2022年04月05日 (火)【奈良】悠久の歴史を感じる



芋峠

出発地の古道 芋峠(芋ヶ峠)
飛鳥と吉野を結ぶ重要な交通路だったと説明がありました。
持統天皇も吉野へ行幸するときに何度もこの峠を越えたそうですよ。
大変だったろうな~

 




お地蔵さま発見

山を下る途中で出会ったお地蔵様。
多くの旅人を見守ってきたので
しょうか?

 

 

  

 

 

歴史を感じるお地蔵さま


正平さんのお気に入りは
赤い帽子?をかぶった
小さなお地蔵様。
かわいらしいお顔をしていました。

 

 

 

 


古民家でランチ

ランチは奥明日香の古民家で
いただきました。
切り干し大根の煮物には
大好物のお揚げさん・・・。
正平さんも嬉しそうでした♪

 

 

 

 

やさしいお味


自家製のお米や味噌、
お庭で採れたてのしいたけ、
ふきのとうの天ぷら、佃煮など
どれも美味しく頂きました!







今夜7時からの『とうちゃこ版』でお楽しみください!<今夜7時のとうちゃこ版>
道すがら、たっぷりと悠久の歴史を感じてくださいね!
7時からお見逃し無く!!


 

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

丘を登る際に同封されていた地図が使われたり、
正平さんが最後にお手紙を読むときに流れる甘樫の丘を登るような映像が、
実際に登っているような臨場感がありましたね!

綺麗な明日香の広い青空、とっても気持ちよかったです〜

投稿日時:2022年04月13日 18:49 | レンゲソウ

奈良県の初日は、明日香村。
浅野由美代さんのお手紙は――ご両親と愛犬を亡くされてから出逢った「おじいさん」との思い出でした。

いにしえの山越えに、思いを馳せながらのスタート。
道ばたのお地蔵様は…行き倒れの人を慰めるかの、人情のを感じる道でした。

古民家のランチ処では…おかみさんの、ささやき。
「タバコばっか吸うてたら、体に悪いですヨ……ちょっとでも長生きしてもらわんと」
正平さんの、おかあちゃんの声のようでした。

「ええとこ来たー」と正平さん。
インサート地図には、由美代さんの可愛いイラストが。
「川原展望台」に、とうちゃこ。
天香久山、耳成山、畝傍山――と、万葉集に詠まれるメインストリートが広がっていました。

はっさくを持たせてくれた、おじいさん。
この日、正平さんとは逢わなかったけれど。
その人は、亡きご両親からの使いだったに違いない、と思えたエンディングでした。

投稿日時:2022年04月10日 02:17 | 川崎ジンジャーエール

             ( ・3・)『今日は!』
 正平サン、スタッフの皆様、、お変わりございませんか。
 良い天気です。(気分はいまいち ですが、機嫌はまあまあ です;)
(…で、、;;  正平サンの背中が 気になって仕方ありません;;; )

…ふっくら・ほっこりお地蔵様、、ホント、可愛い。 
…大根話に(笑)。  チームの和やかな雰囲気が とても ‼イイ‼
…見渡せば〈大和三山〉「畝も、耳なし、(あめ)甘ぇパンを嗅ぐ山」デスと。
…由美代様が 辛い時期を乗り越えることができた 風景と出会い。 
  …… 春の明日香は美しい。 (* ̄ー ̄)


投稿日時:2022年04月09日 15:52 | 敦子

  
 1日2カ所のお手紙若い正平さんにもハードだったんでは? 苦手の
  つり橋 住職さんの温かいお人柄 見ていてほっこりです。
  やっぱり1人旅の自転車は寂しいです、いつからチーム5人旅が
  見れるようになったでしょう。

投稿日時:2022年04月08日 12:02 | kannna

4分間の信号待ちに、畑の大根を見て楽しめるなんて、とても素敵な旅だなあと思いました。4分間の赤信号はおそらく先が細い道で車の行き違いができないからだったと思うのですが、こんな信号がたまにあります。信号待ちもいいものですね。

投稿日時:2022年04月06日 14:13 | ヤンクマ

とうちゃこを見て可愛らしい小さなお地蔵さん。
棚田の大谷選手らしきかかし。 こころ旅だから
こそ見られる発見ですね!うれし~い♡
後藤監督さんの「いい香り」に紅梅と白梅の香りが届いたような!
しかし、何で?信号が4分待つって長いですね~
チャリ男のカメラ、正平さんと青空と白い衣装
バッチリ4Kですかね?きれ~い!
正平さんの今日の衣装、ちょうカッコいい!
私好みです。うれしい!!
ミカンが漢方で大陸から来たなんて、勉強になりましたよ。浅野さんの地図が「甘樫の丘」を登る正平さんと一致していて可愛い!!
公園の職員さんの説明で、歴史の勉強になりました。
ハアハア言いながら登って風もなく、穏やかなお天気で正平さん良かったですね♡


