2020年10月15日 (木)【岩手】復興の町を行く



スタート前に出会ったのは・・・
朝、スタート前に出会ったのは・・・
車中泊で旅するおじさん。
自宅に帰るのは、1年にひと月あるかないかだとか( ̄д ̄)




高田松原津波復興祈念公園からスタート
2013秋の旅のゴールだった高田松原。
いまは、高田松原津波復興祈念公園として整備されていた。

 

 

 

 

 

奇跡の一本松前
「奇跡の一本松」をバックに
お手紙を読む正平さん。

 

 

 

 

小雨に降られる
スタート時は降ってなかったけど、小雨が降ってきた。
村上さんが思いをこめて彫った羅漢さんに会うために、ひた走る。

 

 

 

 




結構な上り坂
<今夜7時のとうちゃこ版>
やっぱりキツい!上り坂との戦い
五百羅漢の娘さんと愛犬の像は・・・
7時からじっくりご覧くださいね。

 

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

今日、朝版、とうちゃこ版観ました。そして、ここのメッセージ欄に投稿者様からのメッセージを拝見して間違いなく娘さんとワンちゃんに会えたんだと思うと胸が熱くなりました。

投稿日時:2020年10月20日 15:39 | dorango

      『今日は!』
 正平サン、スタッフの皆様、、1週間が あっという間に過ぎて行きます。
   
 黄色は秋に一段と映えますネ。
復興の町を走る時のBGMは 更に心に染み入ります。

 「普門寺の五百羅漢」広範囲に点在している中で 良く探して下さった!
愛らしい娘さんと愛犬の像。、、澄江様にかける言葉がみつかりません。
………供養になります様に、、。
 正平サンの深い溜め息が 何かを伝えていたような、、。


 

投稿日時:2020年10月18日 15:56 | 楠 

普門寺の五百羅漢の、澄江様が彫られた娘さんとワンちゃんの石仏との対面シーンは、
日曜日に再放送で拝見したときも、涙が出てしまいました。
可愛らしさで胸がさらに熱くなります。
おこがましいことを申し上げることをお許しください。
天国で安らかに過ごされている皆様の、写し絵のような場所に思えました。
ワンちゃんは、娘さんのそばで、安心して居眠りしているのですね。

投稿日時:2020年10月18日 13:08 | 60代の秀ちゃん

メッセージ 途中で送信になってしまったのかもと 再度です。
娘とワンコ見つけて頂き有難うございました!
放送をみてウルッとして 皆さんの応援メッセージ読んで また涙してしまいました。ありがとうございます。正平さんがお元気で これからもこころ旅続けられる事を願っています。

投稿日時:2020年10月18日 09:18 | 村上澄江

優しい雨がふる普門寺の苔むした境内。色んな表情の羅漢さんがひょっこりのぞいて「ようこそ〜」と正平さん チームの皆さんを招き入れる・・見つけられるかな?ヒソヒソ話しが聞こえるような雰囲気。
あった〜ありました。リボンがついてるピースの娘さん、うたた寝しているワンちゃん。
どちらも柔らかいお顔でしたね。画面越しに手を合わせ一礼させていただきました。

朝版で出会った車中泊で旅するオジ様の人生いっぱい背負っても重いだけやでぇ、好きな事して生きて行く!の言葉にもドキッとさせられました。自然体で生きるって簡単にはできないなぁ。色んな誘惑に弱い自分がいますから。
とても内容の濃い942日目の旅路でした。

投稿日時:2020年10月17日 16:33 | ゆきぱん

こころ旅お疲れ様です。
正平さん 娘とワンコ

投稿日時:2020年10月16日 21:03 | 村上澄江

録画して見たので
さっき見て涙してます
正平さん見つけられましたね
良かった、どんな羅漢さんか拝見したかったので
笑顔でピースの娘さんと寄り添うような愛犬と
おこがましいの一言にどれだけの溢れんばかりの思いを感じました
こんなに五感に訴えかける番組はありません
素晴らしい番組だと思います
皆さんの投稿見て上手く書けない自分を代弁してくれるような
コメントの数々で、すっきりしました

