2011年12月06日 (火)出会い、いろいろ。


八代城跡のお堀で、黒鳥を見つけたヨ!

黒と赤でモダンだな。黒鳥とのたわむれ①
 

 

 

 

 


黒と赤で、モダンな鳥だろ。おしゃれな鳥だ。
タンポポが好きなんだって。

 

列車から見る球磨川の景観は、本当に見事だ!

車窓からの景色

 

 

 

 

 

 

 



そして、輪行して下りた球泉洞ではなんともうれしい出来事が♪
 ↓ ↓

何してるのかわかるか?

これじゃあなんだかわからないよな(笑)
人が集まってるだろ。
何でか わかる??
 
 

 

 

 


じゃ~ん、「あゆ」だぞ!
球泉洞の名誉駅長さんから、アユをゴチソウになったんだよ\(~o~)/

あゆ!鮎!

 

ほんとデカかった♪

 

 

  

 




こっちの写真は、人吉でぶらりと入ったお茶屋さんにて。

抹茶ソフト


抹茶ソフト、です♪


結構なお点前で。
たいへんおいしゅうございました<m(__)m>






  そして、今日の最後はこの1枚。

安田カメラマンの雄姿?

きょうの「こころの風景」は
オレもお父さんの気持ちが重なるんだけど・・・
この格好、なんか笑っちゃうだろ^_^;
修行中のお坊さんて言うか、
ハマってるよな(笑)
安田カメラマン、お疲れさん!

 

投稿者:火野正平 | 投稿時間:19:30

応援メッセージ


火野さん、スタッフの皆さん
 
 昨日、感動しました。ひとり我が家で泣きながらみていました。

 私の故郷が「こころの旅」として映りました。球泉洞駅から人吉ま
 
 の旧道(通称 人吉街道 相良藩主が参勤交代に通過した街道)を

 ご苦労様でした。短時間での紹介ありがとうございました。

 火野さんが読む「こころの故郷エピソード」涙の日々です。

 スタッフのみなさん応援してます。がんばってください。

                    スイト

投稿日時:2011年12月07日 21:06 | スイト

本日の津奈木、赤崎小学校 楽しみでーす。           私も隣の水俣・湯の児海岸道を思い出の場所としてお手紙を投稿したので、よくよく知った場所で嬉しいです(´ω`)

投稿日時:2011年12月07日 18:59 | おてもやん

夜7時からを録画して、次の朝、食事しながらわくわくした気持ちで見ています。朝は10分間なので物足りないのです。
宮崎に住んでいる私には、阿蘇山の雄大な風景、球磨川、人吉と身近に感じる場所であり、正平さんをはじめ、スタッフの皆さんの自転車で走る姿を楽しんでみています。
正平さんの飾らない人柄、また、正平さんとはかなり年齢が離れているのではないかと思われるスタッフの方々、一緒に自転車をこいでいて、そこには年の差なんて感じない、むしろ、正平さんの優しい人柄に、いろいろなことを教えられる旅になっているのでは?と思いを巡らせることもあります。
素晴らしい旅番組です。できることならずっと続いてほしい番組ですが仕方ないですね。
正平さん、スタッフの皆さん、本当にお疲れ様です。残りわずか、お体に気を付けて。

投稿日時:2011年12月07日 18:45 | 宮崎の青い空

火野正平様、スタッフの皆様お疲れ様です。

球磨川で、浴衣姿の息子さんを後ろから眺めていらっしゃったのは、

母親?父親?どちらだったのでしょう。

私はてっきり母親だと思っておりました。コメントを見て、あー父親だったのか、と思い主人に聞いてみたら、僕は父親だと思っていたとの事でした。

次のコメントでは、母親?お名前からすると、久世は女性、でも男性もあるかも?

親というのは勝手なもので、子供を観ているのは、絶対自分と思ってしまうのですね。

皆様のコメントを読んでそれが良くわかりました。

お手紙の文字は、女性だと思うのですが。

スタッフの皆さんは、どう思われましたか?

