2020年10月06日 (火)【青森】木陰の名言



日ざし、つよ~い
30°Cを越える厳しい残暑の中、
延々と田園地帯を走った
この日の旅。




お昼は木陰のある公園にて
木陰のある公園に遭遇!
昼食をとることにしました。

 

 

 

 

 

ハンバーガー♪
この日のメニューは
ハンバーガー。
公園は高台、
風も通りました♪

 

 





月曜日のコーラ
恒例の“月曜コーラ”を
ひとくち飲んで、
「完璧!うまい!」
そして、さらにひと言。
「暑いところを走ってこないと、この涼しさを感じられないんだから。
ざまあみろだナ。」

 

 


七里長浜・・・
猛暑をものともせず?、
たどりついた七里長浜・・・
雄大な海は、
今夜7時からの
『とうちゃこ版』で
お楽しみください!


 

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

青森県に入って、初日は「つがる市」。

台丸谷尚文さんのお手紙は「日本海の七里長浜」。
中学1年生のときに初めて海を見た思い出です。

63年前は……だれもがまだ、「旅行」とは遠い暮らしでした。
たとえ、頑張れば自転車で行ける距離であっても……あのころは皆が、生活に懸命だったのだ――との感慨が伝わってくるお手紙でした。

「高山稲荷神社」の裏手から駆け下りて、海に出会うシーンが正平さんによって鮮やかに再現されていましたネ。

《「海だ、日本海だ」と言いながら、小石の波打ち際を裸足で走り回りながら、この海の向こうには「もうこ」や「ロシア」があるんだよ、「アメリカ」はどっちにあるんだろう……》

映画「スタンド・バイ・ミー」の世界のような初々しさを、ハマナスの花まで、お手紙の言葉をひとつずつたどる正平さんと、タムタムさんのカメラ。
青森の秋の初日は、ほんとうに美しいとうちゃこでした。

投稿日時:2020年10月10日 20:08 | 川崎ジンジャーエール

    (´- `*)『今日は!』
 正平サン、スタッフの皆様、、さすがに暑さは遠退いたのではないですか。
 中1の少年達が憧れの 直、海ではなく 先にお稲荷さん詣でもするなんて、、。可愛らしく、微笑ましいお話です。
…岩木山をのぞみながら 黄金色の実りの中を走る。
…とうちゃこして 草花の茂みのVの字の向こう側にキンキラキンの海が現れました。 空と海とが1つになり 本当に美しい!。
…正平サンの すっかり いたについた フェイスマスクとサングラス姿 、スターだナ!
…珍しく上着の背中に汗が滲んでいました。、、頑張って下さっている!
   想定外の暑さでしたネ。お身体に気を付けて下さい‼‼(*´-`)ガンバ!

 

投稿日時:2020年10月10日 16:21 | 敦子

こんにちは(^.^)
高山稲荷神社にて「田村がもうちょっとうまくなりますように」プーと噴き出ししてしまいました。何を?…カメラワークですか?
もう十分にお上手ですよ。
こんな私がプロの方に言う事ではありませんが・・・。七里長浜の海最高でした!☆
遠くに北海道がみえて、空と海の青さ。
グラデーションがとてもすごーく綺麗!
本当にキラキラ☆気持ちがスッキリ、さわやかに! ありがとう!こころ旅☆

投稿日時:2020年10月07日 13:20 | ☆わいは☆

恥ずかしがり屋の岩木山が珍しく堂々と雄姿を見せてくれ、見渡す限り広大な稲穂畑を走るチームの映像が美しいです。ほんと絵になる風景ですネ。
稲荷神社はいい雰囲気でした。ご親切な方のお陰で急な石段も回避できたし。狐様も変わらず鎮座されていました。そして七里長浜におりてゆく。キラッキラの海、北海道も見えますねぇ。石の浜辺打ち寄せる波音コロコロ〜、カラッカラ〜と心地よい。厳しい残暑の中を走ってきたご褒美。クールダウンできましたね。
中1の少年達の終わりゆく夏休みの一日・・お手紙の方も懐かしく拝見されたでしょうか。

