2020年12月16日 (水)【愛媛】旅の達人



@松山総合公園
スタートした松山総合公園
では、まず猫と遭遇。
「公園のヌシじゃないのか?」




公園からの松山市街
展望台の上からは、
松山市街が一望できました。
それにしても、この景色を
見てまず出た言葉が
「窓だらけ!窓屋さん大もうけ!」
って、さすが正平さんです。

 

 

 

松山城
<さすが、その2>
市街地の真ん中にある松山城を
見てすぐに一言。
「こっちの方が高いな」
調べてみると、松山城の城山は
標高131m、展望台のある
大峰ヶ台は140m。
一目で分かるとは・・・!

 

 


石鎚山を見る正平さん
<さすが、その3>
展望台から見えた遠くの山を見て、
「石鎚山じゃないか?」

 

 

 




石鎚山
ズバリ、そうだったようです。
一番奥の高い稜線、
左端が石鎚山。
初めて来た場所でも一目見ていろいろ発見してしまう、さすがです!

 

 

 



白石の鼻を目指す!
そんな松山総合公園から出発して、冷たい風が吹く中、松山市街の北にある「白石ノ鼻」を目指します。
「海沿い、寒いやろうなぁ・・・」と
ボヤキも入りましたが・・・
7時からのとうちゃこ版
お楽しみに!!

 

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

    (* ̄ー ̄)『正平サン、スタッフの皆様、、今晩は!』
 「忙しい、忙しい!」正平サンでスタート。
 静香様の亡き父と愛犬を偲ぶ旅。  
 細い道を ネバって進む五人衆。1号車、、2号車、、、の和気藹々。
 冷たい風に向かって よいしょ、よいしょと、走る 正ちゃん頑張れ!
とうちゃこして愛犬ベンが座っていたであろう場所を探し当て「イェ~イ!」
 「なつかしさと淋しさを感じる」白石の鼻。
 
 ✳正平サン御一行の楽しげな会話を聞きながら 一抹の寂しさを感じるのは
  なぜでしょう‼         (´ε ` )オヤスミナサイマセ!    

 

 
 

投稿日時:2020年12月19日 23:34 | 

正平さんが、白石ノ鼻で、写真のベンちゃんが座っていた場所を探り当てられて腰を下ろされたとき、
「風が(岩に)遮られてあったかい」とおっしゃっていました。
きっと、ウロウロしている正平さんを、ずっと座って眺めていたベンちゃんが、その場所を暖めていたのでしょうね。
亡くなられた御父様も、釣りをしながら、
ニコニコその光景を御覧になっていたかもしれませんね

投稿日時:2020年12月18日 05:55 | 60代の秀ちゃん

愛媛県2日目は、松山市を走ります。
銀岡靜香さんのお手紙で、亡き愛犬ベンと、ありし日のお父様の幻影を探す旅です。

さすが根木監督さんの選ぶ「ねぎ道」。
まさかの路地裏をたどりながら、地元の生活感を、とことん楽しめました。

「松山市」と言えば、早坂暁さんのドラマ「花へんろ」を思い出す私にとっては――そこかしこに、なにか目に見えないものの存在を感じてしまいます。
真っ青な空に、海沿いの道には……名作ドラマ「野のきよら 花のきよらに 光さす」の、お遍路姿も浮かびます。

北風を切って進む正平さんの後ろには、靜香さんのお父様が背中を押してくれる影を感じました。
高浜駅から「白石ノ鼻」までは――正平さんもつぶやかれたように、たしかに歩くには距離がある道でしたネ。
けれど、お父様は、だれかを友となさって、釣り場を巡っていたのかもしれない――そんな想像が、こころに深く残るとうちゃこでした。

投稿日時:2020年12月17日 23:29 | 川崎ジンジャーエール

楽しそうだったなぁ❣️「1号車!…」に続く子どもたち(≧∇≦)❣️見ていてホントに楽しくなります♪天気が良くて気持ち良さそうですが季節は冬。自転車で風を切るのはさぞかし応えるでしょう。体調崩さないように気をつけてくださいね(๑・̑◡・̑๑)

投稿日時:2020年12月17日 06:24 | さなえ

「正平さん、スタッフのみなさん、おはようございます」
水曜日とうちゃこ版、見ました。
「白石ノ鼻」と愛犬「ベン」、、、もう、ドラマです!!
「俺は風景の一部だから、、、」とおっしゃっていた正平さんが、主役をベンに譲って、立ち去る姿がカッコいい!!

多恵さん、元気になられて、良かったです!!
月曜日版は、多恵さんじゃなきゃ!!

