2019年12月10日 (火)【宮崎】鮎簗(あゆやな)?珍しい景色だ、初めて見た!



日向灘を望む海岸からスタート!
宮崎県のスタートは、
延岡市の日向灘を望む海岸から。
まずは、美和さんの息子さんが
お世話になっているという
延岡病院を目指します。



この日の昼食は、インドカレーとチーズナンセット。
やや辛を選んだ正平さん。

ランチはインドカレー
大辛チョイスの南部音声マン
のカレーを味見。
「あんまり変わらないな、やや辛のほうがウマいかも。
「辛いのがお好きなら激辛がありますよ」という店員さんに「このままでいいで~す」とお返事w

 

 

 
 

Bカメを発見
店を出ると、自転車隊を待ち受けているBカメ隊を発見!!
双眼鏡で、はるか遠くの山の上の展望台をのぞき「あんなに遠くから狙ってる!お~、手振ってるゾ!」

 

 

 

 

Bカメから見ると・・・
その様子をBカメから見ると・・・

 

 

 

 

 

 

撮れたものはコチラ
こんな景色が撮れました!

 

 

 

 

 

 

まだ見ぬ「鮎簗(あゆやな)」
美和さんが歩いた散歩道。
まだ見ぬ「鮎簗(あゆやな)」は・・・
今夜7時からの
『とうちゃこ版』で!!

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

美和さん❤️旦那様トリトン11さん。毎日しんどい日々を過ごされておられるのですね。でも爽やかなご家族だと想像します。正平さんの優しい励ましのお言葉。叶うように応援しております。本当にお手紙出されたこと採用されたこと素晴らしいこころ旅ですよね。ご家族でとうちゃこされること。応援しております。こんな他人が軽々しくゴメンなさい。仕事で
今日のお昼にみさせて頂きました。

投稿日時:2019年12月11日 16:17 | ももくろさんぼ

 宮崎とは噂に聞いてましたが、、、。
どどどストライクの延岡ですたね!!
以前SL公園の近くに住んでいた時は、頻繁に遊んだものですが、今は屋根付きになってますね。。
 鮎やなホントにダイナミックですよね。。
やなの近くに住んでいるので、堤防や橋はよく通りますよ。。
美和さんが来られる時もあの音が響いていることでしょう。。
正平さん延岡に来てくださり、有難うございます。。

投稿日時:2019年12月11日 15:34 | すっぱい Sugar

いつも、楽しく拝見しています。
その土地土地での食事場面を拝見するのも、どんな料理かしら?と、嗜好は気取らない昔からの定番のメニューが好きなのもわかります。
何でも美味しそうに食べていらっしゃるのが見ていて気持ち良いですね?

投稿日時:2019年12月11日 13:34 | ヨーコさん

「正平さん、スタッフのみなさん、おはようございます」
火曜日とうちゃこ版、見ました。
美和さんのお手紙、私も出産後、長男の入退院を経験したので、他人事とは思えない内容でした。その息子も40歳を過ぎました。いろいろ経験した後、来年から支援学校の先生になります。「人間万事塞翁が馬」、、、そう思います。

とうちゃこ地点の「鮎簗」、あんなに大掛かりなのは、初めて見ました。凄い!!
かかった鮎が、少し可哀想に思えました。
大瀬川、いい川ですね?
美和さんとお子様も、訪れられますように。

投稿日時:2019年12月11日 06:43 | REIKO

5年前まで毎日観てDVDにも録画、転勤に伴い録画のみ。家族からいつ再生すると聞かれる始末。停年退職し久々のTV前へ、先月は孫も増え毎日孫守り、気付けば秋旅最終月。あっと言う間に8年間。正平様も大禍なく、これからまだまだ続く旅姿拝見致したく、呉々もご自愛ください。

