2021年12月16日 (木)【鹿児島】敵か味方か きょうの風



吹上浜からスタート
ロケの日の南さつま市は
大変な強風でした。
吹上浜は、その名の通り
海からの強風が吹き上げて
いました。




あまりの強風で・・・
あまりの強風で
お手紙をロケ車の陰で
読みました。

 

 

 

 


過酷なルートに・・・
角をひとつ曲がるたびに
追い風~横風~向かい風~
になる過酷なルート。
向かい風の中
「ペダルを踏んでも進まねぇ」と
休む正平さん。

 

 

 

鹿児島でも田の神登場
道すがら出会った「田の神」は
280年以上前から、この地の
田んぼを見守ってきた
“田のかんさー”

 

 

 

 

 

ランチは、家庭料理
この日のランチは
古民家カフェで、
おかみさん手作りの家庭料理を
いただきました。

 

 

 


<今夜7時のとうちゃこ版><今夜7時のとうちゃこ版>
あったか!手作り郷土料理をいただいて、
1月7日にお母さんとお参りした南方神社へ・・・。
お見逃しなく!!

 

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

鹿児島県の3日目は、南さつま市。
齋藤いづみさんの風景は、「南方神社」。
おとぎ話のような…幼い日の一夜のお話でした。

1月7日の、寒い朝。
まだ明けぬうちに晴れ着を着せられ、緊張したお母様とともに、お参りに出かけるいづみさん。
きのうのことのように、よみがえってくるお手紙でした。

むかしから、「七歳までは神の内」とも言われます。
7歳まで生きられるかは、神様のお心しだい。
いつ神様の元に連れ去られても、不思議ではない時代。

とうちゃこした「みなんかた神社」。
吹き荒れる風に、杉の枯れ枝が降ってきます。
2つ並んだ鳥居は、霊感を刺激しますネ。

《その帰り母の実家に立ち寄ると、祖母が温かいお茶と七草粥を準備して待っていました》
ランチで迎えてくれた、古民家カフェでの温かいお膳とお味噌汁。
その夜のお母様の安堵が、正平さんのホッとしたお顔に再現されていました。

投稿日時:2021年12月19日 16:49 | 川崎ジンジャーエール

正平さん、スタッフの皆さん強風の中ご苦労さん!!南方神社、鳥居が二つ、ほんと珍しいですね!どうして二つあるのか不思議です。地域によって、いろんな風習があるのですね。

投稿日時:2021年12月19日 16:31 | チェスさんのママ

珍しいね~神社に二つも鳥居あるなんて「お値段以上」だわ・・・はよ誰かツッコミ入れてくれ~正平さんなら即ツッコミ入れてくれるのに・・・

投稿日時:2021年12月19日 11:48 | ぷよぷよ

マイクをも振わせるゴォーッという風の中、南方神社への旅、本当にお疲れ様でした。チャリ隊の皆さんがフェイスマスクをギューと上げて、メガネも装着して、可能な限りの防御をしてらした事で、風の暴れっぷりがよくわかりました。
ご紹介の神社は、鳥居が横に二つ並んで、珍しいですね。ひっそりと静かな神様は、1月7日詣りの子どもたちをしっかりと見守ってくださった、地域の大切な社ですね。お便りと神社の映像とをあわせてみると、30歳そこそこだったお母さんの、心細かった様子や、その後傘を大事に使っておられてエピソードに、願いや思いが伝わってくるようでした。

投稿日時:2021年12月17日 09:37 | pon

吹上浜出発して、お舟がとても低く、干潮だったのですね。齋藤監督さんの右に左に。気持ちが↑↓でしたね。正平さん!!強風の中お疲れさまでした!
ずーっと強風の音が入っていて音声さん泣かせの1日でした。とうちゃこの"南方神社"
歴史がありそうな神社ですね。七草に七五三とは
土地ながらの風習ですね。初めて知りました。
後、1週で秋の旅終わり。しっかりと観ていきますよ

投稿日時:2021年12月17日 09:35 | マンチカン

冬にとうとうつかまった!?もこもこ厚着の正平さん。動きにくくて自転車も大変そう!
私の離島にも七草あります!ここではナンカンジョセといい、数え7つの子供が晴れ着を着て知り合い親戚方をまわり、ご祝儀とお椀一杯の七草粥をもらいます。7軒分お鍋に集めてその子に食べさせるのです。
七草、七つ、七軒とスリーセブンの縁起のよい風習です笑。