投稿日時:2022年04月06日 13:37 | マンチカン

お昼の女将さんナイス!。
番組を観ていていつも思うのですが、正平さん達のクルーにすれ違ったり遭遇したとき、まったく無関心な人、正平さんが通り過ぎた後に「アツ!」と気が付く人、気楽に話しかける人など様々な対応が見られます。人見知りな私は、気軽に話しかけられる人を大変羨ましく思い、その対応力に感心します。
北海道(稚内)に旅行した時にクルーに遭遇(正平さんはたばこを吸っての休憩中)しましたが、偶然のことで余りにも驚いて声をかけられなくて残念な思いをしました。(スタッフからファイルを頂きました)
今後、お会いする事もないと思いますがチャンスがあれば、勇気を出して声をかけれればと思います。

投稿日時:2022年04月06日 12:04 | 皐月桔梗

おはようございます!持統天皇も超えられた芋峠歴史を感じました。
浅野さんを癒やしてくれた、甘樫展望台よりの大和三山素晴らしい眺めでした。(耳成山、畝傍山、天香久山)その後八朔を貰ったおじいさんに遭われたですかね⁉お元気でおられること、思います。
持統天皇のうたで「春過ぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山」を思い出しました.感動、余情,余韻を味う大和路の旅でした。

投稿日時:2022年04月06日 09:45 | 江尻 衛

大和路二日目夜版、甘樫丘の川原展望台観たよ。古道が既に廃道に成っているとか、車道が整備され便利になった陰で、廃道に成る道も多いんでしょうね。一寸残念な気もしますが。
稲淵の棚田の所で、棚田を突っ切る分かれ道を正チャンは回避しましたね~。監督さん(多分?)が≪私は構わないけど!≫と言ってましたよ。チャレンジして坂道と格闘しているクルーの画が観たかったな~。
途中の信号待ちの間に『大根』をネタにクルーとのヤリトリで『あんな役者には成りたく無いな!』には笑えた。それにしても信号の時間設定はおかしくないかい?!
蜜柑が中国からの伝来物で、漢方薬として渡ってきたとは初めて知りました。大和三山が見えましたよ。天気に恵まれて良かったな~。

投稿日時:2022年04月06日 08:59 | 宇即斎

正平さんの食事のシーン観ている方も幸せを感じます。
美味しいものたくさん食べて頑張って下さい。

投稿日時:2022年04月06日 07:57 | ちぃばー

クラシックで一人で旅していた正平さんを見たあとだから
いま、みんなでわいわいしている姿を見て嬉しくなります。

朝版の古民家食事処でのお母さんとの会話(たばこやめてね)
正平さんの言葉が関西色濃くなる感じがいいですねー。

甘樫丘、むかーし行きました。(30年くらい前!?)
奈良に詳しくないまま行って、少しは予習して行けばよかったのにと思ったもんです。また行けるかなー、行きたいなー。

「はっさく食べるか」と尋ねたおじいさん、かわいい人だと思いました。


投稿日時:2022年04月06日 05:24 | るる☆

奈良県1日目 なんかおごそかな、日本昔ばなしに出てくるような風景で、正平さんの背中を追いかけてるときの映像は、いっしょに山の中にいるようでした。柑橘園の碑の昭和40年作成に、40年生まれいるか?の問いに、はい、私です。正平さんが「カッチカチやでー」(笑)と言ったのがなぜかおかしかったです。

投稿日時:2022年04月05日 23:12 | あにき

1500年ほど前は、日本の首都だった明日香村。
のんびりしていて、最高なところ。
一行のために休みのところ開けてくれた民家食堂のお母さん。
愛煙家の正平さんの健康を気遣うところが素敵。
それを意に返さない正平さんに爆笑です。

投稿日時:2022年04月05日 21:42 | タケヒロシ

飛鳥と吉野を結ぶ古道、ほんと悠久の時を感じさせてくれます。昔の人は険しい道を行き来していたんですね。正平さんお気に入りの可愛いお地蔵さん。ずっと旅人達を見守ってきたんでしょうね。
古民家でのランチお惣菜が色々ついててご飯は古代米。身体に優しい春を感じるメニューでしたね。タバコ吸いすぎに気をつけてと気遣いの言葉もちょうだいして。
甘樫の丘は橘という品種が大陸から入ってきた歴史ある場所とガイドさん情報。知らなかったぁ。柑橘がそんな昔からあったとは。勉強になりました。
お手紙の方が優しいおじいさんと話して胸の中の辛い気持ちが少し晴れやかなったという丘からの景色も癒やされました。

