2020年10月22日 (木)【岩手2】蔵の町



江刺は水運で栄えた町
北上川の水運により、
交易の要衝として栄えた
江刺。
今でも百あまりの土蔵が
残っているそうです。

 





歩行者専用道路での発見は・・・
歩行者専用道路で
正平さんが見つけたのは・・・

 

 

 


 



雑貨屋さん
蔵を利用した
雑貨屋さん。

 

 

 

 

 


お買い上げ
“コケ”を育てる器を
探していたそうで、
購入しました。
※結局はくだものを入れて
 いるそうです。

 

 

 

 



リンゴジュース♥
青森から引き続く
“リンゴジュース”LOVE
岩手でも続いていて
江刺産のリンゴジュースをゲット♪

 

 




今夜7時からの『とうちゃこ版』見てね!
お父さんを亡くしたあと見つけた
川井さんの「こころの風景」は
7時からのとうちゃこ版で!!

 

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

           (*´^`)『今晩は!』
 正平サン、スタッフの皆様、、この週は北上川沿いを南下していく旅ですか
(前々日の投稿で 北上川は「良い川だ」を「橋だ」としてしまいました。
       正平サン、どちらも素晴らしいので、、許して下さいネ。)
 道中…刈り干しした米が 整列した案山子のようで可愛い。
…「餅、食いて~」、、(食べさせてあげたいッス!)
…道端に咲くマリーゴールド、ペチュニアが 秋いろに色を添えます。
…チャリオ君の鞄に いつの間にかジャラジャラが増えていました。
…高い青空と雲の形が、季節感満載。
…向山公園からは どこか懐かしい風景が拡がっていました(u_u*)アキデス

投稿日時:2020年10月25日 20:41 | 

中学3年生というと、今だとお父さんとは
微妙な距離感となる年頃ですがお手紙を見る限り
お父さんのことを尊敬して慕っていたのかなと思います。

展望台が見えた時 
風の通り道(追憶バージョンと呼びたい感じ)の演奏が流れていい感じ。

稲の人形みたいなの や
指にとまるトンボ
(あんなに簡単にとまるんですか!?正平さんだから??)
秋ですね~。

投稿日時:2020年10月23日 05:18 | るる☆

岩手県の北上川を南下する旅は、奥州市へ。
川井清子さんのお手紙は、「岩谷堂の向山公園にある展望台から見た、散村風景」です。

中学3年生の清子さんに、突然の別れとなったお父様。
しかし46歳で、すでに人生の大切なメッセージを残されていたことに、お父様の愛あふれるお人柄を感じます。
「自然を大切にすること」「人を愛すること」「物に対しての感謝を忘れないこと」。
15歳で受けとめてた清子さんを思います。

とうちゃこした向山公園は、空に近い場所。
流れる雲が……まるで生きているお父様に見えます。
お手紙の「散村」という言葉が新鮮で、深く残りました。
たしかに家々に、さりげない距離感があって、風通しのよささえ感じます。
(これがコロナ禍から救っている理由かもしれませんね)

ゆったりと流れる北上川がつくる、人のこころの豊かさ。
正平さんの走る風景に、清子さんのお父様の姿が何度も浮かんだ旅でした。

投稿日時:2020年10月23日 05:14 | 川崎ジンジャーエール

おはようござる。夕版見たよ 岩谷堂へ出発で人形型の稲干しで癒やされ
トンボも良いね。長い坂を上がるギアを変えるがキツイ。これ以上ないと愚痴が出た。坂の上には向山公園が待ってるからと気合を入れる正平殿、ケッパレ。 とうちゃこ 見えた栗駒山 野焼き 少し紅葉の木々 屋根が光る コンバインの稲刈り 豊かな日本の情緒ある風景に癒やされる 良い所だ。ところで人形型の稲干しはコメが付いてた? コンバインでは粉砕されるから 稲刈機&手刈りか? ホット出来る風景を見せてくれて ありがとう。 吹田のヒゲ

投稿日時:2020年10月23日 05:07 |  吹田のヒゲ

「正平さん、スタッフのみなさん、おはようございます」
木曜日とうちゃこ版、見ました。
スタート地点、いずこも素敵なところですね?
岩手も、稲作が盛んなようで、「ほんにょ」がカワイイ!!
正平さんが、頭をつけたくなる気持ち、分かります。
蓑笠しょった人、人、、、妄想中。
若くして、お父様を亡くされたという川井さんのお手紙、心が静まる場所は、散村風景。
ええとこでした。
岩手も、坂道多し!!お疲れ様です。

投稿日時:2020年10月23日 04:21 | REIKO

今日は、7年前のとうちゃこ地点からのスタート。
稲(米)の天日干しの仕方が各地で独特。
新潟だとハザ木に棒を横向きに固定して、そこに掛けて乾かします。
最も今の主流は、コンバインで刈って乾燥機で米を乾かす。

