2018年12月06日 (木)【千葉】正平さん、クイズを出す



寒波襲来!
全国的に寒波が押し寄せてきているというこの日、千葉はポカポカ
陽気で暖かく、ヤシの木もあって
南国気分の中自転車を走らせる
正平さん。

 



「勉強になりますっ!」のサムネイル画像

正平さんが若いスタッフに
クイズ出題。
食堂に飾られていた“竹筒”に
書かれた文字は?

「春夏冬二升五合」

 

 

 

 

正平さんがクイズを出題のサムネイル画像
答えられない若いスタッフ(^0^;)
「勉強になりますっ!」と苦笑い。

答えは
「商いますます繁盛」

 

 


 

ジャージャー麺

 
お昼はジャージャー麺。
寒いと汁物に目が行ってしまう
ので、小春日和ならではのメニューを満喫する正平さんでした。

 

 



 

今夜7時からのとうちゃこ版・・・
<今夜7時のとうちゃこ版>
約13kmの自転車旅。
山本さんと亡き妻との思い出の
「のぞみ野泉台公園」へ・・・。

 

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

こんにちは。
毎日、朝夕録画して拝見しています。
今日の放送分は、私に何か心に残りました。
それは、、山本さんは最後の外出が出来た事に私は羨ましく思いました。
私は、今年亡き夫の7回忌を済ませましたが、癌の闘病中でした。最後の言葉も無く...
お休みとベットに入り3時間後に、トイレに起こしましたがもう冷たくなった主人が居ました。
結婚47年、何か話しかったです。
でも、思いました。山本さんは涙が止まらなかったとの事でしたが、私は、、、、
闘病中の悲しみを知らないままでしたが、良かったのかなぁと思っています。

投稿日時:2018年12月08日 09:22 | wako

孝作さんのお手紙には、しめつけられます。
「……10分近くでしょうか、ただただ黙って二人で広い敷地の方を眺めて座っていました」

愛する人を看まもる中で、どうしようもない焦り。
――ただ固まって過ごすしかない時間。
正平さんがベンチにたたずみ、再現してくださいました。

死は、ときに仏教の世界で「滅ぶ」と表現するそうですが――それは、肉体は失われても「魂」は地上に残り、なお生きはじめることを意味するんだそうです。
人間のすごいところですね。

伴侶は「導師のようだった」と語れる孝作さん。最高の人生です。本当にうらやましい。
お手紙で冷静に見つめ、私たちに伝えてくださっている孝作さんには、もう、新たな「再生」が始まっているような気がしてなりません。

投稿日時:2018年12月07日 13:40 | 川崎ジンジャーエール

誰もいない静かなのぞみ野泉台公園。秋空に白い雲が浮かんで、優しい陽光が降り注いでいる。奥様と歩いた春先と季節は違えど同じような柔らかな陽だまり・・
孝作さんここだよね?きたよ〜。と優しい正平さんの呼びかけに、「そうです。ここです」とうなずきながら番組を見られたのではないでしょうか?
残された者の思い、残して逝く者の思いどっちが辛い?切ない?と推し量ることはできませがこの公園がご夫婦にとって大切な場所という事実はずっと消えない!と思いながら拝見しました。

投稿日時:2018年12月07日 10:22 | ゆきぱん

正平さんが好きだった奥様。ご主人のお手紙が採用されて、
思い出の公園が映し出されて、きっと、天国でビックリしながらも
喜んでいらっしゃるでしょうか?
鳥のさえずりが心地良く静かな公園でした。
山本さん、奥様との思い出を大切にされ、私もですが、
一日一日大切に過ごしていきましょう!!
水瓶?にお花を摘んで浮かべた正平さん。
正平さんの繊細さと優しさが光る場面でした。

投稿日時:2018年12月07日 09:19 | ひよこ豆

正平さんが、いくら団体行動とはいえ、家が目の前なのに帰らない訳が、冗談だとわかっていても、面白可笑しく笑わせてくださいます。 今日の孝作さんのお手紙が切ないので、余計に正平さんの優しい声掛け、何も入っていない睡蓮鉢にメダカでもとか、花を浮かべたりのさりげなさや、水量の少ない河口付近にいた鳥達に、お水少ないでしょうと言われたり、本当にお優しい方だなぁと。。癒やされております。 公園にとうちゃこされ、奥さんの手を引いて歩かれた道を、しんどかったやろなぁ……元気ないやろけど頑張りや〜〜とのエールは、力強いですね。 公園をじっと眺める正平さんにまた涙が出ました。 明日は千葉県ラスト、何処へ連れて行ってくださるかしら?楽しみです。

投稿日時:2018年12月07日 06:50 | ぶらうにぃ

ジャージャー麺。おいしそう。辛くない味噌でしたっけ。
はとやんがクイズに答えたり慣れないミニカメラ持ったリが
かわいかったですね☆

今では握手よりハグが主流!?
わたしもあやかりたいとこですがーーーー!!