投稿日時:2020年10月16日 18:56 | たまにポタリング

やさしい文字でサインを書き
若い柿の木に声をかける正平さんは
心の優しい人なのでしょうね?
(そーいうことを書くと、困って照れると思いますが。)

ピース&わんこ の像を探すために
テイク2になりながらも(!?)みんなで探して。。。。
見つかりましたね。
娘さんの胸のリボンは制服からの、でしょうか。

見つけた時の正平さんの声や言葉が優しかったですね。

投稿日時:2020年10月16日 05:17 | るる☆

「正平さん、スタッフのみなさん、おはようございます」
942日目の放送は、最高でした!!
奇跡の一本松を背にお手紙を読み、ユニークなおじさんに会い、実をたわわにつけた柿の木に目をやり、坂道の先に普門寺の五百羅漢さん。
朝版のユニークなおじさん、、、人生の達人のようで。
ボランティアもされてきたんですね?
羅漢さんを探すシーン、一周目で分からず、、、二周目に探し当て。
カワイイ娘さんとワンコ。上手に彫られていました。
思いを形に出来るんですね?
やさしい笑顔の娘さん。見ている人全員が、感動したことと思います。
♪だれだってあるんだろう こころのおくに 宝物の地図 たいせつな場所へ♪微笑む羅漢さんは、私の宝物になります。

投稿日時:2020年10月16日 05:11 | REIKO

わが子を想いて石を刻み、愛犬を悼みて石を削る。母の慈愛は幼子らを蘇らせ、刻を越えよと涙の雨を降りそそぐ・・・番組が終わっても夫婦ふたり、ただ声もなく。

投稿日時:2020年10月16日 04:47 | マルヤマトシアキ

昨日・今日と朝ドラ「エール」で、ずっしり重い気持ちになり
「こころ旅」では震災からの年月を感じる新しい街づくりが見られ
秀逸の2番組から生きている者の責任をつくづく感じました。

震災後に正平さん達が走る被災地は毎回おびただしい数の工事車両が
行き交い心から「頑張ってね!」と祈ったものです。
三陸各地の復興をこの番組で見る度に人間の底力を感じます。

被災地の方々から見たら復興はまだまだと言われるでしょうが
皆さんの明るい表情がテレビを見ている私達には救いになります。

投稿日時:2020年10月16日 00:32 | Mako

あの日。癌の手術を受けるために大学病院で検査を受け、遅い昼御飯を娘と病院の食堂で摂っていました。
突然、大きな揺れを感じ天井を見上げると吊り照明が大きく揺れていました。食事をしていた数人が、危険を感じ、外へと避難を始めました。
電線は大きく揺れていました。
急いで家に戻り、姑の無事を確認し、テレビのスイッチを入れた途端、あり得ない津波の映像が映し出されました。そこには津波から逃げる車も映し出されていました。逃げてー!思わず小さく叫んでいました。
あれから9年と7ヶ月。
五百羅漢を拝見していると個性豊かで、愛が溢れておりました。
娘さんとワンちゃんの羅漢さんが見つかって良かったです。
ご冥福とご家族の御幸福を祈らずにいられません。
涙で濡れるとうちゃこでした。

投稿日時:2020年10月15日 23:09 | さくらパフェ

岩手県3日目、陸前高田市。
「とうちゃこ版」を拝見しました。
村上澄江さんの「普門寺の五百羅漢」。

五百羅漢さまは……触れていくと、その中に温かい石仏があって、そこに肉親の「魂」が宿っている、と言われていますね。

正平さんに見つけられて――娘さんと愛犬の羅漢さまが、ポッと赤らんだように見えました。

お手紙を再び読みながら、正平さんもなにかをこらえていらっしゃるようでした。

私に忘れられない「こころの風景」が、またひとつ増えました。

投稿日時:2020年10月15日 23:01 | 川崎ジンジャーエール

朝版に登場のおっさん。自由人過ぎてたまりません。
車に衛星アンテナつけて、南側に向けるの大変なことでしょう。
9年前は津波に遭遇したのでしょう。
生きてるだけで丸もうけです。