投稿日時:2020年10月07日 09:38 | ゆきぱん

 2日目も空、海、今日は衣装も真っ青、良いお天気!
 今朝のお手紙、私も親御の介護世代、そして元介護職員…気持ちがよく分かります。しかも御両親共に、やむを得ず施設へ入所させざるを得なかった、申し訳ない娘の気持ち…今朝はジーンとしてしまいました。お母さんの『今が一番幸せ…』思いやりですね。
ちなみに正平さんがもしも施設へ入所したら、御家族のみならず、チームこころ旅の皆さん、ファンの皆さん、誰かしらが毎日会いに行きますよね、私も…きっと。
 施設からの帰り道、車を降りて手を振った田んぼの中の道、日本一のイチョウの木、とうちゃこ版が楽しみです。

投稿日時:2020年10月07日 08:05 | こもまま

正平さん、チャリオくん、スタッフのみなさま。

ヨシキリがモーツァルトに聴こえる。

爆笑です!!そのコメントを聞いてから
頭の中ではトルコ行進曲が鳴り響きました。

投稿日時:2020年10月07日 07:54 | どみ

稲穂の向こうに岩木山を仰ぎながら進んでいく、「あの山のお手紙の時は殆ど見えたことがないんですよね」というやりとりにも、番組の歴史を感じます。
正平さんが実りの中を「コメ飽きた」とか、風車に「風来たんかい」とか、あれこれ言いながら走れるのも、この静かな土地ならではですね。私には、風車たちは、御一行様を歓迎して動き出したようにも見えました。
台丸谷さんご案内の高山稲荷と七里長浜。お稲荷さんには参詣の方もちらほらいらっしゃって、地元では篤い信仰が守られているのですね。ハマナスも静かな波もお便りの通りで、遮るものがない水平線と水色の上のキラキラがとても綺麗でした。また一つ、美しい世界を見せてくださってありがとうございました。

投稿日時:2020年10月07日 07:37 | pon

まだまだ暑そうだが、田んぼは確実に秋の光景。
用水路に水も必要なく、少ない水たまりに住むカエル(オタマジャクシ)を助けようとするこころ旅スタッフに感動。
おじいちゃんな年代な方が多いけど、心は少年。いいですねぇ。

投稿日時:2020年10月07日 06:22 | タケヒロシ

田んぼを走る時、空が大きくて青くて
とうちゃこしたら海がとてもキラキラで
いい眺めを見せてもらえましたー。
タムタムさん上手ですよ?

階段上りの演出(笑)おもしろかったです。
監督さんが翌日以降のことを気遣って
坂道上りにしてくださったようで。

投稿日時:2020年10月07日 05:11 | るる☆

「正平さん、スタッフのみなさん、おはようございます」
火曜日とうちゃこ版、見ました。
この日、青森は暑かったんですね?
木陰での、ハンバーガーとコーラ、美味しそうに召し上がられていましたね?
私が、惹きつけられたのは、田光沼です。葦の群生地、、、なかなかないです。
とうちゃこ地点でも良さそうな景色でした。
七里長浜も、、、そういえば、私、今年は海も見ていないことに気付き、そういう年だったんだなぁと。
広い海を見せてくださり、ありがとうございます。
一緒に、旅しまーす。


投稿日時:2020年10月07日 04:54 | REIKO

火野正平様スタッフの皆様今晩は。暑い中お疲れ様でした。毎回楽しく視聴させて頂いてます。私は青森県高山稲荷神社の階段下でお逢いした者です。当時は友達と福島県いわき市からバイクキャンプツーリング 2日目(1日目酸ヶ湯キャンプ場)でした。龍飛崎からの途中高山稲荷神社経由十三湖、つがる地球村への途中高山稲荷神社で旅の安全祈願中、皆様とお逢いする事が出来ました。大変良い思い出となりました。これから東北6県
福島県迄、お身体と安全に気をつけて頑張って下さい。