静かで広い公園。想いが巡ります。
正平さんが訪れてくださって良かったですねと伝えたい気持ちです。
最愛の妻とは素敵な言葉ですね。

投稿日時:2018年12月07日 04:51 | るる

奥様を亡くされた喪失感、よく分かるなあ!

でも、奥様との間に生まれたお子さんとの同居にホッコリしたした。

頑張って奥様に会えるまで生きましょう。

投稿日時:2018年12月06日 22:25 | ドレイス

正平さん、マダム層には知名度抜群。
いきなりハグで、マダムたち大興奮。
こうゆう場面がこころ旅の醍醐味です。

投稿日時:2018年12月06日 22:20 | ヒロリン

正平さん♡スタッフのみなさんお疲れ様です(^^)v
今日のお手紙
胸が熱くなりました。
袖ケ浦在住です♪家の近くに正平さんがいた!
と思うと会いたかったなぁー(๑˃̵ᴗ˂̵)
正平さんが走った道を通って、のぞみ野に
行ってみよう!
正平さん、スタッフのみなさん寒くなってきたので
風邪などひかないように!
いつもいつも応援しています╰(*´︶`*)╯♡

投稿日時:2018年12月06日 22:04 | 裕蘭

794日目の旅、観たよ。
「妻と行った公園」
7歳年下の奥様をがんで亡くした
63歳の旦那様からのお手紙に寄り添った
火野さんの公園での行動にじーんと来ました。
アキナイマスマスハンジョウ(春夏冬二升五合)
教わりました。
水槽に花を浮かせましたが、花を手向けたように思えました。
喫茶店の女性、ハグをしてもらい
良かったですね。
導師のような存在だった奥様、天国から
旦那様と二人のお子さんを見守っていることでしょう。

投稿日時:2018年12月06日 21:31 | ももの爺

泣いてしまうとご飯が食べられなくなるから、今日の夕食は早めに済ませて、じっくりととうちゃこを拝見できました。
孝作さんと奥さんの大切な公園、男の人が涙を堪えるほどつらい散歩でしたが、ご希望にきちんと寄り添ってお出かけになられたこと、きっと奥さんの心の中にもしっかりと残った風景だったと思います。
あのベンチにお二人で腰掛けて、春に向かう広場を、今日の正平さんのようにただ黙って眺めていらしたのでしょうか。言葉にならない、言葉は要らない、時間は経っても人生のそんな瞬間を、心の奥で大切にしていきたいですね。

投稿日時:2018年12月06日 20:31 | pon

秋らしい色の葉をつけた樹木
きれいに手入れされている広場
たくさんの賑やかな鳥達のさえずり
ひろくて大きな“のぞみ野泉台公園”を見て、いろいろな事に思いを巡らしました。
お手紙のあと、正平さんが前を見つめながら、少しの沈黙に‥
又、涙でした。
言葉はいりませんね‥

投稿日時:2018年12月06日 19:51 | kimiちゃん

正平さんの後方に映る煙突2本から真っ直ぐ延びる白煙から無風が分かる。風もなくホッコリ暖かい袖ケ浦で読まれたお便りの悲しいこと・・・もう涙が零れそう・・・。「仕込んだ?」って正平さんも苦笑いの突然現れた淡々とした親切な方。そして日なたぼっこ休憩での正平さんらしいお遊びが幼児みたい。今夜も正平さんの察知アンテナの正確なこと。恐れ入ります。いずみ野泉台公園は想像よりも広くてこれを歩ききるのは奥様にはきつかったでしょう・・・。その日は今日のような日差しの日だったでしょうか・・・
奥様とのお出かけは最後になったかもしれませんが辛い体調の中を行きたいと思った気持ちを叶えてあげて奥様も良い思い出を得られたと思います。お子様方とこれからの時間を大切につつがなく過ごされますように・・・

