の上で終ったようで、
早々に退却する火野さんの姿の続きは週末版を楽しみにしています。
番組とは関係ありませんが、八ツ場ダムの政府の方向付け
早く、決着させて欲しいものです(私の現認識は棚上げ状態?)

投稿日時:2012年04月19日 09:18 | ももの爺

91日目 吾妻渓谷 観ました
メガネのチネが透明に変わる お手紙を読む「これは八ッ場だ」と正平さん 離婚話で
読んだ後 「この景色を訪ねて行くけど 俺達はどういう気持ちで いればいいの?」
渋川駅~長野原草津口駅を輪行 「じゃぁ 雨の中いきます~」「ハ~イ」「ハ~イ」
【やんば館】で「お尻が濡れた」「泥除けが曲がっていたのでパンツまで」と前から
気にしていたチャリオ君の泥除けの話 取付いていました。
「デッケーの(ダンプ)が来てる 早く イッチャオー」と 高めの橋を急いで渡る
川原湯温泉 ひさしぶりの入浴シーン 
写真の場所の確認 休憩場所の建物が昔有ったか 地元の方に聞く 
もう一枚の写真の場所へ「ほらこれだ」渓谷の高さに気がつき「エライことだ」
と言い 逃走し始めました。
 本日は 雨でしたが 上り坂道が少なく 良かったです。 

投稿日時:2012年04月19日 09:00 | みんやー

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2021年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

バックナンバー