投稿日時:2019年12月11日 05:16 | 3孫ジィジ

お子さんの看病は気が抜けない状況が続きますね。
散歩をしながらいろいろと見つけられていくとこにほっとしたり。

お手紙に添って、病院から散歩された道をたどるところが良かったです。細かいルートは書かれていないので手紙の文面を反芻しながら。
SLのあった公園、ケーキやさん。たぶんここでしょう。

延岡、大きな川が流れているのですね。
鮎簗、初めて見ました。間近で見てみたいです。
正平さんも言われたように、美和さんも来ることができたらいいですね。

投稿日時:2019年12月11日 05:09 | るる

美和さんのお手紙は子を持つ親として、切なさ・辛さが目に浮かぶように理解できます。子供が辛いと親はもっと辛いですね。
美和さんの歩いた道を正平さんが走る姿に日本中で「美和さん頑張れ!」
と言ってるような気がしました。
「鮎簗」また一つ賢くなりました。

投稿日時:2019年12月11日 00:22 | Mako

いつも番組を楽しく拝見させてもらっています。宮崎へお越しになるとの事でしたので、地元に居住する者にとっては尚更です。私は、今日の放送で紹介された者の夫です。放送については、一昨日妻より聞いて驚いたところでした。内容についても、とても辛く重たいものなので取り上げてくださったスタッフの皆様に心より感謝しております。また、番組を観てくださり沢山の励ましのメッセージが届いている事にも感謝しております。妻の便りにもありましたとおり、確かに辛い日々を夫婦励まし合いながら、これまで過ごしてきました。ですが、今では周りに助けてもらいながら楽しく元気に過ごせています。そして今日、妻が果たせなかった梁までの道のりを代わりに正平さんが叶えてくださった。今度は私の番です。必ず鮎簗へと妻と我慢しっぱなしのお兄ちゃんも連れて行きます。今日は一生忘れない日になりました。皆さま本当にありがとうございました。

投稿日時:2019年12月10日 23:00 | トリトン11

「とうちゃこ版」にて。
海野美和さんの、こころに憧れる「大瀬川の鮎簗」。
静かだけれど、とうとうと、絶えることのない流れがありました。

深い悲哀や、絶望にとらわれたとき……青いはずの空が、青く見えないときがあります。
美和さんが、どうか、そんな時を乗り越えて、ご家族と、この正平さんの立った場所にいらっしゃる日が近いことを祈ります。

とうちゃこして、再びお手紙を読む正平さんに……この旅でたどってきた景色の一つひとつが映し出され、番組から、美和さんに送る熱いエールを感じました。

正平さんとチームがとうちゃこした、上流側の橋の上から見下ろす風景は――吸い込まれるように、なにか深い「魂」さえ感じさせてくれる映像でした。

投稿日時:2019年12月10日 22:14 | 川崎ジンジャーエール

宮崎もまだ行ったことが無くて
47都道府県制覇の旅のひとつにもなっているので
楽しみです
ニャと山で始まる、、始め何の事かと分からなくて
途中でおーあの番組かぁーと1人で納得してました
病気のお子さんを看病するお母さんのお手紙でしたね
番組の進行が海野さんに寄り添うように進行していたような
気がしました、ラストの正平さんのいつか、自分で来てみてと
言うメッセージが キュンときました

投稿日時:2019年12月10日 21:38 | たまにポタリング

大瀬川いっぱいに掛けられた、緻密で頑丈に組まれている鮎簗と、等間隔に浮かんでいる釣船も、本当に珍しく想像以上の大きな仕掛けに驚きました。
笑顔で大丈夫ですと、海野さんのお手紙に胸がつまりました。

投稿日時:2019年12月10日 21:10 | kimiちゃん

延岡で大きい会社って、双子マラソンランナーを生んだあの会社?
そこを横目で通る正平さん一行がかっこいい。
7色以上ありそうなハートの帽子も素敵です。

蒸気機関車が先週の豊後森駅の続きみたいでした。

投稿日時:2019年12月10日 21:01 | タケヒロシ

892日目の旅、観たよ。
「大瀬川の鮎簗」
外国人がされているお店でチーズナンセットを
食べましたが、私も近々、外国人がされている
カレー店へ今日のに触発され行く予定にしました。
D51蒸気機関車、鎮座に鉄道好きは興奮。
私の近くの岐阜県の川にも鮎簗がありますが
今日のは火野さん同様、観たことない光景でした。
お手紙の方、火野さんの言葉と同じですが
この鮎簗を観れることを願っています。
Bカメの映像、堪能しました。