投稿日時:2020年10月07日 03:20 | こはるパパ

こんばんは。
正平さん、こころ旅スタッフの皆さん、チャリオ君。
今日はカエルが全然画面で探せなくてどこどこ?って言ってました。
でも、イトトンボは見えましたよ。
カモが潜るってビックリでしたけどあれ?こっちから出てきた。
なんだか不思議な15分間でした。
そして、とうちゃこ。
朝に見た時、階段上った風だったから大変だったろうなと思ったら、なんと!わきの道から登ってたとは!
すっかり騙されましたね。(笑)
でも、海がすごい綺麗で「あー、こんな海だったら感動するな」と思いました。
台丸谷さんが感動するのがわかりました。
明日も楽しみにしてます。
暑さもまだ残る旅ですが、体に気を付けて頑張ってください。

投稿日時:2020年10月06日 21:47 | kazue

毎日楽しく番組拝見させていただいてます。函館市戸井地区在住です。9月28日月曜の予告映像で戸井の瀬田来、汐首が出た時は まさか…正平さんがこんなところにいらしていたとは〜と驚きました。ぜひお見かけしたかったです。しかもあのような悪天候の日に収録だったとは重ねて残念に思います〜私のアイコンの武井の島はとてもいい感じです。
北海道は広いのでもう戸井を通りかかることはないことと思いますが…対岸の青森大間から見えることあるかもしれませんので そのようなお手紙があることを期待しています。
この先もどうぞ気をつけて旅を続けてください。
コロナで旅が中断して放送がなかった時期はさびしかったです。

投稿日時:2020年10月06日 21:17 | 函館 ちいちゃん

朝、足痛くなくて良かったと、呟かれたので、予告の石段見て、気になっていましたが‥
ご親切な方の説明で、避けられ良かったです。
田村さん、いじりというか、からかいというんでしょうか
物凄く、楽しかったです(申し訳ありません)
仲いいと解りますね、でないと、言えませんもの。
穏やかで静かな日本海が、とても綺麗でした!
海が見えると、テレビでも何故かテンションあがります。
北海道も、よく見えてましたね~
今日一日、青森の美しい風景を見せて頂き幸せ気分です!

投稿日時:2020年10月06日 20:37 | kimiちゃん

 遠くに岩木山の見える、黄金色の稲穂に囲まれた道を走る正平さん、天気もよく気持ちよさそう。ずーと続く風景に飽きたのか、「米飽きた、パンくれ」(笑い)。
 くるくる回る風力発電の風車がたくさん見える道からの空の青さと白い雲がきれい。
 大きな鳥居と狛狐がある髙山稲荷神社の参道にとうちゃこして、100段あまりの石段をがんばって登られるかと思ったら、女坂を登られましたね。正平さんのパーフォーマンスに笑い。正平さんは拝殿で「田村がもうちょっと上手になりますように」とお願いされたけど、もう十分お上手ですよ。
 ハマナスの花が咲く七里長浜の海はキラキラして静かな波の音が爽やかで、北海道までも見える素晴らしい浜辺でした。

投稿日時:2020年10月06日 20:22 | ココア

936日目の旅、観たよ
「七里長浜」
人が住まなくなった茅葺の家の老朽化、心がいたみます。
糸トンボ、火野さんが差した棒にカメラを意識したように
止まりましたね。
米飽きた、パンくれの火野さんの言葉に
ふさわしい稲穂続きで、岩木山と絵になっていました。
最近は風力の羽根の景色も見慣れてくる程
各地にできているものです。
階段上りの手抜き、観れました。
タムタムさん、上手ですよ。
キラキラ海、堪能しました。
北海道も観れ、良かったです。
バーガーを食べたのは今日でしたか。

投稿日時:2020年10月06日 19:57 | ももの爺

正平ちゃんの、赤い花柄のお帽子、
ちょっとKenzoさんのデザインに似てるな、
と思うてたら、パリで亡くなってしまわはった。
綺麗な景色やった。けど、悲しかった。