正平さん教えてください。

細かいことが気になるもので、よろしくお願いいたします。

投稿日時:2011年12月07日 18:30 | sacchy

今日は手紙を火野さんが読んだ時点で涙…。(>_ そして、少年に向けた火野さんの言葉に胸が熱くなりました。
わたしも、誰かにこんな力強い言葉をかけてほしかった。

いつか私もこんな言葉を誰かにかけてあげられるような人間になるために、人間修業しなくては!
私も人生の無常にあい、体調を崩し、死の淵をのぞき、無事生還してきました。残りの人生は、神様がくれた再チャレンジ期間。思うようにまだ体は動きませんが、一歩ずつ前へ!

火野さん、スタッフの皆さま、チャリオ君!
終盤まで無事故でたどりついてください。
応援してます。

投稿日時:2011年12月07日 16:43 | yuruyuru

この間の放送のカラオケ 申し訳ないけど はじめて火野さんの歌
聞きました 視聴者へのサービスですね 味ある 深いうまい 若僧には出せない人生の味 こころ旅もそう。

投稿日時:2011年12月07日 16:09 | yuki

わぁ~~~♪  ヤッチロだがね~~~♪

球磨川沿いを輪行中の景色に、私の思い出の風景の球磨川第一橋梁も
しっかり映っていました(〃⌒▽⌒〃)ノ
「長いな~この直線」って言われた道路も、城跡公園の鳥たちも
見慣れた風景ばかりで今回は特に食い入るように観てましたよ。。
行きなったとですねぇ~♪

鮎の歓迎も良かったですね。。「Are you 鮎?」は最高でした♪

人吉の川辺でのお手紙の息子さんもどきの後ろ姿…大サービスでしたねヾ(@^▽^@)ノ

温泉で脚の疲れは癒されましたか? 今夜も楽しみです。。

投稿日時:2011年12月07日 14:54 | ときぞう

沖のカモメェ~に・・
だんちょね節は、いい節回しでした。

お休みの間に、「歌編」を お願いしたいです。
鼻歌のも、替え歌のも含めて。
「駄・?洒落編」もいいなぁ。
よろしくお願いいたします。

お休みの間って、冬期限りですよね?
自転車日和の春は、また巡ってきます。

お手紙の方の息子さんへ
人吉温泉裏 球磨川河畔で、あなたが成長して、大きくなった時の
ような姿のショットは、けっして、おちょくっているのでは、
ありません。
誤解をなさるとは思いませんが、お手紙を読んだ人も、聞いた人も
2年前のあなたの思いを ズンと胸に受けて、川面を見つめていました。
そして、後ろ姿を写真に撮った親御さんは、「頑張ったね」との
思いを込めていらしたでしょう。

たくさん勉強して、たくさん遊んでネ。


息子さんに、見ていただけなくても、放送終了後の私の気持ちです。

とてもきれいな球磨川でした。

投稿日時:2011年12月07日 14:08 | h2

正平様、スタッフの皆様

お写真の、息子さんの後ろ姿まで再現しようという
「チームこころ旅」のサービス精神に敬服します。

「最高の風景を再現しよう」という志の高さ?悪戯心?
どっちの割合が・・・と言うと、
どうも後者の方だったのではと思いますが、
みんなが喜ぶ悪戯は最高のサービスですね。
そう、それが「こころ旅」の大きな魅力の一つです。

それにしても
突然に「浴衣を貸して下さい」と言われた旅館の方は
さぞびっくりなさったでしょう。
でも大喜びで貸して下さったであろうことも、間違いなし。
舞台裏を想像すると思わずニヤニヤしてしまいます。