投稿日時:2019年12月10日 20:50 | ももの爺

 Bカメさんの撮影で、延岡市の街全体を俯瞰して5人が走るシーンや大瀬橋を渡るシーンがよ~く見えて、うっとりしました。
 美和さんの散歩道を走ると、蒸気機関車のある公園やケーキ屋さんがあり、大瀬橋の下に鮎釣り舟も見えて、お手紙どおりの光景だったので、感動しました。
 とうちゃこの鮎簗、すごく大掛かりな仕掛けでびっくりしました。美和さんが鮎簗に行かれる日が一日でも早く訪れられることを祈りながら、正平さんが橋の上で読まれたお手紙に聞き入り、ジーンときました。

投稿日時:2019年12月10日 20:38 | ココア

正平さん.スタッフの皆さん.チャりオクンお疲れ様です
宮崎の旅1日目がわたしの故郷延岡からでした
全てが私のこころ旅でした.方財浜.県立延岡病院.鮎簗自分に重なり55年前の思い出がよみがえりました感無量でした有難うございます
鮎は食べましたか塩焼き.せごし.どれもいけると思います
明日の旅楽しみです.体にきおつけて頑張ってください

投稿日時:2019年12月10日 19:57 | 正文

朝、海野さんのお便りを聞いて小学校3年に大病をして入院した日の夜、息子が「送ってあげる」と面会時間ギリギリまで居た主人と私をエレベーターまで見送ってくれて私も「大丈夫だから・・・また明日の朝に来るから」と笑顔でバイバイしてドアが閉まった途端に我慢してた涙が止めどなく溢れた場面が一日中繰り返してました。息子は幸い検査結果で悪性ではなく約1ヶ月で退院できました。子供の病ほど辛い事はありません。この散歩道を海野さんもきっと何度か涙を拭きながら歩かれたことでしょう。川に等間隔で並んだ釣り船の風景の風情のあること。へ〜これが鮎簗ですか・・・なんとダイナミックなこと。こんな風景は初めて見ました。大瀬川河畔の景色はなんとも優しく美しく全てを包み込んでくれるような気がしました。海野さんもゆっくりご覧になってたら良いな〜

投稿日時:2019年12月10日 19:35 | GUREKO

もうすぐ、とうちやこがはじまります。延岡市を離れて50年経ちますが、月に数回は帰省してます。朝版での方財浜から工場の横を通ってランチの場所、県病院前、機関車の公園までのルート、だいたいわかりました。あゆやなまでの堤防の道。楽しみにしてます。あゆやな、毎年行きます。塩焼き食べてもらいたいですね。味噌焼き、鮎飯などおいしいですよ。

投稿日時:2019年12月10日 18:59 | やなちゃん

正平さん、延岡からスタートですね。私は九州上陸経験していないので、どんな風景に出会えるか楽しみです。 今日のお手紙。私も子供二人が幼い頃から入退院繰り返しでしたから、お気持ちが私なりに受け止められました。どんな風景が美和さんを支えているのか・・・そして美和さん、お子さんも日々一生懸命だと思います。だからこそ、美和さん自身も心身大切にお過ごし下さいね。母親も人間。泣いて、笑って自分を癒やして下さいね。正平さん、とうちゃこ、楽しみに待ってます(*´-`)