投稿日時:2020年12月17日 05:50 | REIKO

空はとっても青いのに
風の冷たい冬の風景なのですね。寒さは画面から流れてこないので
気持ちよさそうに見えるのですけどもね~。

犬が登場するお手紙というのもあって正平さんも
お手紙の場所を探す気持ちに熱がこもっている感じ。
写真の、犬の後ろ姿がかわいいです。

高浜の駅や付近が映った瞬間にむかし松山に遊びに行ったこと、
興居島の友達は元気にしているのかなと思いだしました。
連絡をしてみよう。

投稿日時:2020年12月17日 05:24 | るる☆

高浜駅までの細い道、いいですね。
よくこんな道見つけましたね。
高浜駅、あじのある駅です。

投稿日時:2020年12月16日 22:45 | 山山

今日は全国で何台もの『6号車』が
出発したり、了解したりしたことか...。
茨城のこの地からも、ね。

たのしいね~こころ旅。
コロナ禍、最後の癒やしです。
今週は新井さんもいるしぃ。

投稿日時:2020年12月16日 22:16 | may

正平さんにすけべと言っちゃった食堂のご主人。
すごい!
正平さんに出会って、オレなら緊張で言葉出ないなぁ。

1号車、2号車、3号車。
言葉遊びに興じるおじさんたち最高。

とうちゃこ地点は暖かそうで、1日釣りして過ごしら日々のストレス忘れさせてくれますねぇ。

ブログに登場のネコちゃん。
いつか映像で見たいですねぇ。

投稿日時:2020年12月16日 21:04 | タケヒロシ

楽しそうだったなぁ❣️「1号車!…」に続く子どもたち(≧∇≦)❣️見ていてホントに楽しくなります♪天気が良くて気持ち良さそうですが季節は冬。自転車で風を切るのはさぞかし応えるでしょう。体調崩さないように気をつけてくださいね(๑・̑◡・̑๑)

投稿日時:2020年12月16日 20:54 | さなえ

正平さん今晩は、たくさんの懐かしい景色をありがとうございました。名古屋に来て10年目ですが、以前、総合公園のすぐ北側に住んでおり、毎日公園を見上げながら生活をしていました。52番大山寺までジョグをし、山越えをして降りたところが正平さんが電車を見送った場所や梅津寺の海沿いでした。レアーなところを通られたのには監督さんの調査を感心しました。そのころ海では武田大作さんがカヌーで練習をしているのを見かけたこともありました。三津の渡しも何度かお世話になりました。穏やかな瀬戸内の海を本当にありがとうございました。明日は、トライアスロンで何度かお邪魔した中島、楽しみです。


投稿日時:2020年12月16日 20:29 | 大野茂

969日目の旅、観たよ。
「白石ノ鼻」
松山風カツ丼(白っぽいのが特長らしいですが)
味わいたいです。
渡し船、対岸から来るの反応が早かったですね。
監督さんが慌てて、謝りに行くのが可笑しかったです。
愛犬ベンが景色を観ているのと同じように
私も犬を飼っているので、犬とベンチで景色を観ています。
寒い寒いロケ日だったようですが
今日も寒波が押し寄せ、ロケをしているとすると
寒かったでしょう。

投稿日時:2020年12月16日 20:26 | ももの爺

正ちゃん、頑張られました!強風の中、お疲れ様でした!
カツ丼バッチリ効きましたね\( ˆoˆ )/
1号車、2号車…イイ感じでしたけど、またやって下さらないかな?
白石の鼻、wikiによると古代祭祀場だそう…(o_o)
きっとパワー注入されましたね(^^)明日も楽しみです( ◠‿◠ )

投稿日時:2020年12月16日 20:15 | チャリンコチエコ

正平さん、写真の検証地だんだん早くなっていますよね!
凄く可愛がられ、熱い絆で結ばれていたお父様とベンちゃん。
「黙って動かず海を見つめるベンちゃんの姿」の箇所を読まれる度、何度も、涙が滲みます。
白波たつ荒い海と、ドーンと重なっている白い巨石が、ミステリアスな風景が印象的な白石ノ鼻。
お父様の釣りの場所素敵ですね。
きっと、ベンちゃんも大好きな所だったのでしょうね。

投稿日時:2020年12月16日 20:06 | kimiちゃん

松山市高浜町白石ノ鼻は,釣り好きの父さんの釣り場。愛犬ベンと訪ねた時の奇跡。ベンはお父さんのことが分かっていたのでしょう。松山名物:俳句・温泉・お城・(窓?)などは勿論ですが,瀬戸内海に面した浜辺を紹介してくれた,銀岡さん,思い出のお手紙ありがとう。朝版では,「三津の渡し」が映りました。正平さんは今日のコースの都合で乗船しなかったのですが,私には,正平さんが立っていた場所が「こころ旅」の場所です。朝版を見ながら,4年前に乗船した渡し船とこの場所の思い出を辿っていました。ブラタモリで,タモリさんと桑子さんが乗船した場面を回想しながら…。