ところで、「チームこころ旅」は今頃最終日前日の鹿児島を走っていらっしゃる。
もうちょっとで、秋の旅完走。

ついついいらぬお節介をして、
「明晩の打ち上げでは皆さん飲み過ぎないように」
なんて言いたくなってしまいますが、
これだけの大仕事を成し遂げた後ですから、飲み過ぎるなという方が無理。
でも、ともかく旅が無事に終わって欲しいと祈ってます。

来週まで放送があるので、今のところ余裕の発言ですが、
そのうちに皆さんと一緒に私も
「寂しい、寂しい。次の旅」とせがみ出しそうです。

投稿日時:2011年12月07日 13:16 | ともこ

すいません、先ほど送った「応援メッセージ」で、間違った説明をしてしまいました。
「「碧」の字が付いた温泉旅館ですよね」と書いたのですが、「翠」でした。(どちらも、青に近い緑?なんだけど・・・(-_-;))
お約束通り?インターネットで探していたら、ここだろう!とばかりに「翠〇〇」温泉旅館が見つかりました。外観も、球磨川の景色も間違えありませんでした。
本当に、最近のインターネットは頭がよくって、親切?です。旅館の方にお詫びして、訂正します。お近くの方にはお立ち寄り頂ければ幸いです。
クイズ:「翠〇〇」は、緑が嵐のように満喫できる楼閣の旅館みたいです。

投稿日時:2011年12月07日 13:10 | 我が家のオフサイト

美しい黒鳥でしたね
カモ科の水鳥らしいですね

分かるなぁ 男の子の気持ち
あるんだよなぁ 努力が報われない時って...

誰のせいでもない 運が悪かったせいでもない
自分のせいだって分かってるんだよ...一番...

でも口にすることなんてできない
一人になって泣くだけなんだよな

良かったね 優しいお父さんがそこにいてくれて

投稿日時:2011年12月07日 13:05 | onikasago

毎朝、夕の放送が楽しみです。正平さんの一言つぶやきも優しい気持ちが現れていて心がほっこりしますね・・・
 そして何より”日本”がこんなに素敵な国だったんだと!再認識する時間を本当に有難う!と 言いたいです! 人生下り坂 最高!
の言葉も大好きです。老若男女問わず正平さん語録と さりげない優しさを観ていただきたいです。 ガンバ!正平さん!!
 

投稿日時:2011年12月07日 12:41 | kakoちゃん

正平さん、スタッフの皆さん、お疲れさまです!

八代から人吉までトウチャコーですね。
八代海から見える普賢岳は静かにたたずんでいますね。
この先、八代海の沖に浮かぶ白い帆を張った「うたせ船」が見えるかもしれません。
とてもきれいな船です。

球磨川とJR肥薩線と並行している人吉街道は、狭く交通量が多いため
「落ちたりしたら最後って感じがしますもんね」は地元人の多くから聞く言葉です。
そこはJRでの輪行で、ホッとしました(^o^)

どなたか書いておられましたが、人吉は「温泉」がいいんです。
今日写った旅館も「いい温泉」ですが、正平さんは入られたでしょうか?

受験の後の息子の努力に、ご褒美と安堵の時間を作られたお手紙のお父さま。
中学受験は、まだ子供の少年には重荷だったでしょう。
息子さんの気持ちを思う父親の思いも伝わった気がしました。

今日もステキな心の風景を届けて頂き、ありがとうございました!

投稿日時:2011年12月07日 11:47 | けいたん

大きな鮎、美味しそうでした そして正平さんのギャグもナイス!
安田カメラマンもよかったですよ~写真の再現うまくいきましたね
抹茶ソフトも美味しそうに食べてて・・・
今週も楽しく拝見しま~す

