2018年04月25日 (水)【長崎】長崎2日目は雨だった...


スタートは長崎県諫早市の小江干拓。朝からしっかり雨になりました。

2018春の旅、初めての本格的な雨。
でも、「雨は好き」という正平さん。
「いい感じ」と言ってチャリオと
出発!

 



坂は天敵(-_-)
諫早市内は長崎らしい坂の連続!
雨はいい感じだけど、坂はやっぱり天敵でした(>_<)

 

 

 

 

 

み~んな皿うどん
昼食は諫早市内の人気の食堂。
自慢の皿うどん。
正平さんは細麺、スタッフは太麺。
「長崎らしい」と、正平さんは完食!

 

 

 


 

店一番人気!の酢豚
店一番人気の酢豚も
皆で食べました。
寒かったので、ほっこり。

 

 

 


 

カッパの辻
こころの風景「カッパの辻」は地図に出ていない。
果たしてカッパの辻を探せるのか?カッパはいるのか?
今夜7時のとうちゃこ版
お楽しみに!
※「辻」はしんにょうの点がひとつ

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

2011年長崎県67日目「旧北高来郡高来町深海地区大戸の堤防から眺める干潟の風景」を見直しました。
火野正平さんちっとも変っていませんよ(^^♪
あの頃もギロチンと言って、映像で見たギロチンとイメージが違うと言っていましたね。

雨の日のカッパも何か癒やされます。

投稿日時:2018年04月30日 11:04 | 兵賀正朗

いつもながら、雨の日の「こころ旅」の映像が、なんでこんなに豊かな情緒を残すのでしょうか?
目にする街の風景の光は明らかに暗いし、湿度があってウットウシイ感じなのは間違いないのに……なんで番組の余韻がさわやかなのでしょう。
不思議で―――土曜日の再放送で、改めて味わってみました。で、遅ればせながら、気づきました。
とにかく音、音、音……。水にまつわる、ありとあらゆる「音」が、じつに豊かに拾われ、再現されているのですネ。
傘を差していないのに、雨だれ。街の騒音の中から、水面に落ちる水滴音。この集音技術は、どうなっているのだろう。
ふつう雨や風の音は、ノイズとして拾わないほうに音声機器は開発されているのでしょうから、それを「表現」するのは、すごいワザと、ご苦労の固まりなのでは。
「こころ旅」ファンの皆さんはとっくに認識されていらっしゃることを、私は遅ればせながら、しみじみ実感しました。

投稿日時:2018年04月29日 11:17 | 川崎ジンジャーエール

  7行の可愛らしい「謙虚」な お手紙でした。

「ちょっと立ち寄って するっと 通り過ぎて下さい」と。

雨の日に河童を探す シチュエーションが 好いですね。

昔の水汲み場が 今は忘れ去られた様子だが?

     河童のユーモラスな姿が 微笑ましい。

正平さんの「ジュン」「じゅん」「淳」さんと呼びかける

父親の様な 優しい声に癒されます!

 * また2日ぶりのTV解禁でした。

   右眼のオペと河童さんは記憶に残ります!!

投稿日時:2018年04月27日 09:45 | とんがり姉さん

「今日は雨か・・」と、お天気じゃない風景を少し残念に思いながら見ていました。

だけど、カッパの辻に着いたら「ここに来るために雨が降ってたんだ!」と思うほど雨の似合う場所で、偶然かもしれないけど"演出みたいな偶然"にちょっと感動してしまいました。

いつものこころ旅が長編映画だとしたら、こちらはおまけの短編映画のような・・短いお手紙と相まってかわいらしい回でした。私も雨の日にさりげなく通りがかってみたいと思いました。

投稿日時:2018年04月27日 00:26 | えみ

ルパンが残した謎のメモのようなお手紙。
ポエムのようでもあり……つい、探しに出たくなりますネ。
雨の中の出発。実は正平さんと同じく、楽しみにしている視聴者もいるのでは?
私が最初にひかれた画面も、雨の中をひた走る正平さんの背中でした。
雨の中を懸命に、目的地に向かって走り続ける旅番組など、めったにお目にかかりません。「なにごと?」と耳目を引きつけられて、やがて「こころ旅」のファンになっていくのですね。
「かっぱの辻」は、生活の中にある、本当の「オアシス」に見えました。
「雨の日には 雨の中を」。相田みつをさんの言葉を思い出します。あるがままのリアルな旅。今夜も、しっとりとした情緒の残る、とうちゃこになりました。