羅漢は言わばお墓といえるのでしょうか?
表情が豊かに見えるのが不思議ですね。


投稿日時:2020年10月15日 23:00 | タケヒロシ

 正平さんの「おこがましい」という言葉、その心映えがとても好きです。わざとらしく、とってつけたような鎮魂や追悼の言葉を決しておっしゃらない。言葉にしなくても、本当に心があれば思いは伝わります。今日の羅漢さんたち、みないいお顔でしたね。

投稿日時:2020年10月15日 22:54 | なもないのばな

「こころたび」池田綾子さんの歌声で涙。
正平さんの「こころ手紙」で涙。
食事をとったピザ屋さん。かさ上げを13Mして
おととし、引き渡しになり、喫茶店はダメでピザを作る修業されたとのこと。ご苦労されたと思います。少しずつ、復興されているのですね。
被災地の事を忘れてはいけないと思いました。
五百羅漢、1像ずつ色んな表情があり、造られた方々のお思いが伝わりました。
正平さん、見つけていただいてありがとうございました。

投稿日時:2020年10月15日 22:21 | ☆わいは☆

雨の中、正平さんが「あっ!」と指差した先に、ピースサインで笑顔の娘さんと愛犬の石仏を見つけてくれた時は涙が溢れました。正平さん見つけてくれてありがとう。ありがとう。・・・合掌。

投稿日時:2020年10月15日 21:31 | ぽんぽこ

いつも楽しみに拝見しています。
今日の岩手陸前高田普門寺の五百羅漢は
正平さんスタッフの方が
どうしても探すぞという優しさ
そして見つけた時のこちらに伝わってくるなんとも言えない切なさ。
涙が出てきて震災の悲しみがまた伝わってきました。
しかしピースをした子、その隣で寄り添う愛犬は
とても優しく家族の愛を感じました。
二度と同じ様な悲しみがありませんようにと祈りたいです。
正平さんスタッフの皆さんこれからも気をつけて
ステキな度を見せてくださいね!

投稿日時:2020年10月15日 21:27 | どらちゃん

 「奇跡の一本松」からの風景、2012年の春の旅のときよりは見事に復興されていて、うれしく思いました。
 雨の中、五百羅漢までの上り坂を頑張ってくださり、村上さんが彫られた娘さんと愛犬の石像を見つけられたときは、今日も涙が溢れました。
 ピースした娘さんと愛犬の石像はとてもかわいく、村上さんの愛を感じました。

投稿日時:2020年10月15日 21:27 | ココア

942日目の旅、診たよ。
「普門寺の五百羅漢」
以前、奇跡の一本松を観た旅は114日目でしたね。
BSアンテナ付きの車のおじさん、今日の放送観たかな。
元気な77歳でした。
ピザ店開業のご夫婦、可愛らしく、読める文字の
サインをもらい店の宝物でしょう。
娘さんと愛犬の羅漢、発見、良かったです。
昨日のたんぽぽ摘みの少女といい、今日のおじさんといい
印象深い人が続いています。

投稿日時:2020年10月15日 21:18 | ももの爺

愛らしい羅漢さん達。
どうか、安らかに。

投稿日時:2020年10月15日 21:02 | 色男はん、お歌もお上手

こんばんは☆朝版では、あの「幻のフカヒレラ―メン」のおじさんといい勝負?のお茶目なおじさんとのあったかい出会い♪正平さんとの漫才みたいな会話に大笑い♬一転して、とうちゃこは、見つかるかなぁとハラハラ(>_

投稿日時:2020年10月15日 20:23 | プレアデス

こんばんは。
普門寺さんは、震災後、福井県のボランティアの方の宿泊場所でした。私も2泊させていただき、普門寺さんから近くの田んぼの中の片づけなどをしました。普門寺さんは何ともなかったように見えましたが、そこから町を見ると何もなく、その先は海だということがよくわかりました。それまでは町並みしか見えなかったと聞きました。
五百羅漢の話は聞いたことがありましたが、実際に見ると皆さんお顔が違って、ピースをしたお子さんの笑顔がステキで思わず微笑んでしました。