投稿日時:2018年12月06日 19:33 | GUREYO

「春夏冬」のあきないはすぐにわかりましたが、その下の「ますます、繁盛」はわかりませんでした。
千葉の旅、頑張って下さい。

投稿日時:2018年12月06日 18:05 | yumiko

お手紙に涙がでました‥
今年の実母の旅立ちに、まだ完全に現実を受け入れられていないなか、自分と重なってしまいました。
お手紙に配慮された静かな歌詞‥
池田綾子さんの透き通った声で「あ~あの時、言えなかった‥」が聴こえた途端‥
もうダメですね。
涙がとまりませんでした。
「あったかいね」と正平さん
ランチも飲料水も、夏仕様
穏やかそうないいお天気が見え、ホッコリします。
クイズは、熊本三角のラーメン屋さんを想い出しました。
はとやんさんのカメラワークの初々しさに、つい笑いましたが、一生懸命に挑むはとやんさんの姿に、心和みました。
とうちゃこの予告で、そっと呟かれる正平さんのひと言がとても温かくジーンとしました。

投稿日時:2018年12月06日 13:50 | kimiちゃん

アクアラインができて以来、袖ケ浦市と神奈川県は直接つながって、私の生活周辺でも袖ヶ浦ナンバーの車をよく見るようになりました。

孝作さん夫妻がお住まい住宅街は――私の住む周辺とそっくり。東京郊外のベッドタウンには、どこにでも広がる景色です。きっと「のぞみ野泉台公園」も、周囲にどこにでもある風景なのでしょう。
でも、そこには、住む人の数だけ人間模様があり、かけがえのない出来事があるのですね。
孝作さんのお手紙は教えてくれます。

今……こんな私たちの日々のこころの風景を伝えてくださるドラマも脚本も見当たらず、「こころ旅」の画面だけになりました。

正平さんは、いつも追善のお花をそっと置かれる人。朝からハンカチを引っ張りだしました。夜のとうちゃこを待ちます。

投稿日時:2018年12月06日 13:22 | 川崎ジンジャーエール

こころ旅、いつもみています。
地元千葉は録画しています。
健康に留意し頑張ってください。m(__)m

投稿日時:2018年12月06日 11:28 | じびちゃん

千葉県3日目も晴れて、今日はポカポカ陽気のあたたかい日なんですね。 ロングの上着にキャップ、眼鏡、靴が赤色のトータルファッションが素敵です。 今日はアクアライン、空の飛行機に目をやると、雪を被った富士山が見えて、待っててや〜富士山 ‼︎ これから何回みられるかな?楽しみです。ランチ処でのクイズ。。私も即答できませんでした。 なるほど…(ハトやんと同じで)勉強になります。 クイズマラソンに出題かもしれないと思いメモしました。 正平さんの食べっぷりをカメラで撮る、ハトやんの緊張して震える手元、ハトやんには悪いけど、笑わせて頂きました。 こんな時期にジャージャー麺と思ったけど、あたたかい日には身体が欲すんですね。美味しそうでした。 亡くなられた奥様との最後のデートのお手紙に泣けました。どんな所か見てみたい思いが募ります。水に花を投げ入れて。。何でしょう?

投稿日時:2018年12月06日 10:55 | ぶらうにぃ

3個目、千葉袖ケ浦からの海の中に浮かぶ海ほたるに富士山頂が綺麗に見える。天気の良し悪しは画面から分かるが正平さんの出で立ちからは小春日和までは伝わらない。肉味噌の美味しそうなじゃあじゃあ麺の選択とブログでこの日の暖かさが分かりました。「春夏冬二升五合」の判じ物。九州だったか何度か再訪したラーメン屋さんの壁に貼られた中にもあったかな?若いはとやんには勉強になりましたね。
さて、今朝の山本さんのお便りに後半からは自然に涙が零れました。辛くても思い出す「のぞみ野泉台公園」をこころ旅に選ばれた山本さんの思いが文面に素直に書かれていて胸が一杯になりました。池田綾子さんの澄んだ歌声が静かに流れ今朝は歌詞が染み入りました。

投稿日時:2018年12月06日 08:54 | GUREYO

あの時言えなかったことも 泣きたかったことも。。。
の 歌詞がこころに沁みて。。。
いろんな思いが 私の中にあふれてきて。。。
正平さんが 水に投げ入れた花があたたかくて。。。
泣きました。

投稿日時:2018年12月06日 08:42 | norinorimiffy

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2020年08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索

バックナンバー