投稿日時:2020年12月16日 19:51 | 昔はマンガ大好き小僧

なんとも綺麗な青い海にあちこちにに奇岩だらけの白石ノ鼻。銀岡さんのお父様はこの景色を見ながらのんびりと釣りを楽しんでらしたんですね。しかし、電車で30分、正平さんは自転車でしたがお父様は歩きのはず。よほどこの場所が気にいられたんですね。
「此処だ!」って座り込んだ正平さんの黒い影が愛犬の(ベン)のように見えました。ダブルの思い出に涙が溢れるのが痛いほど分かります。景色は綺麗でしたが冷たい海風はきつかったでしょう。1号車も2号車も皆さん、お疲れ様でした。

投稿日時:2020年12月16日 19:38 | GUREKO

正平さん、いつも先頭1号車だから風をまともに受けて寒いですよね~。ちべたいお顔をあっためてあげたい!
最高の褒め言葉?「大好きよスケベなところが」のおじさんは大盛カツ丼のおとうさんでしたか(笑)3つの元号をモテモテで生きている正平さんは男性にも憧れの存在ですよね~。
お船がむかえにきちゃって慌てる正平さんがとっても愛らしく、、、たまりません!

投稿日時:2020年12月16日 16:59 | おかか

お昼のカツ丼の器、砥部焼ですよね。松山の内陸部にある焼き物です。旅した折りに体験学習した折り器は今も食卓を賑わせています。今日の白石ノ鼻に亡きお父さんの後ろ姿をじっと見つめている、やさしいベンの尻尾がゆらゆらと優しくゆれている、姿が目に浮かびました。鼻先がツーと痛くなります。私もそこにいることを、許してください。

投稿日時:2020年12月16日 14:36 | ちいちゃん

正平さんらしい! 上から街を見下ろして「窓だらけっ!」
いいですね。
私も今度言ってみます。

渡し船も来ちゃいましたね、ありゃりゃ。
番組ファイルをあげてペコペコ謝る監督さん。
監督さんのリュックにはファイルがたくさん入ってるんですね(笑)

毎日綺麗な景色を届けてくださり
ありがとうございます。

投稿日時:2020年12月16日 13:12 | ほりゆん

渡し船のことの顛末は
月曜版で見たときは よくわからなかったけれど
今朝はよくわかって より楽しかったです( *´艸`)
空振りに終わった お船の方も
怒るでもなく 大きく手を振られて
何だか ほのぼの~♡ あたたかい気持ちになれました。
とうちゃこ版では 
わたしも 一緒に海辺に座った気持ちになれそう。。。
楽しみにしています(^^)/

投稿日時:2020年12月16日 12:45 | norinorimiffy

愛媛県2日目は、松山市内へ。

銀岡靜香さんの大切な場所は、「白石ノ鼻」。
お手紙を読みながら、愛犬家の正平さんは、ピンと来たはず。
ワンちゃんの嗅覚と、第六感はすごいです。
20年前に亡くなったお父さんと、なんらかの因果のある場所だ!と、正平さんは踏んでいることでしょう。

今年亡くなった愛犬ベンの魂を追いながら、お父さんを思う旅。
とうちゃこ版を楽しみに待っています。

投稿日時:2020年12月16日 11:15 | 川崎ジンジャーエール

松山都会じゃん!窓だらけ!さすが着眼点が凡人とは違う正平さん。
ブログでもその達人ぶりが色々と。もう10年やってんだから余裕っすよ!というドヤ顔が目に浮かびます(^^)v
今日もいいお天気だけど海風が向かってくるからカツ丼でパワーチャージですね。
渡し船をちょいと覗き見していたらアララァ〜お迎えにきちゃった。監督が番組ファイルをお渡ししてペコペコお辞儀。大丈夫、笑顔で手を振ってくれていました。
釣り好きのおとうさんと愛犬ベンが好きだった風景へのとうちゃこ楽しみです。

投稿日時:2020年12月16日 10:58 | ゆきぱん

渡船のスタッフさんに頭を下げる監督さん。昨年の秋の旅、音戸大橋の辺りで見たような風景?朝からクスッと笑わせていただきました。完璧に地元の日常に溶け込んでますねえ!