投稿日時:2020年10月15日 20:03 | mitikyo

正平さん スタッフの皆さん チャリオ君 今晩は。岩手の旅1週目の3日目とうちゃこ版。羅漢さんに向かう途中、テラスでのお食事はピザ。美味しくいただき。新しくはじめられたお店の方との出会い。開店までは大変だったと思います。そして久々に聴くこころ手紙、心に響きます。いい歌です。お手紙の羅漢さんを真剣に探す正平さん スタッフの皆さん見つけましたね。とてもかわいらしくいにっこりと✌サインのお嬢さんとワンチャン、心にしみる姿です。感激いたしました。娘さんもワンチャンを抱いて、正平さん見つめていると思います。感動のけしき、ありがとうございます

投稿日時:2020年10月15日 19:58 | まさふみ

雨の中、お疲れ様でした。
やっと見つけた娘さんと愛犬の仏様に泣けました。
美味しそうにコーヒーを飲む仏様、楽しそうにカラオケをする仏様、
カメラを手にする仏様、色々な人生が一瞬に無くなってしまったのですね。
娘さんのここからの笑顔にチカラをもらえました。感謝。

投稿日時:2020年10月15日 19:53 | TOMOちゃん

可愛らしい笑顔で可愛いピースサインの娘さんの羅漢さんと、大きな耳が特徴のワンコの羅漢さん‥
‥ただただ、涙が溢れました‥

投稿日時:2020年10月15日 19:47 | kimiちゃん

こんばんは。
五百羅漢のお手紙に出てきたピースしている娘さんと、愛犬が見つかって良かったです。
絶対に見つけるって頑張ってさがしていらした正平さん!
テレビの前で応援していました。
あっ!
有った。

嬉しかったです。見つかって良かったです。
どんな気持ちで彫られたんだろうと、思うと涙が出てきました。

投稿日時:2020年10月15日 19:46 | ゆうさん

村上さんの娘さんの羅漢さんが見つかって良かった。可愛いお顔で余計に泣きですT^T お手紙に寄り添うこころ旅、いつも感激です‼️

投稿日時:2020年10月15日 19:45 | 美奈成の母

ピースと犬の羅漢様は素晴らしかったです。
画面に映った時は胸が熱くなり涙が出ました。
笑顔の羅漢様に永遠に安らかに!と手を合わせました。

投稿日時:2020年10月15日 19:44 | るるこ

こんばんは。陸前高田市の普門寺、五百羅漢で、震災で亡くされた、澄江さんの娘さんと愛犬の像を探す旅。雨の中、スタッフのみなさんと一生懸命探す正平さんの優しさが伝わり、Vサインした像、愛犬の像を見つけたときは、私もVサインしました。大変感動したシーンを見せてもらいました。

投稿日時:2020年10月15日 19:41 | ミニ&アイ

岩手県3日目は、陸前高田市。
「朝版」を拝見しながら。

今週は…朝のテレビ小説と、「こころ旅」に、涙とともに、深く心を沈める時間が続きます。
大きな戦争と、大津波。
「犠牲」を思います。
生き残った者は、どうして生きていけばいい?
生き残った者は、なにを知ればいい?

今を生きる。
その姿を、天にいる人たちにみせて、恩を返していく。
そうして私もいつか、だれかのために「犠牲」になって、消えるのかもしれない……と思うようになりました。
そうやって続く、人間の歴史。

ワゴン車で旅を続けておられるおじさま。
なにかを暗示するように登場してくださいました。
かつてNHKドラマ「みちしるべ」に、胸を揺さぶられた日を思い出しました。

村上澄江さんのお手紙で目指す「普門寺の五百羅漢」。
娘さんと、愛犬を刻んだ、2体の羅漢さま。
「必ず見つける」
正平さんの声に、また目頭が熱くなりました。

投稿日時:2020年10月15日 14:42 | 川崎ジンジャーエール

こんにちは~。正平さんの後ろ姿今日は一段とファッショナブル!!黄色とグレーのトーン。
そして、ブーツ。おしゃれ(*^_^*)
陸前高田市。震災の記憶が残ります。
第三者の私がなんやかんや言う事ではありませんが、復興で地元の景色も変わってゆくのでしょう。正平さんが、村上さんの彫った羅漢さんを見つけられますように。とうちゃこ見させていただきます。