投稿日時:2020年10月06日 19:48 | 虫めづる殿、いとをかし

Bカメさん、ありがとう!
黄金色の稲穂の向こうには岩木山。前を走る5台の自転車。
正平さんの後ろ姿も黄金色のパンツ、最高!
思いのほか立派なお稲荷さん。
階段を登ったていを撮ってと、ちょっとだけ降り。余計な体力を使うと言われて‥。
裏の浜にはハマナスが咲き、穏やかな日本海が広がっていました。
思わず深呼吸してしまいました。

投稿日時:2020年10月06日 19:46 | TOMOちゃん

なんて綺麗なんでしょう❗️
素晴らしい心の風景でしたね❗️キラキラと輝いてとても綺麗でした。
正平さんの背中に汗がにじんで暑さを物語っていました。お疲れさまでした。
朝の感じでは階段を登り切った感じだったのに、夜観て「エッ⁉️」でした。
しょうがないですよねー。ちょっとキツそうでしたね。
青森も無事に旅できますように❣️

投稿日時:2020年10月06日 19:41 | さなえ

幼い頃の息子は「キツネ」って言えなくて「ツキネ」って言ってたのを正平さんが注意しながら読んでらっしゃるのを見てたら急に思い出した。「お岩木山」が「どうぞ見てください
!」って見事な姿を披露してくれてる。大鳥居が見えて来た。な〜んだ、こんな演出をしてたんだ。騙された〜。朝はてっきり急階段を登ったんだと思ってましたよ。正平さんが一歩一歩歩いて行くにつれキッラキラの日本海が大きくなっていく。まあ〜タムタムさんが捉えた高みからのカメラの風景の綺麗なこと。13歳の台丸谷さんが初めて見たこの海の大きさに「向こうはモンゴル、ロシア」と想像を膨らました気持ちが伝わります。赤いハマナスの花や実も見えて放送に感動だろう。

投稿日時:2020年10月06日 19:35 | GUREKO

七里長浜の海の色綺麗すぎー‼️

投稿日時:2020年10月06日 19:32 | 美奈成の母

正正平さんスタッフの皆さんチャリオ君今晩は青森の旅1日目岩木山河川公園からの出発津軽平野から見る岩木山黄金色穂波の中走り続け水路のたまり網がなく何がいるか確認できず赤い鳥居の見えるお稲荷さんに到着後戻り浜へハマナスの花赤い実がついていました日本海から見る北海道海はキラキラ素敵でした子供たちが波打際で遊ぶ姿が目に浮かびます.明日はどうゆう景色見れるでしょうか

投稿日時:2020年10月06日 19:31 | まさふみ

こんにちは~……。津軽平野は広い!
青空と稲穂・・・・絵になります。
その中で、カエル騒動。干からびているとはかわいそう。とは言え、私は見るだけでダメです。
日陰が心地良いとは、相当暑かったのですね。
田光沼近くの川にいた、カモさん達。正平さんが橋に来たら、逃げるのが必死で面白かったです!そして、潜るとは??えっ(;゜O゜)
ヨシとススキ・・・秋ですね。正平さんの言う通り心地よい風音でした。ずーっと聞いていたい!とうちゃこ楽しみです。

投稿日時:2020年10月06日 15:32 | ☆わいは☆

広い田園地帯と、一直線の道路。
葦の葉のカサカサの音、揺れる白いススキの穂。
穏やかな風景が、いいですね~
清々しさを感じます。
日本は、美しいなぁと思わせてくれる景色ですね~
耳澄ませて聞いてると「右よし!‥秀よし!」
もう、家中で大爆笑!
大好物ですね!
きれい事言われず、飾り気ないストレートな正平さんの呟きや、いろんな話を聴けることが、一日の中で、極上の時間になっています。