投稿日時:2020年12月16日 09:42 | ゆっこ

正平さん スタッフの皆さん チャリオ君おはようございます。愛媛県の旅2日目、松山市内が見わたせる松山総合公園から。周りは窓だらけ、窓屋さん大儲けと1発。お手紙の目的地へ。食事は2日目も丼物。初日はイカ丼、今日はかつ丼、美味しく食べる正平さん。相棒は親子丼。途中寄り道で渡しの船着き場へ。対岸できづいた船頭さん迎えに。乗るつもりはなかったので、真剣に謝る監督さん。目的地の愛犬とお父さんの思い出の場所へ。とうちゃこ版で見られる景色、楽しみです

投稿日時:2020年12月16日 09:38 | まさふみ

感染対策のマスクが
みていても辛そうであんなに暑かったのに...。 
アッという間に寒いとボヤキの季節・・・。
コロナに振り回された一年でした。

駒ちゃんのコロナ体験を
今あさイチで聞いて驚きました。
行動の速さと念のためと受けたPCR検査。
喉の痛みだけでここまでした素晴らしさ。
これからも頑張ってね~♡

投稿日時:2020年12月16日 09:33 | may

監督さん、菓子折り持って謝りに行く
親御さんのようです(^ω^)
公園の主のニャンコ、見たいな( ͡° ͜ʖ ͡°)

投稿日時:2020年12月16日 09:29 | チャリンコチエコ

こころ旅についてではないのですが、失礼します。
大好きな駒村多恵さんが、あさイチで、以前コロナを発症されたことを、知りました。
みんなが知りたい事を、細かく分かりやすく、ひとつひとつ丁寧にお話しされ、ずっと耳を澄ませていました。
公表された駒村さんの誠実さに、頭が下がります。
来週も拝見させて頂きたいと思います。

投稿日時:2020年12月16日 09:26 | kimiちゃん

昨日のとうちゃこの小さな桟橋。渡るの見てて海に落ちそうで、私も怖かった!でも青い海キレイでした。今日のランチはカツ丼。2日続けて丼ですね。新井さんは全国の親子丼を制覇が、目標なんですね❗️ せっかく来てくれた渡し舟、正平さん乗れば良かったのに(笑)

投稿日時:2020年12月16日 09:24 | 美奈成の母

やっぱり、白石の鼻だ!朝から涙がとまりません。懐かしくて 嬉しくて…。京都に来てから50数年 高浜の実家に帰るたび元気をもらいました。松山で一番のおすすめの場所です。スタッフの皆様、正平さん、お手紙を出された 銀岡さんに感謝感謝です。
とうちゃこ版が楽しみです!

投稿日時:2020年12月16日 08:55 | ゆきあやばば

「正平さん、スタッフのみなさん、おはようございます」
火曜日とうちゃこ版、水曜日朝版、見ました。
伯方島のとうちゃこ地点の桟橋、怖っ!!足元が、、、。私なら、ブルブル、、、。でも、瀬戸内の海が、美しかった〜〜〜!!

朝版は、正平さんがお手紙を読まれた時点で、ウルウル。
犬の忠誠心は、本物ですよね?

投稿日時:2020年12月16日 08:45 | REIKO

今朝もブログに正平さんの特殊能力に付いて書かれてあるが正平さんが見つけた石鎚山ももしかしたら雪が積もってるかも。大雪のニュースがあちこちから届いている。此処は何処?って月曜から思ってたら(松山総合公園)って。松山城に相対するからこんな古城風にしたのかな?また疑問が1つ減りました。正平さんが銀岡さんのお便りを読み始めて目に止まった便箋の銘柄。定年後に「大津絵」を習い始めた父は京都のこのお店に墨だの筆などを買いに通ってた。ちゃんとした便りを出す時は此処の便箋を使うように教えられた。銀岡さんのお父様の思い出とは全く違うけど私も父の思い出が懐かしい。月曜に見た渡しの顛末は正平さんが慌てた通り迎えに来てくれたんですね(笑い) 色の薄い丼はカツ丼。どんどん疑問が解けていく。天気でも風は冷たい。白石ノ鼻はどんな風景だろう。

投稿日時:2020年12月16日 08:41 | GUREKO

 ヨーロッパの様な場所からの、窓だらけ?!の松山市の風景、いろんなスタート場所を探される監督さん達、毎日御苦労様です。渡し舟では行かないのだけれど、ついつい好奇心が邪魔すると…世話がかかるおじさんです(^^;;
 白石の鼻、愛犬が海釣りをするお父さんの幻姿を見つめるこころの風景、どんな所なのか…とうちゃこ版が楽しみです。

投稿日時:2020年12月16日 08:05 | こもまま

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2021年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

検索

バックナンバー