投稿日時:2019年12月10日 18:38 | ぽんぽこ

 宮崎 都立校に通う孫娘が修学旅行が宮崎でしたので興味津々 本日の正平さまの立ち姿、流石です

投稿日時:2019年12月10日 17:31 | 丸い輪

宮崎県を走る初日は、延岡市。
「朝版」を拝見。
この秋の旅は――疲れを感じさせない正平さんの、なんとも清々しい表情が、たのもしいスタートが続いています。

お手紙の海野美和さんは、病院でご子息に付き添う中での、「こころの風景」。
私もここ数年、家族の付き添いで、病院内で過ごす時間が長いのですが……病室で拝見する「こころ旅」は、開けることのできない病棟の窓を、しばし開け放つかのような、新鮮な風と空気をいただける時間になっています。

美和さんとご家族も、同じ思いで、正平さんに「大瀬川の鮎簗」見物を託されたのかもしれませんネ。

日向灘を一望する位置からのBカメさん。
チームこころ旅を俯かんして、晩秋の風をも映し出してくれそうな、大いなる眺めが期待できます。
とうちゃこして、美和さんのお手紙どおり、アユの塩焼きにありつけるかな?
楽しみです。

投稿日時:2019年12月10日 13:24 | 川崎ジンジャーエール

延岡(北方町)を離れて46年が過ぎました。その間帰省したのはほんの数回しかありませんが、思い出さない日はありません。今は両親も他界し叔母や従妹、中学生時代の恩師と時々連絡を取っています。実は私も何度も投稿しようかと書きかけましたが、色々な思い出を思い起こしているうちに、涙が出てきて続きを書く事が出来ませんでした。特に高千穂鉄道の鉄橋が2005年9月の台風14号の大雨で流されたり、役場が浸水していくのをテレビで遠く大阪から見ていて泣いていました。その後廃線になり最寄りの川水流駅も無くなったと聞いた時は、通学での思い出なども一緒に・・・!今朝は久し振りに延岡の景色を見てうるうるしました。五ヶ瀬川の川水流にも鮎簗がありますので、とうちゃこ版が楽しみです!

投稿日時:2019年12月10日 12:44 | 鬼塚幸生

昨日の朝から、チーズナンの場面が出るたびに生唾が止まりません、びゅーっと伸ばしてクルクル巻いて、やや辛カレーで!やっぱり正平さんの食べっぷりは見ている者の想像をかき立てます。
さて、美和さんのお便りには感情移入が止まりません。母親としての思いが溢れている文章に、こうしてメッセージを書いているだけでも涙が滲んできます。病院のスタッフさんの勧めでお散歩に出られるようになったこと、高いところに咲く皇帝ダリアに気づくほど顔を上げられるようになったこと、塞ぎがちなお気持ちが少し開いて良かったなぁと思いました。
美和さんがいつか訪ねて行く日が来るように願いながら、鮎簗を拝見したいと思います。

投稿日時:2019年12月10日 12:32 |  pon

海は豊後灘から日向灘に。南国宮崎県初日は、穏やかな海岸からですね。
今朝のお手紙は海野さんが正平さんにまだ見ぬ風景を見てきてほしいとお願いする内容。
よし任せとけ!とアピールせず、さらりとスタートするところは正平さんの心遣いが感じられます。
鮎簗は岐阜県で見たことがありますが、随分昔のことでよく覚えていません。
大瀬川の簗はどんなふうかな?オレも見たことない!って。珍しい光景、とうちゃこでゆっくり拝見いたしますね。

投稿日時:2019年12月10日 11:26 | ゆきぱん

海のキラキラが波とともに寄せてきて
海はやっぱりいいな~(*^_^*)

チーズのナンが美味しそう。
こころ旅でカレーを見ると 絶対カレーが食べたくなります( `ー´)ノ

鮎簗 初めて聞く言葉。
お手紙の方も いったことがない場所。
子どもの痛みは自分の痛みより辛い。。。
今日はいつもよりこころあたたまる旅でありますように。
とうちゃこ版 お待ちしています。