投稿日時:2011年12月07日 11:36 | うさぴょん

毎日、朝と夕方の2回見ています。球磨川沿いの旅館が本編ではチョコット写りましたね。立ち寄り温泉ありとか・・
浴衣も借りてきたようだから、ロケ終了後は当然ひとっ風呂浴びて大騒ぎ?だったんだろうな、そのシーンもあるかなと期待していました。
残念!(NHKだからって、宣伝してあげても良いのでは・・・、これからインターネットで旅館を探してみます。「碧」の字が付いた温泉旅館ですよね)
いよいよ、鹿児島県が近づきましたね。
是非、山越えで鹿児島市内へ直行することなく、「薩摩半島の西側も廻って」海岸沿いに自然豊かな「吹上浜から加世田、大浦、野間池、黒瀬、坊津、枕崎と薩摩半島の西側を回る海岸沿いのコース」を是非見せてください。

投稿日時:2011年12月07日 08:40 | 我が家のオフサイト

先日見た美里町石橋先人の技術の確かさ脱帽です。私の故郷はひとつ先の山都町です。車で帰省するとき幾度となく通っている場所ですが初めて見る風景でした。身近に素敵な場所は沢山あるのだと気つかされる毎日です。鹿児島も主人の転勤で四年住んだ場所です。どんな場所に行かれるのか楽しみに観ています。

投稿日時:2011年12月07日 08:18 | はあちゃんちゃん

火野さんの装いも流れる景色も晩秋から初冬になりましたね。
旅も、もう少し・・・。

お手紙を聴くうちに40年ほど前、中学受験に挫折した自分の気持ちが今のこころによみがえってきました。
あの時から今までも、人生の坂を上ったり、下りたり…。

でも、こうしてこころ旅を見ながら晩酌している自分がいます。
今日の酒はちょっとほろ苦いような、しょっぱいような。

投稿日時:2011年12月07日 08:03 | いぬのなつ

今、番組で放送されている辺りは、28年前 家出してオートバイで日本一周中に走った辺りです。
 何か涙が出る程懐かしいです。気を付けて旅続けて下さい。

投稿日時:2011年12月07日 07:46 | カッピー

火野さん
今日のお手紙も心に浸みましたヨー。いろいろなお手紙が寄せられていますが、これまでにないパターンで父親の息子への深い愛情というか、人生山あり坂ありを経験し始めるまだ頼りない幼いスタートをどういう訳か一緒に旅行することとなった熊谷さんのご経験を、そのまま見るのでなく、かえって火野さんが紹介することで、更に印象的な回でした。
もちろん、拝見していた私としては抹茶ソフトクリームも、大きな鮎も、いても立ってもいられないほど(よだれを垂らすなって!)印象的でしたが…。
父親って、普段は母親より少し離れたところから見守る立場にあって、何かあっても、まず母親が声を掛け、それから父親の出番となったりするものですから、なかなか間髪置かず慰めるなどの場面に遭遇しないだけに、熊谷さん、受験結果とそのフォローにさぞかし心を砕かれたことでしょう。
熊谷さん、来年はまた受験?でももう息子さんは既に一回り大きな人間になっていて並みの中学生ではなくなっているはずだと想像します。もっとも、父親はいろいろな経験に揉みに揉まれていますからそれでも心配でしょうが…。この心配、息子が大人になってもずっと続くのですよ(スイマセン決して脅そうとしているわけではないのですが)。
火野さん、安田カメラマンさん、クルーの皆さん、だんだん寒くなってきました。寒いと動作が鈍りやすいものです。ブレーキが滑る雨も多くなります。早く暗くもなります。もう少しで鹿児島ゴールですからどうぞそれまで気を入れて走ってください。更に次のスタートもありますから。鹿児島で終わりなんて、断じてありませんて。全国のこころ旅ファンが見守りますヨ。