投稿日時:2020年10月15日 14:29 | ☆わいは☆

悠々自適の言葉がピッタリと、思いました。
キャンピングカーに、自作といわれたメルヘン的な絵。
申し訳ないですが、男性のお顔と絵を交互に見てしまいました。
正平さんと、ポンポンポーンとしたリズミカルな会話がとても楽しかったです。
「空に向かっている」と言われた正平さんの言葉に、奇跡の一本松を見ながら、ジーンとしました。
残っていたことが、凄いです!
小雨が降りだし、肌寒くみえるお天気のなか、五百羅漢へ。
気をつけられますよう~
とうちゃこを楽しみにしています。

投稿日時:2020年10月15日 14:12 | kimiちゃん

こんなに爽やかな季節でお天気もいいのに、週半ばともなると、色んなモヤモヤが積もってきます。そんな時にこれくらいパンチの効いたおじさんを知ることは、何よりの起爆剤。早期リタイア、キャンピングカー、「人生一度だから、楽しいことをしなきゃ」「人生、背負わない方がいい」、そうは言ってもなかなかできない事を、地で行ってらっしゃるのが、潔すぎて、なんだか視界がひらけたような気になります。
澄江さんご紹介の普門寺、地図上では目と鼻の先なのに、けっこう坂道がきつそうですね。一打ごとにやり場のない思いを打ち付け、二年がかりで彫られたという、大切な娘さんとワンちゃんの像が見つかりますように。

投稿日時:2020年10月15日 13:12 |  pon

お手紙の方と同じように
私も 朝ドラを見て こころ旅を見て 一日がはじまります。
今日は 戦争 震災 様々にこころが揺さぶられ
お手紙の方の悲しみも伝わって
涙が止まらない はじまりでした。
でも ちょっと風変わりなおじさんの登場に
救われました。
さて どんな羅漢さんなのかしら。。。お待ちしています。


 

投稿日時:2020年10月15日 13:01 | norinorimiffy

1日目の普代〜北山崎の激坂を完走した正平さんに、『男気』を感じました。
復興に頑張る三陸の人たち、津波の潮水を浴びても復活した森の木々、そういうものに、正平さんも応えようと、ペダルをこいだんですね。
しかも、そういう思いは語らず、これは自分一人の事だからと、同行スタッフは、タクシーに乗せ、一人で行こうとした。
でも、菊地監督も、そんな正平さんの気持ちに途中で気付いたですかね、「一緒に行きます!」とキッパリと。
菊地監督も、男気ありますね。
今日の朝の放送でも、
震災後に育っただろう、細い枝にたくさんの実を付ける柿の若木に「頑張れや」と優しく声掛ける正平さん、かっこいい!

投稿日時:2020年10月15日 11:32 | 追い風下り坂

岩手3日目は曇り空でしたか。 キャラの濃い面白いおじさん、生き方も独特なんですね。村上澄江さんのお手紙、娘さんと愛犬を震災で亡くされたと…辛い思いをなさったのですね。出来上がった羅漢さんに癒やされているとの事。それを聞いて少しほっとしました。どうか正平さんが、村上さんの娘さんと愛犬の羅漢さんを見つけられます様に!

投稿日時:2020年10月15日 10:20 | 美奈成の母

正平さん、復興って何なんだろう・・・
私の時計は、まだ10年前の14:46で止まっていて涙は渇かない。でも、正平さんのこころ旅で、いつか必ず歩きだすからね!!空元気でも、身体や心の為にはしないよりはした方がいいんだよ~(*^^*)って、いつだったかNHKの番組で聞いたなぁ(笑)
宮城で待っていま~す!!