投稿日時:2021年12月17日 08:15 | おかか

「正平さん、スタッフのみなさん、おはようございます」
木曜日とうちゃこ版、見ました。
強風との闘いの一日。気の毒になるような、向かい風。「いいお知らせ」と「悪いお知らせ」が、交互に、、、でも、向かい風の方が断然多くて。
「風にも負けず」、頑張られましたね?正平さんもスタッフのみなさんも。(拍手)
とうちゃこ地点の神社は、「にほん昔話」に出てきそうな、、、子供の成長を祝う「七草詣り」という行事とともに、地域に根付いているところなんですね?ランチタイムは、少しほっこりしました。
さて、今日は、いずこへ。

投稿日時:2021年12月17日 05:41 | REIKO

いいお知らせです 残念なお知らせです 齋藤監督でしたか。
風のすごさで正平さんが飛んでいく~~~。

昼食のお店がほっこりしました。お母さんの言葉に南九州なまりを感じます。

投稿日時:2021年12月17日 05:21 | るる☆

南方神社の2つの鳥居、不思議ですね。
1つは今の自分がくぐり、もう1つは、過去世の自分とか守護霊さんとか、
目に見えない存在がくぐるのでしょうか。
今の自分は、色んな存在に守られながら生かされているのでしょうね。
いづみさんがお元気で7つになられるまでの色んな思い出が、
お母様の涙腺を弛ませたのかもしれませんね。

強風に抗いながらの走行、上り坂とは又違う筋肉を使われたのでしょうか。
しっかり体調を整えられて、ラストスパート頑張って下さいp(^^)q

投稿日時:2021年12月17日 00:05 | 60代の秀ちゃん

こんばんは。いつも楽しく拝見しています。
今日の吹上浜から金峰町、懐かしい故郷の山や海を観ることができました。地元は南さつま、七草のエピソードも「そうそう」(ですです)と、つぶやきながら聞いていました。最近、「焼酎神社」で沸騰している南さつま市の竹屋神社は、近所の子供たちと駆け回った私たちの庭でした。
これからも、全国津々浦々、爽やかな風を(大変な強風でしたけど)届けてください。楽しみにしています。

投稿日時:2021年12月16日 22:13 | さくら

三日目薩摩の旅、強風の中、正ちゃんを始めクルーの頑張りにエールを贈ります!監督さんの『イヤじゃなくて!』・『良いお知らせです』・『残念なお知らせが有ります!』と云う非情な指示には、最後に正ちゃんの悲痛な(?!)叫びが出ました。・・・【バカヤロー!】と。同情をしつつも笑っちゃいました。
何度も繰り返し見ながらネ。風は大敵ですからネ~。
【七草祝い】は薩摩の風習との事、知らなかったです!七五三の祝いを兼ねているとかの話に、そ~なんだと納得しましたが、珍しいですよね。
南方神社の二つの鳥居も又珍しいですよ。初めて見ました。ひょっとして、薩摩という土地柄を考えると、男鳥居と女鳥居と分けて使っていたのかな?なんて想像をたくましくしています。
明日は薩摩路最終です。皆ガンバレ~!!

投稿日時:2021年12月16日 21:31 | 宇即斎

まあ、本当にお疲れ様でした。明日は吹きませんように、南方神社の神様。
正平さんと齋藤さんのやり取り、いつみても実に面白いですよね。こちらまで愉しくなります。
ミシミシ言ったのも、二つの鳥居もどうしてなのか謎だらけ、それもまた良いのかも。
お掃除してくださる方大変ですね、杉の葉絨毯。

投稿日時:2021年12月16日 20:44 | ちいちゃん

1058日目の旅、観たよ。
「南方神社」
吹上浜へは399日目と596日目の旅で
行っていたのをブログで確認しました。
当時の旅の田のかんさーも懐かしいです。
いい知らせ、残念な知らせの風向き会話
可笑しかったです。
食事で甘いと言った料理は何だったかな。
ミシッミシッと揺れそうな雰囲気の神社に観えました。
1月7日には七草祝いをする風習を知りました。