投稿日時:2018年04月26日 23:03 | 川崎ジンジャーエール

かっぱの辻で、お手紙を読んだ時にかかっていた、music saw を使った曲、なかなか番組で使用されないので、聞けるとラッキーな気分になります。

投稿日時:2018年04月26日 16:04 | はまぐり

珈琲豆屋さんがカッパ?あぁ池のね。とアッサリ答えたのがおかしかった。
昔の水飲み場でしたとの事。チャリオと少し走ると居た!とうちゃこ〜。雨粒の波紋がポツポツ落ちる小さな池にカッパさん釣り糸垂らして鎮座してました。
なんともほのぼの、和むなぁ。雨が似合うカッパさんがいる風景でした。

投稿日時:2018年04月26日 16:02 | ゆきぱん

電車の中で高齢のご婦人に声をかけた正平さん。。
突然の出会いに驚き、少女のように興奮して手まで合わせる姿にこちらまでうれしくなり、ついつい涙してしまいました。
冷や汗をかきながらも優しく対応する正平さんも素敵でしたが、愛あふれる映像を届けてくれるスタッフの皆さんに感謝です。
良い一日がはじまります。
                       還暦おばさんでした。

投稿日時:2018年04月26日 08:21 | SAKAE

正平さん、スタッフのみなさん
お疲れさまです

「潟にはまって さあ大変」 の回を
思い出しました
もう七年・・・
正平さん お元気で よかった!
すてきな感性は、増すばかり

水面の雨の波紋を かわいいと
言うおじさまは、そうそういません

ラストは、チャリオくんと河童さんが
「なにが 釣れまんねん?」
「まあ、気長にね」
なんて話しているようで、ほのぼのでした

投稿日時:2018年04月26日 08:14 | h2

7行のお手紙、細かいこと書いてなくて挑戦状みたいな。

途中「正平さん、ここわかります?」の質問に
「ある!」2011年のとうちゃこ地の記憶、いっぱい巡っていても
思い出せるんですねーーー!!!(びっくり)

カッパさん「いた!」
正平さんも思わず叫んじゃうのは心からの声ですね☆

見つけたらほほえんじゃいそうなカッパさんでした。

投稿日時:2018年04月26日 04:55 | るる

朝版から⁇謎だらけだったので、ワクワクでとうちゃこ版を見ました。 なるほど… 道中の干拓地が、また来たよ〜7年前の再会の地だったのね。 だからなんだ♪ あの頃僕は若かった♪ スパイダースの歌声も懐かしくて口ずさみましたよ。 それにしても、日本全国行かれているのに、見覚えあると言われる記憶力には感心しきりです。 住宅地の高台への細い急坂かずっと続く道を、良く探されますねー。監督さんのナビの精度の良さ+優しさでしょう。 しかし…チャリオ君を押して歩くだけでも大変でしたね。 地元の方の正確な道案内で見つかったかっぱさん。。 雨で風情がとてもいいなぁ〜 釣れますか?頬杖ついて何考えてますか?と声を掛けたくなる、何とも可愛い表情のかっぱさんでしたね。 雨で良かった…と思える旅でした。

投稿日時:2018年04月26日 01:42 | ぶらうにぃ

地元男性が堂々と「カッパいます」と案内。
ほんまかいなと思ったら、石像のカッパでした。
頭の皿が乾くことは、カッパにとっては悪いことなので、雨の収録で良かったことでしょう。

2011年秋のとうちゃこ地点近くを通り、「あの時、きーみーは若かった」と鼻歌。
確かに特別企画でパイロット版を見た時に、肌がつるつるしてるわ、今よりも走行距離が長いわで、若いことを実感します。
でも、正平さんは老け込むことはありません。いつまでもわんぱくな気持ちを忘れない素敵な男性です。
自分も見倣いたいです。

投稿日時:2018年04月25日 23:31 | ヒロリン

ボトボトと凄い雨音が、響きます。
見えた途端、笑顔!
可愛らしい~
釣竿持ち、頬杖ついているように見えるカッパさん
かなりの時間待っているような、柔和な表情のカッパさん
何となくホッコリしました。
お手紙の方のお気持ちがわかったような気がしました。
降りしきる雨の景色と、正平さんとチームの方達が激走されるなかをながれる懐かしの歌声!
楽しく、思わず口ずさみました。
今度は、正平さんの歌をお聴きしたいですね。

投稿日時:2018年04月25日 20:51 | kimiちゃん

雨の中 じっと水面を眺めながら
つりをしている カッパさん(*^。^*)