投稿日時:2011年12月07日 01:01 | ワイワイ

正平さま、チャリオさま、こころ旅チームのみなさま
そしてこころ旅をこよなく愛するみなさま、
こんばんは。

先週の熊本のワイルドな大自然には圧倒され
ました。熊本に入るまでは海景色にうっとりして
ましたが、熊本は山景色がすごくステキ。

とても行ってみたくなりました。田んぼと畑と山々の
美しさ。日本はホントにいい国だと思えることって
幸せですよね。

こころ旅を見ていていつも思うのですが
どなたか、名プロデューサー様が、正平さん主演の
ドラマか映画を制作してくれないかしら。
ヨーロッパの映画のような味があってチャーミングな
主役のおじさま?の珠玉の名作になることは
間違いないです。
そうしたら真っ先にファンクラブむけに
先行上映会やってください。

投稿日時:2011年12月07日 00:14 | ゆきだるま

毎回愉しく見ています。
こころ旅の企画は鹿児島に到着したら終わりですか。
私が思うには.来春は鹿児島から瀬戸内海沿い北九州しまで北上。
以後は山陽道を大阪まで来て.紀伊半島を一周して.東海道を東京まで行って欲しいなあ。後太平洋側を青森まで行けば.ホンマの日本一周ですが「無理でしょうかねえ」。
こんなメールをしたからと言って正平チャン怒らないでね。
小生来年で72歳.毎日畑に出て野菜と花を作っています.私もやりたいが.
今から日本一周はとても無理です.正平チャンの軽妙な語りと.坂道
ハアハアの息遣い.橋の上での高所恐怖症の仕草は絵になります。
怪我と病気に気をつけてガンバッテ下さい。

投稿日時:2011年12月06日 23:40 | 野菜作り人

こころ旅スタッフの方へのおねがいです。
背筋がゾクッとする、高い橋の上を正平さんに自転車で渡らせる映像は何度も見ていて気の毒です。もう充分です。
それより、来年のコースを早く発表してください。
埼玉の自転車屋さんもすごい!出ずっぱり。

投稿日時:2011年12月06日 23:03 | はやてのおとん

スタッフの皆さま、mailありがとうございました。

(;^ω^)ムフ・・・かなり古いHPを 
お気に入りにしてました。(そこには入会用・ログインコマンドが無くなってました)
さっそく会員登録させて頂きました。というか 以前にプレミアム登録済みでした・・・
お陰で、PC用壁紙をゲット出来ました。(*゚ー^)v

いつ頃から? HPも新装されていたのですね。
とても、見やすくなってます。

TVの方は、家族共、楽しく拝見させて頂いてます。
どうか、これからも みなさまのご活躍を期待してます。

また、お正月休みの頃・・・スペッシャル番組を是非おねがいします。

投稿日時:2011年12月06日 22:18 | ぴぃまんにゃん

正平さん、チャリオ君、スタッフの皆さん、人吉までの旅、お疲れ様・・・というより、さらに美味しいものに巡りあえて満腹でよかったですね(^^)v
少年(今回は安田カメラマンですが)が立っていた界隈も「鮎が釣れる」と鮎の友釣りをする父がニコニコしながら、見ていました。鮎を振舞ってくださった名誉駅長さんも知っていると言っていました。
もっと上流の支流に川辺川があります。そちらの鮎の方が更に大きくて美味しいです。だって、川の清らかさが格段に違いますから。
あ~そうか、川辺川を残したい風景に応募すればよかった・・・
残念。
明日は津奈木町ですね!楽しみです!

投稿日時:2011年12月06日 22:13 | さんぽ猫

お疲れさまです。
寒そうなお天気だったけど、お堀の黒鳥にタンポポの葉っぱをあげる正平さん、駅前で鮎やご飯etcを用意して待っていてくれた人たち...温かくってほっこりしましたよ。
急停車(?)して「ソフトクリーム!」って正平さんに「はぁ?(^_^;)」なスタッフさんの反応に思わず笑っちゃいました。
抹茶ソフト前に嬉しそうな正平さんの笑顔が素敵でした。(ソフトクリームの食べ方がちょっびとセクシーでした(/>_