投稿日時:2020年10月06日 14:06 | kimiちゃん

海なし県の盆地では味わえない
海へ抜けていく 広い空(^^♪
一緒に自転車に乗っている気分で味わいました(^^)v
芦原を渡っていく風の音。目をつぶって聴いていると
一緒に川原にいるようで 気持ちいい(*^。^*)
「暑いところを走ってこないと この涼しさは味わえない」
そこを越えて 初めて見えてくる景色がある。
きっとそれが こころ旅の魅力なんだろうな~なんて
そんなことを考える今日の旅。とうちゃこ版楽しみにしています(^^)/

投稿日時:2020年10月06日 10:03 | norinorimiffy

おはようござる。青森のスタート 山から海へ。初めて見た海に思いを寄せたり 先の大地を語る。純粋な心がとても良い 年を重ねてくると純粋さを 何処かに忘れて来る事が多い なぜ なぜ 任は打算的になるのか何故に? 忙しい毎日の生活に追われた こなすのが精一杯で心の余裕無しか。 さぞ初めて見た海は忘れられないでしょう。 ヒゲも一つ4 5才の頃 見た名鉄電車は今でも鮮明に覚えています。感動する心を思い出してくださった投稿者さんに感謝します  吹田のヒゲ

投稿日時:2020年10月06日 09:52 |  吹田のヒゲ

 正平さんが好きな山の一つのお岩木山が遠くに見える岩木川河川公園から出発、今日も帽子がおしゃれ。
 茅葺きの家を曲がれば、黄金色の稲穂の見事な田園風景を見渡せる津軽平野の一直線の道を爽快に走って、米どころの青森の原風景を見せてもらいました。
 田んぼの水溜りで動いていたのはカエル、正平さんの刺した棒に止まる水色のトンボがきれい。
 田光沼のヨシを風がそよぐ音、心地よかったです。
 台丸谷さんが初めて見た七里長浜の海の風景を見てみたいです。正平さん、海の前の石段登りをガンバってください。

投稿日時:2020年10月06日 08:45 | ココア

936日目、青森は晴天のつがる市からの始まり。見終わってブログを見たら気温30°って。
日陰で一休みが気持ちいいのが分かりました。今日のお便りの主は「台丸谷(だいまるや)さん」って珍しいお名前。日本海の先には蒙古やロシアがあるんだよ・・・なんてスケールの大きい知識をひけらかしたってって13歳だったご自身の気持ちを素直に書き表されていてほのぼのしました。四方見渡す限りの黄金色に色付いてる田んぼの用水路で大人男子が源氏だの平家だのと戯れてるように見える救出作戦風景もこういう事が正平さんが歳を取らないはずだと思いました。だから「右良し、左良し、豊臣秀吉!」なんて瞬時に出てくるのですよね。あら〜とうちゃこ版の予告には見上げるような階段。足も痛くなるはずだ。

投稿日時:2020年10月06日 08:31 | GUREKO

よしきりの さえずり失せて 秋を知る

投稿日時:2020年10月06日 08:29 | しょうちゃん

 正平さんの三大好きなお山の一つ、岩木山。いきなり首に雲の襟巻きをたなびかせ、スッキリ綺麗に見えましたね。良いお天気、どこまでも続く青い空と黄色く色づいた稲田の中の真っ直ぐ一本道も素敵で…暑さは厳しかった様ですが…そんな所で無邪気に生き物達と戯れ、たたずむ“チームこころ旅”のおじさん達。朝からなごみました。
 少年時代、高い石段を登ったお稲荷さんから望む七里長浜の海、とうちゃこ版が楽しみです。

投稿日時:2020年10月06日 08:09 | こもまま

青森のお楽しみは岩木山!岩木山をみて嬉しそうな正平さんをみるのが私の楽しみです。
まるで春の旅のようないい天気。晩夏というよりは初夏のような高い青空にピンクのお花のキャップがよく映えています。
田んぼ道なので期待してたらそのとおりに!カエルときいたら黙ってられない正平さんですもんね!
世界一おいしい飲み物、月曜日のコーラも満喫されたんですね~
背中にたっぷり汗をかいてのぼった石段の先にある絶景が楽しみです!

投稿日時:2020年10月06日 08:05 | おかか

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2021年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

バックナンバー