投稿日時:2021年12月16日 20:39 | ももの爺

鹿児島3日目 吹上浜から南方神社へ
カーッ!今そんなこと言うてる場合ちゃいまんねん(正平さん、照れ隠しですか?)
280年の時を越え"田のかんさー"がいらっしゃいました。すごい風、悪いお知らせにバカヤロー!と俺も言いたい(笑) 最初は楽でした。「イヤダ」正平さん、「イヤダじゃなくて・・・」(笑)監督さん。動かないのは笑うしかないですね。(笑)
風を一番受ける正平さん。♪ちょうどいい が最高でした。お昼はフルコース。お姉さんに聞いてひとつの謎は解決。神社までのゆるやかな上り。鳥居がふたつ、不思議。かわいいお宮さんでした。なんかなつかしい、たたずまいに感動しました。いづみさんのお陰で郷愁を味あわせて頂きました。どうもありがとうございました。

投稿日時:2021年12月16日 20:33 | あにき

今日は「こころ旅」にとって海と、嵐の日でしたね!正平さんの頑張りに身が詰まりました。それでも道中の「おい、おいで」の家庭の雰囲気たっぷりのお食事処、陽気なさつまおごじょの女将さんの盛られたご馳走に心も温かくなられたようです。オアシスのように思いました。ホッとしました❣とうちゃこ地点の,神社の2つ並んだ鳥居、横のソテツ、南国らしいな!と正平さんも言っておられましたね。冬を迎える境内の杉並木の落ち葉(小生の小さい頃杉の落ち葉が油があり囲炉裏の焚き付けにしたのをふと思い出しました。)奥の何とも幽玄な神殿、不思議なことがあるようですね。御伽草子ですね。今日も感動頂きました。有難う御座いました。正平さんこころ旅の皆さんのご安全を祈っています。

投稿日時:2021年12月16日 20:30 | 江尻 衛

お店の名前も迎えられたお店の方のあったかさに心が溶けそうです。
神社の屋根や参道一帯に落ちている大量の杉の枯れ葉。
凄すぎる風の中、正平さんこころ旅チームの皆様が、悪と闘うヒーローに見えてしかたありませんでした。

投稿日時:2021年12月16日 20:13 | kimiちゃん

南方神社、30そこそこで子供の手前頑張ったお母さまの、当時の気持ちが痛いほどにわかる年齢にいつしか私もなりました。追い風、向かい風、まさに人生で向き合う坂そのもですね。

投稿日時:2021年12月16日 19:49 | きばらん海

えらい強風、ほんまにお疲れさんでした m(._.)m
神社の建物も、御祭神が神風で揺らさはった?

投稿日時:2021年12月16日 19:48 | チャリンコチエコ

こころ旅でおなじみの吹上浜。
鹿児島の東シナ海側をほぼ占めている長さにびっくりです。
毎回、強風ですよね。

おいでおいでの古民家食堂。至って和風なメニューが最高です。

今日もとうちゃこ地点は神社。神社には人の琴線にふれる要素があるんでしょうね。

投稿日時:2021年12月16日 19:28 | タケヒロシ

毎回、見ています。
来年も走って下さい。面白いです。
また、泣かすなよ。
お願いします。走って!。チャリ男君といっしょに

投稿日時:2021年12月16日 18:57 | ゆみこ

こんばんは!!きょうの風はすごいですね!正平さん吹き飛ばされそう、向かい風で、ペダルを踏むのも一苦労!!正平さん、スタッフの皆さんが風邪を引かないか心配になります。あったかい郷土料理を食べて、無理せず進んで下さい!とうちゃこ版楽しみにしています。

投稿日時:2021年12月16日 18:29 | チェスさんのママ

こんにちは‼「こころ旅」観ていて何時も感動しています。
名所旧跡ももちろんよいのですが、「こころ旅」は有名でなくても,ひっそりと佇んでいる小さな神社、道中の石仏、素朴な小さな自然の風景などを訪ねて下さるのが小生には見どころです。楽しみにしています。

投稿日時:2021年12月16日 14:58 | 江尻 衛

正平さんこころ旅の皆さんこんにちは!
今日は南方神社を目指す旅、強風の中走られる72歳の正平さん、身を削られる様な奮闘ぶり頭が下がります。道中の「宮崎田の神様』の石仏様を見て正平さん気が安らいだでしょうかね。郷土料理にも美味しそうスタミナつけてとうちゃこされるように願っています。今日のお手紙、小さな宮でのお母さんとのこと、一生齋藤さんの心に残る思い出(宝物)ですね!微笑ましく拝見ししました。