投稿日時:2011年12月06日 22:08 | さかえ

「こころ旅」 皆さまお疲れさまでした。
自然がまだまだ残されている、こころの風景・・・
八代市、人吉市、球磨川、川辺 
お手紙の方の・・勉強もしてきたのだから、遊びなさいって・・・
人生はまだまだです。
 
大きいあゆ塩で串焼き、抹茶ソフトも、お点前、美味しゅうございましたね。

黑鳥、口の所が赤、花を食べる・・・

ことば遊び①~⑥まで回答なさって、ブログ同志和気藹々かな・・・
私も④は当りあとは なるほどと、読ませてもらって解りました。

これからも寒くなりますゆえ、お風邪を引かないように。

投稿日時:2011年12月06日 22:00 | kimiko

火野正平さま 「こころ旅」制作チームの皆様

今年の感謝とお知らせです。
春編、秋編と欠かさず視聴し続け、友人宅に収録DVDを送り続けてきました。「こころ旅」効果のおかげで、うつ気味だった旦那さんが元気を取り戻し、家族揃っての癒しの時間となり、BS視聴契約したそうです。 後方支援できたようで嬉しいです。
ブログを読ませて戴くのも日課となり、教えられたり参考になったり、読みながら思わず涙ぐんでしまうこともあり、番組を視るのと同じようになっています。昔、大好きで何度も聴いていたのに曲の題名が思いだせずに居たのですが、「北風の中」行間に見つけることが出来ました。  「今年の薔薇」さわりの部分でしたが、シャイな火野さんからブログ投稿の方々へのプレゼントのように思えました。
火野さんの感性に沿って、一喜一憂する様を逃さず捉え、支えて続けているスタッフの方々とのチームワークは、画面を通して素晴らしい映像となって伝えられ、今忘れかけかけている人としての優しさ、思い遣りを思い起こされ、挿入歌のように口ずさむ歌声は、視聴者に郷愁を誘い、知らずに気持ちも和んで来るのでしょう。  ちなみに、火野さんが、自転車を「撤収!」と言われた時、スタッフの方の「あ~~!」が、未だに可笑しく忘れられず何度も繰り返し視ています。

投稿日時:2011年12月06日 21:48 | てんみん

 ブログの投稿数が,ついに1日40を越えました。確か初めて。この前も言いましたが,熊本に入って一層増えた様に思います。長崎県では,地元の人は,そんなに増えなかったように思うけれども。ここでは,地元在住の人,熊本出身と見受けられる人々が,申し合わせたように出てきました。

 第2週は八代湾から始まりました。島原市は素通りされた代わりに島原半島は今日まで,都合5回も出していただきました。私が言うことでもないのですが,有難うございました。

 球泉洞駅の名誉駅長さん,正平さんを待っていましたね。ここはJR関係で情報が入ったと,はっきりわかりましたが,他の所でも何処で情報が入ったのか,待ち受けている人がいましたよね。どうやって情報を手に入れたのだろうと思います。
 鮎は大きかったですね。30年前だが,行ったことがあるし,鮎も食べたと思うが,あんなに大きかったかなと,改めて感心しました。
 待ち受けは「てくてく旅」では定番でしたが,正平さんが行く先々で待ち受けされたら,番組が進行しないかもしれないな。

 熊谷さんの息子さんどうしているでしょうね。その時の熊谷さんの気持ちも忖度したくなります。多分本人は,元気に別の学校で頑張っているでしょう。今,再度,高校受験に向けて頑張っているでしょうか,それとも,正平さんの言うとおり一所懸命遊ぶんでしょうか。

投稿日時:2011年12月06日 21:28 | 島原どわろ

今日も楽しく番組を見ました。

人吉は昨年の夏観光列車で旅行しました。
番組を見ながら「ああ、ここも行った、あそこも見た所だ」と
懐かしかったです。
 人吉は小さい町なのにやたら大きな病院があちらこちらにあり、
個人医院も沢山あり、病院が好きな町なんだなーと思った記憶が
あります。
親切な人ばかりでとても楽しかったです。