正平さんがとうちゃこ版の終わりで、「お手紙寄せたの4月」と吐露。
北海道、太平洋側の東北の旅は、秋だけど春の旅の宿題、延長戦という感じです。

投稿日時:2020年10月22日 23:29 | タケヒロシ

刈り取った稲を積み上げたかわいいやつは「ほんにょ」というんですね。かわいらしい呼び名だなぁ。赤とんぼに好かれる正平さん。
日に日に秋が深まる風景を番組を通じて愛でて和ませてもらっています。
時々ランチにハンバーガー&コーラが登場するけど正平さんが食べるとオシャレでサマになっているなぁと思うんです。ハワイの雰囲気が醸し出されているような・・
向山公園まで坂道がジャブのようにきいてきましたね。チャリオをおりてからも階段上がってフーフー。
お手紙の川井様、久々の散村風景を見ながらお父様の事や故郷のことに思いを馳せてご覧になったでしょうね。

投稿日時:2020年10月22日 22:35 | ゆきぱん

946日目の旅、観たよ。
「向山公園にある展望台から見た散村風景」
樺山遺跡は264日目の旅でしたね。
あの時は脱穀をする笑顔が良い、仲良し老夫婦に
感動した書き込みが多かった思い出があります。
くも膜下出血で亡くなったお父さんということで
私の父を思い出しました。私の父は一命を取り留め
不自由にはなりましたが、平均寿命は全うしました。
アボカドチーズバーガー、美味しくて何より。
トンボに好かれる正平さん、さすが。
散村風景、堪能しました。


投稿日時:2020年10月22日 20:48 | ももの爺

トンボのカップル、休憩場所よう心得てはる(^_-)
田んぼに並んだ大っきなみのむし。
こおろぎの合唱。
野焼きの匂い。
おいしいおもち、もう食べはった?

投稿日時:2020年10月22日 20:12 | あはれ交はしたるかげろふいとをかし

向山公園への旅お疲れ様でした。
スタート付近の「ほんにょ」さん達、丸っこくて可愛かったですね。お米の干し方に地域性があるなんて! 私が育った所は横に渡した竿に、稲の束を二つ割りにしてどんどんかけて干してありました。最近は刈り取りと同時に脱穀されて、藁も細かく切られてしまうので、穂に付いたままのお米干しは、日本の秋の貴重な風景になりましたね。
さて、展望台からの眺め、こんなにもパノラマビューが望めるということが、相当な坂を上ってこられた事を証明していました。清子さんは、ここでお父さんと何をお話しになっていたのでしょうか。「生きていく上での3つの基本」を今でも忘れずサラリと挙げられる事に、突然亡くなられたお父さんへの思いが、とてもよく表れているような気がしました。

投稿日時:2020年10月22日 20:11 |  pon

岩手県の素晴らしさに感動しています❣️
日本の原風景というのかどこもかしこも素晴らしい❗️
正平さんの言うとおりいっぱいお米食べなきゃですね(o^^o)
普段当たり前のようにお米があるから食べたい時に食べますが作って頂いているからこそですよね!
正平さんの立てた指にトンボ❣️わたしも今度やってみよう\(^o^)/
展望台からの景色素晴らしかったですね。広くて近い空を見ればお父さんを近くに感じることができますよね。

投稿日時:2020年10月22日 20:07 | さなえ

遠い山々や、街並みがハッキリと見える展望台からの景色の素晴らしさ。
そして御父様の、「生きていく上での三つの基本」の、ひとつひとつが心に強く刻まれました。

投稿日時:2020年10月22日 19:47 | kimiちゃん

日本全国坂がつきものですが、ご苦労さまです。
その先はそれぞれですが今日の展望台からの散村風景は、
なんとのどかなこと、
秋らしくよかったです。明日がまた楽しみです。

投稿日時:2020年10月22日 19:47 | カヌキヤマウラコ

天国に召されたお父様にドンドン近づいて行くように高校生になった川井さんはこの坂を上り、もっと近くなるように向山公園の展望台へと上ってたんですね。
でも71歳になった正平さんにはず〜っと上りのとうちゃこまでの道のりは自転車でも歩きでもさぞかしキツかったことでしょう。腰に手を当てた後ろ姿に「疲れた〜」って気持ちが出てましたもの。女性監督さん、スタッフの皆様もお疲れ様でした。

投稿日時:2020年10月22日 19:40 | GUREKO

今晩は。パソコン使える様になりました。朝版見たよ 今週はグッとくる話が多いですね。お父さん46才ですか、早すぎますね。公園から見た山村とは どんな風景でしょうね  吹田のヒゲ 