投稿日時:2021年12月16日 13:03 | 江尻 衛

今日は。こころ旅のスタッフの皆様。先日岐阜県美濃市の料亭に行ってきました。そこは今年の岐阜県の旅で美濃市で昼食をとられた所です。観光で美濃市に行って見つけました。コロナで外出がままならず、この12月にやっと行けました。入り口にはいつものファイルやパンフレットが置いてありました。料理をいただいた後、テレビを見て来たんですと話したところ、放映の後たくさんの電話や問い合わせがあり、コロナで厳しい中で嬉しい出来事だったと話されました。いいお顔でした。この番組が期せずして小さな街起こしになってるなと感じました。正平さん始め一緒に走ったり企画したりスタッフの皆さんの温かさが長寿番組の秘訣であることは確かで、だから私も毎日楽しみにしているのですが、こんなありがたい一面もあったと知ってお礼申し上げたくメールしました。これからも楽しみにしています。細くても長~く続くことを願ってます。

投稿日時:2021年12月16日 12:49 | たまちゃん

強風吹き荒れる吹上浜からの朝版、拝見しました。それにしても、凄い風でしたね。海からの風に押され、内股で画面に向かって走って来る正平さんが、お茶目で可愛らしかったので、思わず笑ってしまいました。晴天ならば、広々とした田園風景にホッコリ出来そうな良い場所ですが、右に行こうが、左に行こうが風また風、そして時々の坂…。皆さん大変そうでしたね。御苦労様でした。途中で出会った田の神様に「今日は寒いよね…」優しい言葉をかける正平さんに心が和みました。こんな日は、温かいご馳走が身にしみますね。お食事も、南方神社さんも気になります。とうちゃこ版楽しみにしています。

投稿日時:2021年12月16日 12:28 | 月のうさぎ

皆さんが風に四苦八苦したこの道は、帰省した時に良く通る道です。
宮崎の田のかんさぁは、まさしく義母の実家近く。
思わず、わぁ!と声が出てしまいました。
今は亡き義父が薩南病院に入院していた頃、義母は吹上町から加世田までこの田んぼ道(南薩鉄道跡)を自転車で往復していました。
その時既に70代。離れて住む私たちは送迎もできず、せめてと「所々坂もあるし電動自転車買おうか?」と持ちかけましたが、「立ちこぎすれば大丈夫だからよかのよ」と明るく返す元気だった母。その母も85になり今は施設暮らしになりました。
このエピソードを投稿しようかと思っていましたが、他の方の投稿でこの景色の中走ってもらえて嬉しいです。
夜のとうちゃこ版楽しみにしています。
吹きっさらしの風の中、お疲れ様でした。

投稿日時:2021年12月16日 11:05 | 松ぼっくり

きゃぁぁ〜ひょえ〜。正平さんが軽々と風で飛ばされているぅ。吹上浜の下からゴォゴォと吹き上げてくる風の威力!恐るべし!ですね。
お手紙は正月7日の出来事、それもまだ真っ暗な早朝に着物でお参りしたんですね。初詣なら夜中〜朝も人がいるでしょうけど、小さな神社に母と子二人。そりゃあ怖かっただろうなぁ、ちょっと不思議な感じがしました。
距離は短めでも容赦ない向かい風、齋藤監督のいい知らせです!もすぐ残念なお知らせに。バカヤロウ〜が風にのってエコーかかっている(笑)
ポツンと田のかんさぁも風に耐えている。温かいランチが救世主。南方神社はどんな所でしょうか?とうちゃこで拝見いたしますね。

投稿日時:2021年12月16日 11:01 | ゆきぱん

吹上浜。
凄いです。
強風!
吹上浜限定の風かと思いましたが、違いました。
あまりの風の凄さに、正平さんのコートが大きく膨らむようすに、拝見しながらつい手に力が入ります。
優しいお姿の田のかんさぁに救われます。
おさめて下さい。この風を。

投稿日時:2021年12月16日 10:41 | kimiちゃん

吹上浜、というより吹きまくり浜の様相、前回も風がきつく、草むらへ退去でしたものね。
左へ「イヤだ」「イヤだじゃなくて」真っ向から⇉風横風背中を押される風もつかの間又もや向かい風、田のカンサー様お助けを唸りまくりの樹にシュロが大暴れ。正平さんのひいふう、ひいふう、ひっとつも進みません。Bカメも今日の待機はきつかったですよね。「あーーえら」の正平さんの心の声が。入った食事処はほっかほか、天国。
ミシミシとなったのはさてなんでしょう。
風の鞭がびっしびし、監督さんの愛の鞭もびっしびし。