雨にお皿が光ってて
なんか かわいい♡

雨の日で よかったね(*^_^*)
カッパに会えて うれしかったです(^_^)/

投稿日時:2018年04月25日 20:49 | norinorimiffy

722日目の旅、観たよ。
「カッパの辻」
ツバメが雨で低空を沢山、飛んでましたね。
皿うどんを食べる機会がありましたら、火野さん流に
ソースをかけてみます。
狭い道路の坂、坂の連続にブログに出ているように
長崎らしさを感じ取りました。
2011年秋の旅は11月17日の放送ということで
当時の私の書き込みを懐かしみました。
私もあの頃、僕は若かった(そうでもない)でした。

投稿日時:2018年04月25日 20:46 | ももの爺

正平さんを見ていると、「雨の日には雨の日の楽しみ方がある」という言葉を思い出します。地図を広げた時にバタバタと音が聞こえた雨の中、いつものように鼻歌まじりで自転車を漕ぐ、いちいち大騒ぎしないのがカッコイイですね。そこに流れた、マチャアキの乾いた歌声が湿度を中和するようでもあり、本当になんでもやり方次第でネガからポジへと変換できるのだなと実感しています。
とうちゃこ地のカッパさんはなんとも愛らしく、リアルな釣竿からは何が上がってくるのか、考え出すと妄想が広がって楽しくなりますね。今日のロケが雨になったのは偶然でしょうけれど、頭上のお皿のためにも、雨降りの風情がぴったりでした。

投稿日時:2018年04月25日 20:43 | pon

 新緑とツバメの巣作りの季節になりました。ツバメが低くと飛ぶと雨、そうなんですね。
 雨が降っていても、正平さんが明るく歌ってくださいました。なつかしい歌、「あの時 君は若かった」が流れてきたときは、すごくうれしかったです。
 とうちゃこの「カッパの辻」、のどかな風景がよかったです。115日目の岩手遠野のカッパを思い出しました。

投稿日時:2018年04月25日 20:34 | ココア

「河童がカッパを釣っている」ってお便りの主、小林さんの空想力がとってもおもしろいお便りだと思ったらホンマに釣りしたはったんや〜〜(≧∇≦)
楽しいお便りなのに土砂降り。大変だな〜って思うけどカッパどんには恵の雨かな(^^)
2011年のゴール地だったのを思い出し興奮気味の正平さん。7年前の正平さんも監督さんも「♫あの頃 若かった〜〜」のでしょうね・・・。監督さんの坂道と主要道路回避の忖度急勾配、ルート探しも大変だろうな〜。音感に絶対音感があるように「ころ旅」の監督さん達は絶対方向探知機が備わってるんだろうなって今夜は特に思いました。
「市役所がしなはった」としてものんびり釣りをするカッパどん、良い仕事ですやん。おもしろかった♪( ´▽`)

投稿日時:2018年04月25日 19:38 | GUREKO

こんにちは。
春の旅始まって、毎日の朝が待ち遠しくメリハリのある一日になっています。九州からのスタートなのも嬉しいし、やっぱり私の一番の番組です!(^^)!
長崎は2日目雨だったようですね。カッパの辻って全く想像がつかず楽しみです。
昨日は小浜温泉からのスタート、子供達が小さかった頃家族旅行で出かけた場所で、泊まった旅館が映り懐かしく食事の会話が弾みました。
また、先日「長崎物産展」やっててそこで買い求めたそらまめの豆菓子がとても美味しく島原のものでした。
皿うどんもまたまた美味しそうで、また長崎行ってみたいなぁとおもいました。
雨の中頑張る皆さんに私もがんばらなきゃ!と元気もらいます。

投稿日時:2018年04月25日 17:28 | 栗かぼちゃ

皿うどんにソース。これぞ長崎。
正平さん、わかってらっしゃる!

投稿日時:2018年04月25日 17:18 | せるぴこ

雨の諫早市ですね~
低空飛行で、忙しげに行き来するツバメ達
たくさんの畑はまさに、立地条件がピッタリ!
春の象徴ですね~
名物長崎の、アッツアッツの皿うどん!
食感も楽しいパリパリ細めん、とても美味しそうです。
もちろん、同じパリパリ派です。
ソースもピリッと刺激的な味に‥
監督さんも、ソース派ですね~
お店の方の取り皿の声かけに、正平さんの気遣いが優しいですね。
寒く感じる春の雨‥
正平さんもチームの皆さんもくれぐれも、体調崩されませんように‥
そして予防法は、ガッツリご飯が、一番かなぁと思います。
正平さんの“腹へった~”が聞こえると、何故か安心します。
今日のとうちゃこは、“イヤな事があったら、ホッコリできる場所”
周りにも、たくさんそういう場所があれば、いいですね~