投稿日時:2020年10月22日 18:48 |  吹田のヒゲ

こころ旅の皆さんと一緒に旅してる気分で、毎日楽しみに見ています。
80代女子4人で10月6〜9日福井から東北の旅へ。一ノ関から平泉辺りをタクシー運転手さんに案内してもらったのですが、福井では見かけない例のカワイイヤツ達の事を''ほんにょ''って言うんだよと教わりインプット。その時写真に撮れなくて後日残念に思っていたら、今回こころ旅で沢山見ることが出来て、嬉しいのなんのって、ラッキー!!
赤トンボにも好かれる正平さんとスタッフの皆様、これからもその感性でよろしくお願いいたします。風を感じる旅を共有させて下さり、ありがとうございます。 

投稿日時:2020年10月22日 17:27 | Dyuku

今朝、母から電話があり「岩谷堂やってるでー」と。
私の生まれた町。母のそだった町。
遊んだ向山公園。
懐かしく今晩、楽しみに見ます。

正平さん、頑張ってくださいね~

投稿日時:2020年10月22日 15:28 | はなみち

もしかカーゴパンツかな‥?
ポケットが大きくラフな感じが、カッコいい~!
我家も愛用する好きなイチオシで、気になっています。
ランチのバラエティーさが楽しく、正平さんの表情も幸せそう!
テイクアウトしたこともないので、興味津々!
毎日の穏やかな自然に、岩手のあったかさを感じています。
田んぼに、ミノを着けてるような愛らしい姿
人が立っているようでした。
とうちゃこの展望台からの景色を、楽しみにしていま~す!


投稿日時:2020年10月22日 14:34 | kimiちゃん

ハンバーガーにはポテト。
ポテトを「おいもさん」っていう正平さん うふ(*^_^*)
さてそのハンバーガー ボリュームたっぷりで美味しそう。
アボカドが気になる(^^;) 久々にハンバーガー食べたくなりました。
広いお空と広い田んぼ
その中を 突き抜けていく 正平さんの後ろ姿。
思わず深呼吸したくなるような映像が素敵です♡
展望台からの風景。楽しみにしています(^^)/

投稿日時:2020年10月22日 13:42 | norinorimiffy

ランチのハンバーガー、美味しそうー!頭から離れなーい(°▽°)

投稿日時:2020年10月22日 12:28 | 美奈成の母

 2013年秋の旅のゴールであった北上市の樺山遺跡から出発。当時、脱穀作業をしている親切なご夫婦が懐かしく、ミノを着たヒトみたいな稲の掛け干しが「ほんにょ」だとブログで教えていただきました。
 「ほんにょ」が続く田園の道を走って坂を上った公園でランチタイム。テイクアウトしたアボカドチーズバーガーは美味しそう。坂がきつそうでしたから、坂の上で食べようと言った南部さん、正解でした。
 川井さんの天国のお父さんと語り合える場所「向山公園の展望台」にとうちゃこして、そこから見た散村風景が楽しみです。

投稿日時:2020年10月22日 09:09 | ココア

たぶん春の旅からAカメ車の低い位置にカメラがついたと思うのですが、秋の旅になって威力を発揮してますね。
高い青空と白い雲がきれいだな~。

投稿日時:2020年10月22日 08:56 | ぼぶ

亡き母もりんごジュースが大好きで認知症検査に通った病院での待ち時間潰しに売店にあった青森のりんごジュースでごまかし、ごまかしながら少しずつ飲ませてた。今朝のブログには正平さんのこころ旅中の様子が紹介されてて楽しく拝見しました。
広い岩手県、2週目の3日目も天高く秋らしい雲が広がった青空に清々しい空気が漂って来そう。稲刈りの田んぼには遠くで見ると愛らしく見えた稲穂のお人形さん達も実際は正平さんより背高さん達。あっちにもこっちにも整然と並んでいる。秋の旅ならではですね〜
(アボカドチーズバーガー)って聞いただけで美味しそう〜!これは公園でのランチを選択して正解でしたね。川井さんの突然の別れとなったお父様と再会できる場所を見つけた時の気持ちはどんなにか心が安らいだことだろう。さあ、どんな景色かな?

投稿日時:2020年10月22日 08:27 | GUREKO

こころ旅で知ったことのひとつに日本の田園風景の美しさがあります。そして緑色も黄金色も正平さんによく似合います。
新米の季節、お米大好きな正平さんはどこで初の新米を食べたのかな。と思ってたら今日のランチはパンでしたーー!
チャリオで、自分の脚で、坂をのぼって頑張った人だけが味わえるコーラとハンバーガーの美味しさは格別ですね。
展望台は大丈夫そうかな??気になる~!

投稿日時:2020年10月22日 08:05 | おかか

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2020年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

検索

バックナンバー