投稿日時:2021年12月16日 09:50 | ちいちゃん

吹上浜 行ったことがありませんが(^-^;
こころ旅で すっかりおなじみの場所になりました。
風が強いイメージがありましたが
特に 今日はすごかったですね(*_*)
見ている私も 風に向かっている気分になって
思わず肩に力が入ります。
背中を押してくれる風。横から攻撃してくる風。
そして向かい風。。。同じ風でも全く違う。。。
こういうこと 日々の暮らしの中でもあるよね。
そんなことを考えます。

古民家のランチ 美味しそうでした。
あったかさがうれしい季節になりました。
秋の旅も もう終盤。
とうちゃこ 楽しみにしています(^^)/

投稿日時:2021年12月16日 09:12 | norinorimiffy

 南さつま市の吹上浜から出発、風で波が吹き上げる中で足で探りながら貝採り?している人がいましたが、車を風よけにしてお手紙読みされていた正平さんは寒そうでした。
 出発したときは風が背中を押してくれて楽に走行されていましたが、万之瀬川の橋を渡ったときから、向かい風が吹いて走行がつらそうで齋藤監督さんからの「残念なお知らせです、左です。」の道案内で一層風の吹き付けが強くなって正平さんは大変そうでした。監督さんの「仕込み」も風には通じなかったようですね。「ゴーゴー」と風の音が聞こえました。
 いづみさんがお母さんと一緒に小学校に上がる前の1月7日にお参りに行った南方神社、どんなところか見てみたいです。温かい手作りの郷土料理も楽しみです。

投稿日時:2021年12月16日 09:08 | ココア

正平さん スタッフの皆さん チャリオ君 おはようございます。薩摩の旅3日目。2日目は串木野。おいしい漁師飯、そして3年目の再会。お手紙の方が船出を見送った照島。雄大な東シナ海。目に焼き付きました。3日目吹上浜から強風の中お手紙紹介、目的地南方神社へ。強風は止まりません。途中で見つけたたのかんさ-、南九州地区では見かけますね。お食事は温かい手作料理が?とうちゃこ版、楽しみに見たいと思います。

投稿日時:2021年12月16日 08:46 | まさふみ

秋って表情豊か☆いつもとは少し違った感動が待っててくれる☆☆ただ、強風さんには待っててほしかったね★

投稿日時:2021年12月16日 08:45 | モリユキ

風とても強かったですね、、、海岸で強風に押された正平さん お茶目で朝から観ていてホッコリ(^o^) 夜も楽しみに 今日一日頑張りまーす!どうか風邪引かないように旅続けてくださいませ♪♪♪

投稿日時:2021年12月16日 08:27 | ただこの母

おはようございます(^-^) 強風のなかすすむチームこころ旅の皆様、ご苦労様ですm(_ _)m
「進まねえ」と言いながらペダル踏む正平さん、気の毒になりました。いい時も有れば辛い時も有る。でもそうやって10年続けて来たのですよね。スゴイ‼️
今日のランチは地元のお母さんの手料理、美味しそうです♪ 美味しい物食べて、頑張れー♪♪

投稿日時:2021年12月16日 08:17 | 美奈成の母

 雪か?!と見紛う程の白い砂浜と…強風( ゚д゚)の吹上浜。見てるこっちまで飛ばされそ〜!
 真っ暗な中、お母さんとお参りした南方神社のこころの風景…。強風と寒さの先に、御伽話に出てくるような、小さな神社があるのかな。風の中、スックとたくましく立つタノカンサーに見守られ、温かい郷土料理で元気をつけて、頑張ってね、正平さん!
 とうちゃこ版も楽しみです。

投稿日時:2021年12月16日 08:06 | こもまま

もぉやだ…から始まった吹上浜。とは言っても貝取りを見たり風に押されて楽しそうです。
スタートは押されてラッキー!これ、向かい風じゃ漕ぎだせませんね笑。
苦しみつつもこんなすごい風でしっかり漕げる正平さんはホントにすごい!驚異の72歳!私ムリっ笑!正平さんは健脚の神様です!
風に翻弄される様子のみの15分。なのにこんなにおもしろくってわくわく!正平さんのはぁはぁに大興奮!今朝もこころ旅マジックのとりこ!

投稿日時:2021年12月16日 08:05 | おかか

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2022年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

検索

バックナンバー