でも、火野様はほんとにソフトクリームが大好きなんですね。

明日からも甘い物を食べてがんばってくださいね。
応援してまーす

投稿日時:2011年12月06日 21:02 | ぽんたろう

 毎日楽しみに朝夜観てます 質問があります 正平さんが何時も

 かっぶている帽子がとても素敵です スタッフの人が用意す   
 
 るのでしょうか ず~~~~~~と気になってました

投稿日時:2011年12月06日 20:40 | よさこいさん

お疲れさまです。

袈裟がけのごつい背中に、「水島~、日本へ帰ろう」…と。
ついつい、ひとりツッコミをしてしまった。

しかし、ソフトクリーム好きですねぇ。
おいしそうに食べますねぇ。
いいなぁ。

投稿日時:2011年12月06日 20:34 | ぽんすけ

八代亜紀さんの歌の一節「沖のかもめ・・・」を火野さんの名調子で始まった、みんな良い人の人吉市への旅。
黒鳥、可愛かったです。
巌流島に出ていた・・・が男性の火野さんのイメージでしたね。
恒例のソフトクリーム屋さんでは、店員さんのはしゃぎようは凄かった。
私は鉄道趣味を以前していて、人吉と言えば肥薩線の大畑ループやスイッチバックを行き来する蒸気機関車をカラーが普及していない頃、白黒写真で撮影をしたことが思い出です。
タクシーの運転手さんが62歳という火野さんに若いって言っていましたが、同年代の私も火野さんに倣い、若い雰囲気をこれからも保ちたいものです。
私もファンクラブに「トーチャコー」しました。

投稿日時:2011年12月06日 20:29 | ももの爺

正平兄貴、スタッフのみなさんおつかれさまです(^_^)
球磨川の鮎とハヤはデカいですね。美味そうでした。
番組の最後に兄貴が「勉強せないかんのかな〜?せんでもエエやろ⁈」むずかしいですね。実はあっしもお受験の少年時代を送りましたが全く役にたってません。中学生の時、Rockの洗礼を受けてギターを猛練習して日本の音楽界を変えようと無謀な夢を抱きバンド活動をしておりました。メジャーデビューの夢は叶いませんでしたが後悔してません。兄貴も学校の勉強はせんでも役者修行、恋愛(人生勉強のひとつ)などを経て魅力的な人物になられたと思っております。
チャンチャン‼

投稿日時:2011年12月06日 20:22 | サウザー

お疲れ様です♪
 あの黒鳥って水俣川まで遠征することあるのでしょうか?
 一昨年だったか水俣市役所前の水俣川で正平さんのように草をちぎって与えたことがありました。

 八代から人吉までの球磨川沿い、大型車の多い国道より対岸の細い道からの景色や押し寄せてくるような緑の回廊が好きで、好んで幾度と無く走ったコースです。神戸に居ながらまるで自分の目線で映像が見れて本当に感謝です。
 九州は温泉天国、大分・別府もそうですが、鹿児島もそう。でも、人吉の温泉は入り尽くせないほど奥が深いです。人吉盆地という限られた範囲の中に、本当に多くの種類の温泉が楽しめます。炭酸を多く含む温泉や、緑色の温泉、ぬるぬるすべすべの温泉・・・今日の舞台となった温泉宿の対岸、チャリオ君が渡った橋のあたりにも炭酸泉にタールが少し混じった公衆浴場があります。確か300円ほどだったような。

 それにしても球泉洞駅の名誉駅長さんが準備して下さっていた球磨川の尺鮎、見事でしたね。甘露煮も美味しそうでしたが、私的には「はや」とおっしゃっていましたか?ウグイの煮浸しが球磨焼酎にぴったりはまって、思わずよだれが!

明日は津奈木との事。知っている景色かどうか楽しみです。
まさか海の上に建つ小学校(昨年廃校)だったりして。
みかん山で登場したお巡りさんはこの放送でしょうか?