投稿日時:2020年10月15日 09:57 | ぽんぽこ

昨日今日の朝ドラを見てこころ旅の当時の震災の時の風景を伝える映像で
上手く書けないのですが
何気ない毎日がいかに素晴らしいかを改めて思いました
今日の車中泊のおじさん、正平さんも褒めてましたねー
お金は持って行けない、年になるとやりたい事やって楽しく
カッコいい生き方ですね!
私のこれからの人生のお手本の様な方でした
とうちやこでは愛犬と娘さんの羅漢さん見つかるのを祈ってます
それと昨日の劇坂よく頑張られた素晴らしいです、拍手喝采します


投稿日時:2020年10月15日 09:23 | たまにポタリング

正平さん スタッフの皆さん チャリオ君 おはようございます。岩手の旅1週目の3日目。高田松原津波復興祈念公園。震災前は広い松林のきれいな砂浜、今は広い高い防波堤。復興を願う一本松。2012年に訪れたときは松は生きていたとのこと。お手紙は奇跡の一本松をバックに。
出発点で出会った車中泊で旅する方、衛星アンテナがついたキャンピングカー。BS見てねと正平さん。おじさん55歳で会社辞めて好き勝手しているとのこと。あと20年は頑張るとのこと。おそらく90歳まではということ。負けるな正平さん。降り出した小雨の中、お手紙の目的地 羅漢さんに会うために坂道ひたすら走ります。周りは黄金色の田んぼ。到着地でどんな景色が見られるのか、とうちゃこ版楽しみです

投稿日時:2020年10月15日 09:06 | まさふみ

震災前の松原の写真を見た。青い海と7万本もの松林が美しい観光地だった場所に造られた人工の記念公園、そしてレプリカの奇蹟の一本松。あれから10年後、コロナと世界中が戦ってる中での被災地を巡りながら正平さんの心はどのように感じてるんだろう・・・
震災でお嬢さんと愛犬を亡くされた村上さんのお便りに涙がこぼれました。一打、一打刻みながらの心の痛みと戦ってらしたことでしょう。正平さんの鋭い感で是非見つけて欲しい。
人生いろいろ!駐車場で正平さんが見つけたBSアンテナ付きのキャンピングカー。手書きのイラストもお上手だけど54歳からの悠々自適暮らしをしてる話のおもしろさ。声をかけたものの正平さんもタジタジでおもしろかった。旅は人との出会いも魅力ですね・・・

投稿日時:2020年10月15日 08:34 | GUREKO

しょうへいさん、スタッフの皆様、毎朝楽しく拝見しております。今回は、三陸の旅、故郷でもある三陸、震災後10年色々なご苦労を乗り越えていらっしゃるのですよね。コロナ禍の中、よく行ってくださいました。映像を見てこちらも、元気をもらい、また頑張ろ!と元気頂きました。私の故郷の風景は変わってしまいましたが、心の風景は一生、消えることのない大切に残ります!だから生きていけると思っています。とうちゃこ版も、拝見します。五百羅漢さまに会えますように祈ってます!では、お身体大切に、旅を続けてほしいです!応援しております!

投稿日時:2020年10月15日 08:32 | まめくんママ

しんみり始まったお手紙から一転、正平さん以上に子供のおじさん登場!なんか通ずるものがあるんですね、話が尽きませんねwまさかふたりとも飲んでませんよねww朝から面白いコントありがとう!
たった15分に笑いあり感動ありの大きい振り幅!これぞこころ旅!

投稿日時:2020年10月15日 08:07 | おかか

 昨日今日の朝ドラエールは辛い展開…そんな朝ドラ受けのこころ旅は、やはり津波の爪痕は辛いながらも、元の姿を失いつつも、復興真っ只中の力強い街並みの様子が何だか希望に満ちていて、ホッとしています…。偶然出会った全国行脚のユニークなおじさんにもほっこり。楽しい2人の70歳代のやり取りに笑いました。
 震災で亡くした家族への想いを刻んだ五百羅漢様の眠る風景、しっとり普門寺。そんな羅漢様の存在、初めて知りました。どんな様子か…とうちゃこ版が楽しみです。

投稿日時:2020年10月15日 08:07 | こもまま

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2020年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

検索

バックナンバー