投稿日時:2018年04月25日 17:12 | kimiちゃん

本降りの雨、春の旅3日目の久米島以来かしら? 正平さんは、雨が嫌いじゃないようで、14kmのコースの途中でも、ツバメの低空飛行を見つけたり、雨ならではの光景を楽しむ様子が伺えます。農道は信号がないのでゆっくり走れ、用水路でタニシの大量発生も観察出来ますね。 今日は坂の手前で一時停止。あ〜〜‼︎の声はジュンさんもでしたか。。でも坂道発進に慣れている正平さんは、軽々見えましたよ。 ランチの皿うどん、細麺しか知りませんでしたが、太麺も有るんですね。柔らかくて美味しそう〜。酢豚もみんなで分けての雰囲気いいですね。ベッツさんは焼き飯、水さんは、何を注文されたのだろう⁇⁇ 小林さんの7行のお手紙の中に⁇がいっぱいです。 カッパってあの河童?ならば雨降りなら見つかるかも? ぜひ通り過ぎてください? 正平さんの♪あの頃僕は若かった♪もいつ聴けるか、楽しみだらけのとうちゃこ版です。

投稿日時:2018年04月25日 10:43 | ぶらうにぃ

 おはようございます。今日の出発地点の干拓地、2011年秋の旅で来られた所ですよね!あの時のお手紙、幼かった息子さんが干潟にはまってしまって大変だった思い出の場所、という内容でした・・・我が家の息子たちにも似たようなことがあったので、特に印象に残っていました。また、未だにひきずっている干拓の是非(ギロチンというおどろおどろしい名前)地元のご婦人のお話、正平さんの博識・・・その他にも輪行での女学生さんとのやりとりや、床屋さんでの楽しいシーン、昔なじみの小道具係りの女性が訪ねてこられたことなど、盛り沢山の一日でしたね。
 今日は何だかほのぼの、のどかなお手紙で、カッパさんの話題には雨がぴったり!とうちゃこ版がたのしみです。

投稿日時:2018年04月25日 10:20 | なもないのばな

するっと通り過ぎるのもお勧めです!といういたずらっぽいお手紙にどんな風景?とあれこれ想像しつつスタートです。黒の雨合羽をはおって、カッパに会いに行く!
今日は楽しいテーマです。
冷えた身体にあったかいチャンポンと酢豚がエネルギーとなり、また元気に雨の中ペダルを踏む。さてさて聞き込みして見つけたのはどんなカッパさんでしょうか?
とうちゃこ 楽しみです。

投稿日時:2018年04月25日 08:45 | ゆきぱん

今朝は雨。「あ〜あ・・」ってため息。なのに正平さんは画面の中で「雨が好き」って。
雨の日の走行を見てるとハラハラして少し体に力が入る。私はちょっとの段にスリップして横滑りで車道側 に横倒しになったことがある。どうぞ、どうぞお気を付けて下さいませ。
ブログにも出てる昼食風景。この高みからの映像はどうやって撮ってるんだろう? 皿うどんも安くて美味しそう・・・。酢豚を追加したのは店一の人気だったからかな?
今朝の小林さんの七行のお便りは「カッパの辻」を通り過ぎてください・・・って。今夜はどんなとうちゃこになるんだろう。お便りをどうやって読むんだろう(^^; 楽しみ〜〜
春の旅恒例の「ツバメ」の登場。低空飛行で一杯見られました(^^)v

投稿日時:2018年04月25日 08:21 | GUREKO

想像上の生き物(?)って いろいろあって
「そんなのいるわけないやん」って 思うけど
なぜだか わたし カッパだけは
「きっと いる」って思ってます(^-^;

美味しそうな 皿うどん(*^▽^*)
さすが 長崎 ご当地ですね。
それにしても カレーとかチキンライスにソースは
「わかるわかる」と思ってた私ですが。。。
皿うどんに ソース(@_@) ありですかね~( 一一)
どんな味になるのか ちょっと想像つかないです。

それはさておき
お皿を乾かしたくない カッパさんには 絶好の雨日和(*^。^*)
今夜 カッパさんに出会えるのを楽しみに
今日も 一日 がんばりま~す(^_^)/

投稿日時:2018年04月25日 08:20 | norinorimiffy

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2019年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

検索

バックナンバー

    2019秋の旅