投稿日時:2022年04月05日 21:08 | ゆきぱん

1068日目の旅、観たよ。
「甘樫の丘の風景」
わんちゃんが18歳で亡くなったとのこと。
犬を飼っていますので、長生きの方と思いました。
古民家でのお母さんとの会話、可笑しかったです。
お母さん渾身の作
たばこばかり吸うてたら・・・
神戸から来た・・・
謙虚な性格のアピール・・・
ラブレター・・・
の展開が。
棚田百選の稲渕の棚田に大谷選手の人形、面白い取り合わせでした。
信号の長かったこと。お蔭で大根やイソヒヨドリを観れたり。
小さく可愛いお地蔵さまが多かったですね。
天気も良く、明日香の景色を堪能しました。

投稿日時:2022年04月05日 20:40 | ももの爺

お手紙と共に甘樫の丘公園への風景が実際歩いているような感覚が楽しかったです。
展望台から望む大和三山、生駒山‥
心が自然と和むような優しくて素晴らしい景色にしばらく余韻にひたっていました。
明日香村本当に素敵な所ですね!

投稿日時:2022年04月05日 20:38 | kimiちゃん

とうちゃこ版での地図確認。今夜は正平さんの指が辿る辺りに奈良の有名どころがギュッと凝縮されている。石舞台古墳、聖林寺、安倍文殊院は夫の還暦旅行で訪ねた所。赤く大きく表示された大和三山の下に甘樫丘が見える。芋峠からの道中の苔むした岩肌や美しい棚田の風景にまでも歴史を感じてしまう。綺麗に整備された甘樫丘の展望台への道。誰も居なければちょっと寂しいかも。散歩中のお爺さんとの出会いは浅野さんはホッとされたことでしょう。柑橘園の始まりの話も興味深かったです。お爺さんが元気でご覧になってたら石碑を見て嬉しく思われてるはず。正平さんが新井カメラさんに「あのトゲトゲが映る?」って生駒山上のアンテナ群をふってくださった。甘樫丘からのトゲトゲを私は反対側の千里の丘の上から毎日見てる。なんだか繋がったようで嬉しかったです。

投稿日時:2022年04月05日 20:16 | GUREKO

お揚げさんにナポリタン☆そして、オムライス☆☆大好きなお品を前にした時の幸せ感が、とつても可愛い〜★

投稿日時:2022年04月05日 17:01 | モリユキ

◉◞౪◟◉はんへ禁煙アドバイスしてくれはった
おかあさん、ほんまにええお方 ヽ(*^ω^*)ノ
奈良出身のさんまちゃんを彷彿とさせるノリやね

投稿日時:2022年04月05日 16:14 | チャリンコチエコ

朝版拝見しました。奈良県の旅初日、飛鳥から吉野へ向う道中の風景、古代を感じました。道中のお地蔵さん 古の旅人を見守ってきたのでしょうね!正平さんすかさず花が飾ってあったので見けられました。赤い帽子の可愛い地蔵さんに癒やされました。奈良を歌った歌は万葉集にもよく出きますね。そんなことを思って今日の朝版見ていました。
とうちゃこ地点楽しみにしています。

投稿日時:2022年04月05日 14:08 | 江尻衛です

我が第二の故郷奈良へようこそようこそ。いつも楽しく拝聴している☆こころ旅☆ですが、またちがつたこころのときめきで画面に見入っています。古道芋峠から甘樫の丘 犬養孝先生の万葉の旅と重なります。大和路ならではの!とうちゃこ!待っています。

投稿日時:2022年04月05日 11:41 | kawaseme

奈良の地名は、どこをとっても古代の物語とつながっているようで、ロマンがあふれていますね。寂れた古道も人々が往来した時代を思うと、わくわくしてきます。今は整備された道路の法面の、美しい苔のみどりにも目が喜んでいます。
さて、浅野さんのお便りを聞いていると、本当にこんなことがあるんだと、ドラマのようなおとぎ話のような、これまた奈良という地の不思議なパワーを思わずにはいられません。
ご当地食材たっぷりのランチとリラックスでゴキゲンの正平さん、どんな甘樫丘を案内してくださるのか、楽しみにしています。

投稿日時:2022年04月05日 11:35 | pon

今日のスタート地点は、まるで時代劇を思わせる古道・・・いや獣道?正平さんがこれ又似合うんですよねぇ(^^)dそんな奈良の旅楽しみにしています。とうちゃこ予告、最高の青空でしたねぇ~\(^-^)/

投稿日時:2022年04月05日 10:49 | ぽんぽこ

明日香。
地名から魅力的です。
正平さん今日もエ~ッ!と驚くような観察力発揮です。
目に止まりにくいような所にそっと佇んでいたお地蔵さん。
新しいお花が飾られ地元の方々がとても大事にされていることを感じました。
旬の食材がたくさんのお昼のお膳がすごい美味しそうですね!
“謙虚アピール”の明るい女将さん。
喫煙中の正平さんの健康を心配する女将さん。
代弁をされているようで頷きながら楽しく聴かせてもらいました~
木製車輪が然り気無く置かれオシャレなお庭でホッとするような素敵なお店ですね。
とうちゃこの「いいとこやなぁ」と正平さんの言葉が全てのようなまぼろしの里を楽しみにしています!