投稿日時:2019年12月10日 10:53 | norinorimiffy

チョット肌寒そうな空ですが、きれいな宮崎の海。
お散歩に気持ちよさそうな、大瀬川の道。
素敵な所ですね~
美味しいものがたくさん揃っている宮崎の印象
チキン南蛮 地鶏 さつまいも 種類が多い柑橘類
‥並べきれないほど、魅力的な所。
フワーッとしたチーズたっぷりのナンとポークカレー。
すごい美味しそうでした!
南部さんの大辛は、どれくらいの辛さだったのでしょう。
あとチョット頑張ろうと正平さん。
ゴールも目前になる頃、少し身体も大変になる時期かなと想像いたします。
正平さんが自然体でゴールされてますよう強く願っています。
今日はBカメさんは山の上。
珍しい鮎やなと、Bカメさんの素敵な映像も楽しみにしています。

投稿日時:2019年12月10日 10:00 | kimiちゃん

南国宮崎県日向灘、お日様でキラキラ光るポカポカ雄大な風景とは対照的に、下のお子さんの看病で日々病院と家を往復するお手紙の美和さんの、癒やし求める生活の中で思いを馳せる場所の風景と一目見てみたい母としての気持ちを思うと、同じ母親として胸が締め付けられそうでした。同じ年代、旧姓も同じ海野さん、“うんの“(多い)でなくて“うみの”(珍しいかも⁉︎)で読みも同じ、何となく今朝はついつい感情移入してしまいました。
ブログだけでしたが、音声南部さんチョイスの大辛カレー、そんなに辛くなかった?チームこころ旅でも一際ガッシリ逞しく笑い声も豪快な南部さん、何だか元気を貰える存在です。
延岡病院からの散歩道、そして鮎梁の風景、とうちゃこ版が楽しみです。

投稿日時:2019年12月10日 09:15 | こもまま

キラッキラに輝く日向灘の浜辺からの宮崎の旅がスタート。が、直ぐに正平さんが読み始めたお便りに涙が溢れました。私自身も何度も入退院の経験がありますがその度に平々凡々、何事もなく暮らせる事は当たり前のようで実は奇跡みたいなものだと痛感するのです。看護師さん達が海野さんを見てて気分転換を勧められたのは余程ご自身が辛そうだったからでしょうね。多分最初は外へ出ても頭も心もお子さんのことで一杯だったでしょう。なかなか解放なんてできませんもの。そして、正平さんに託されたのは行けそうで行けない鮎簗の景色とのこと。チラと出たけどどんなだろう。こころ旅は日本の美しい風景が見られるのが楽しみだけど1通、1通に込められたお便りの人生に寄り添う旅なのが私の心を刺激してくれます。番組で何度も出てきた外国人のカレー屋さん。うちの近所にも登場しました。ナンが美味しいです。

投稿日時:2019年12月10日 08:59 | GUREKO

 大分から宮崎に移動して「豊後灘から日向灘へ、とり天からチキン南蛮へ」との正平さんの一声で始まり、海がキラキラの海浜公園から出発。
 大瀬川の河口から川上に遡る途中、土手道で鳴いているワンちゃんの声がまるで正平さんにかまってほしいと聞こえました。
 ランチは久しぶりのカレー、のび~るチーズナンが美味しそうでした。
 美和さんが見たい鮎簗はどんなところか、お手紙どおりに辿る道すがらどんな風景を見せてくださるか楽しみです。

投稿日時:2019年12月10日 08:50 | ココア

南国だよもう。たしかに宮崎といえばグッと南国感が高まりますね。でも今日は少し寒そうな朝。
波が爽やかにお見送り。淡々と映し出される正平さんの背中がステキです。
大好きなインドカレーとチーズナン。あーー!何て美味しそうに食べるんだろう!!
鮎がいるなんてさぞきれいな川でしょうね。今日もまたお手紙が正平さんを絶景へと導くこころ旅。私も一緒についていくよ~!

投稿日時:2019年12月10日 08:07 | おかか

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2020年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

バックナンバー