ますますご安全に!

投稿日時:2011年12月06日 20:13 | 勘独

お疲れさまです^^

あゆあゆ、ご飯^^

みんな温かい方々ですね。

正平様、スタッフ様のやっぱり

影響ですね。

だって楽しいもん♥

残りわずかが、もうさみしいんですけど・・・・

ファンクラブでなんとか持ちこたえます

来年も待ってます^^えへ

投稿日時:2011年12月06日 20:10 | ひめ

正平様、チャリオくんとそのお仲間の皆さま こんばんは!
人吉編、うるうるでした。少年の後ろ姿と、正平さんのコメントに切なくも、その後の少年の様子が知りたくなるくらい心が入り込んで・・・きっと、あったかいお父さんの眼差しに見守られて、元気に青春してるでしょう・・・ね!きっと!
明日の予告になんと「津奈木町」の文字?!
わぉ!私の故郷!!昨日は、応援メッセージに「手紙を書けばよかった・・・」と後悔してると書いたけど、、、誰の便りでもいい!
父母亡きあと、帰省する家は新幹線の線路にかかり、なくなってしまったけど、、、18歳まで暮らしたわが故郷、録画もして保存版も計画し、ワクワクしながら懐かしく拝見しよう!と超楽しみにしています。

投稿日時:2011年12月06日 20:08 | ニングルばぁば

今日の火野さんは、黒地に鳥の柄をあしらった帽子姿で、
「だんちょね節」を唄って登場!相変わらず歌が上手くて良い声!

走っている時にはめていた指先のない手袋も可愛かったです。

あゆ、大きくて立派で美味しそう!おにぎりも!
御馳走された「こころ旅御一行」も幸せだったでしょうけど、
御馳走した方々も幸せだったでしょうね(*^-^*)。

抹茶ソフトクリームも大きくて美味しそうでした!

球泉洞駅から、人吉(おひとよし!w)迄行くのに赤い橋がありましたが、
それは真ん中を走れたから怖くなかったのでしょうか?

頭が坊主というだけで選ばれた安田カメラマン、
写真の少年のような恰好、決まってましたよ!

球磨川沿いの堤防の風景、球磨川のゆるやかな流れと白鷺、
朝もやこそなかったけれど、心が落ち着きますね。

勉強も遊びも一杯した方が人生の選択肢が増えて良いと思います。
受験に敗れたと言えど、受験に備えて勉強した2年間は決して無駄なんかじゃないし、後々何かの役に立つと思いますよ~。
息子さんもお手紙の主も、一回り大きくなられたんではないでしょうか?

投稿日時:2011年12月06日 19:52 | たーこ

正平さん、スタッフさんお疲れ様です。
今夜の放送、安田カメラマン、ナイスです!
お写真より貫禄があったけど背中の哀愁がよく伝わってましたよ。
受験の失敗なんて吹っ飛ばして人生楽しんで欲しいですね。
 あゆ、抹茶ソフトどれも美味しそうでしたね。
すぐ近くにこんな良い場所があったなんて今度旅してみようっと♪
鹿児島ロケも終盤ですね、もうひと頑張りですね。
どうか元気でご安全に楽しい旅を♪

投稿日時:2011年12月06日 19:52 | 薩摩おごじょ みゆ

火野さん、スタッフの皆さん

人吉に来てくださって、ありがとうございます。
まさしく地元!!
スタート地点の八代の海、八代城址、肥薩線、ゴールの球磨川ベリまで、
すべて見慣れた風景でしたが、遠路、火野さんやスタッフの皆さんが
来てくださったかと思うと、非常に感慨深いです。

沖縄の方のお手紙も、とても胸を打つものでした。
その少年がいきいきと中学校生活を送っていてくれることを
心から願っています。

投稿日時:2011年12月06日 19:49 | ながたて

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2019年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索

バックナンバー