投稿日時:2022年04月05日 10:45 | kimiちゃん

大和路初日朝版、観たよ。芋峠からの出発、車で行くには躊躇する様な道を楽チンな下りで始まって良かったですね。でも≪往きは良い良い帰りは・・・≫なんて事に成らないように祈ってます。
昼食を摂られた古民家食事処、自然食品一杯のメニューで美味しそうでした。もっと美味しかった(一寸意味が違いますが)のは、食事処の奥さんとのやり取りですね~。謙虚な生活をアピールをとの事でしたが、ご自分でも良く判っていらっしゃる様で、一寸違うんでないの!と言う事でした。
正チャンが『神戸から来ているでしょう』と言ってますが、何故に『神戸』? と即断したんでしょうかね~?気に成ります。

投稿日時:2022年04月05日 09:24 | 宇即斎

出発地の選択もこころ旅の魅力。「とうちゃこ」でも良いのにって良く思う。今朝は古道芋峠を選択していただいたおかげで「嘘でしょ⁉︎」って急坂を天皇まで使っていたって昔の人の健脚に驚きました。紹介文に「万葉の旅」犬養孝とある。テレビ出演されて万葉集を紹介されてお姿が懐かしい。浅野さんの「甘樫の丘の風景風景」のお便りは相次いでご両親、愛犬を亡くされた頃の癒やしの地でした。聞き覚えのある甘樫丘はどんなだろう。少し高台にある我が家のベランダからは生駒山が見えて洗濯を干しながら向こうは奈良って思う。「危ない!」ってヒヤッとしたお地蔵さんとの出会い。ブログで道中に出会ったお地蔵さんのことが書かれてた。春の旅には道祖神にも出会うかな?貸切で出された食事の美味しそうなこと。石舞台古墳で食べたカレーも同じ色のご飯だった。忘れていたことを思い出すこころ旅です。

投稿日時:2022年04月05日 08:29 | GUREKO

ランチのお店、風情のある素敵な古民家ですね。献立も純和食って感じで美味しそうでした。春ののどかな風景が画面から伝わって来ました! とうちゃこの場所、どんな景色が見れるのか、楽しみ〜です(^^)

投稿日時:2022年04月05日 08:26 | 美奈成の母

昔 吉野で仕事をしていたころ 
奈良盆地にある私の住んでいる町から通うのだったら
飛鳥を抜けていく道があるから 車だったらすぐだよと言われ
一度車で案内してもらったことがありましたが
狭い山道で 免許とりたての私は無理と諦めました(^-^;
多分 今日走られたのはその道。自転車だといい道ですね。
忘れていた思い出に しばし浸る私。

甘樫丘は 奈良に来られた時 そばを通っておられましたが
上るのは初めてですね。私も 上ったのは随分前です。
とうちゃこ 楽しみにしています(^^)/

投稿日時:2022年04月05日 08:22 | norinorimiffy

静かでしっとりいいところ。
枯葉と土と杉の古道は日本と言うより大和を感じさせてくれます。
杉の鳥のさえずりがBGM。音声さんさすが!

正平さんがみつけてあげたちいさなお地蔵さま。
名もなき名所を照らすこころ旅。
今日もやさしい気持ちにしてくれてありがとうございます♪

お煙草吸いすぎですよっておかあさん。
そう、正平さんの健康、みんなみんな心配してますよー。
でも、好きなことを好きなままに。これが一番の健康法ですよね!
今年も腕の中いっぱいのハイ◯イトが楽しみですね♪笑


投稿日時:2022年04月05日 08:07 | おかか

 思い起こせば前回は、寒かった奈良県ド真ん中、奈良公園の目の前、県庁屋上の鹿ちゃん像の上からのインパクト強めショットからスタートした奈良県の旅。今回は…高取町の芋峠?!めっちゃ山の中〜(^_^;)
 初日は明日香村甘樫の丘、古代蘇我氏の旧邸跡…初っ端から王道古代ロマン、毎年私も好きで行きます、魅力的な奥明日香の山里、春爛漫満喫!お手紙の思い出ほのぼの“まほろば”旅。とうちゃこ版も楽しみで〜す。

投稿日時:2022年04月05日 08:06 | こもまま

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2022年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

バックナンバー