2017年10月13日 (金)【三重】和具って"すてき"なり!


午前中は雨予報でしたが・・・

英虞湾一望!
横山展望台に着くと快晴!
英虞(あご)湾、一望!
すてきな旅を予感させて
くれました。



難敵、登場!!
放送には出ませんでしたが、
伊勢志摩サミット会場の横を
通過!
しかし、そこは難敵の高い橋(>_<)
「このルートしかなかったもので・・・すみません」by監督

 

 


手こねすし
ランチは手こねすし!
セットはみそ汁付きでした。
200円ケチってセットを注文せず
後悔しっぱなしの正平さん。
あまりにかわいそうなので頼もうとしたのですが、「要らない!」と
頑固です(笑)

 

 

 

久しぶりの船輪行
久しぶりの船の輪行
(賢島→和具)
静かな英虞(あご)湾に浮かぶ
真珠養殖のイカダの合間を抜けて
和具にとうちゃこ!





両親が愛した和具の海
<今夜7時のとうちゃこ版>
和具にお笑い芸人大集合?
とうちゃこ版はいっぱい笑いますよ♪
思い出の海は7時から(^O^)/

 

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

昨日のディレクターズカット版拝見。
本編では未放送の賢島大橋を恐がらず堂々と渡っていましたね。
今春の出発点が三重県。
今回のウイルス感染拡大で人々のふれあい場面が少なくなりそうで心配です。
正常にロケが行われること祈るのみ。

投稿日時:2020年03月23日 07:01 | ヒロリン

 今日の最後、魚をさばくおじさんとのシーンを見ていて、2013年の京都、由良川への旅を思い出しました。小舟に乗ったおじいさんとの和やかな会話・・・・ステキでした。
 正平さんはとかく「若い女性が大好き」とばかり言われますが、実は同年輩や年上の男性・・特に漁師さんや所謂〝ガテン系〝の人とのふれあいにとてもいい味を出されると思います。明日も楽しみ♡

投稿日時:2017年10月18日 21:49 | なもないのばな

和歌山県月曜日朝版から
正平さん今週から和歌山県の旅ですね
クジラのモニュメントがあり捕鯨船が有り
もちろん海もあり正平さんが釣り人に海が
透き通って綺麗だと言ったのに汚いと言って
ましたが綺麗でしたダイビングしたくなりました
何はともあれ和歌山県の旅楽しみます。

投稿日時:2017年10月18日 19:14 | 三河みどり

三重県の旅の最終日は、志摩郡は和具の海がこころの風景ですが、
昨日、宮川大橋から宮川大助さんの名前が出ましたから
今日は志摩郡だから岩下志麻(字が違うけど)が
正平さんの口から出るんじゃ無いかと
楽しみにしてましたが、予想が外れました。
ちゃんと笑わせて貰えたのは、バイクで和具の海を案内をして
くれたオバチャン、たぶん海女さんだと思いますが、
正平さん達がついて来てるか確認もせずに
行ってしまったのには爆笑しましたが
とうちゃこしたこころの風景の和具の海は
波がキラキラ輝いて素敵でした。
依頼者の三重さんも御両親の思い出が目に浮かんだと思います。
正平さんスタッフの皆さん三重県の旅お疲れ様でした。

投稿日時:2017年10月16日 17:50 | 三河みどり

最後に道案内してくれたおばあちゃんには爆笑しました。
ほんと 姿が見えなくなって、どこに行ったかと心配しておりました。

和具の海の景色が写真と重なって当時の情景が思い浮かびました。

よいお手紙でしたね。

投稿日時:2017年10月15日 12:27 | ひでお

バイクで道案内をしてくれたおかあさん、最高ですね。
_先さき行くのに、全然悪気はないんですけどね(笑い)。

閑話休題、
いいお手紙でした。天国のお父さん・お母さんも、きっと
喜んでくれていると思います。

和歌山の旅も、楽しみにしています!

投稿日時:2017年10月15日 11:54 | びるぼーど

正平さん、スタッフの皆さん、今回「和具」に行ってくださりありがとうございました。
青森にきて50年の和具生まれの主人は、本当に懐かしくあそこは誰々の家だとか、漁港のところは砂浜だったとか…思い出していました。
和具弁のおばさんたちも、主人のお母さんを思い出させるものでした。
単車のおばさんで大笑いし、ひろのはまでほろりとしました。
どうぞ、これからの旅も頑張ってください。
応援しています。

投稿日時:2017年10月14日 13:55 | 山本久子  

和具で道案内してくれた自転車の男性には、
ちゃんと案内してもらえましたが、
おばさまの道案内は速すぎて置いてきぼりで、
正平さんのボヤキに大笑い (^^)
和具の海は秋の陽を受けてキラキラ輝き、
キレイでした〜 ^_^
正平さんの「どんどん行くで〜」の力強い言葉に応えるように、
しっかり応援していきますね!!

投稿日時:2017年10月14日 09:48 | ひよこ豆

にぎやかなおばさま方と赤づくしの道案内おかあさん。元気いっぱいな方が多かったですね!
とうちゃこ地の海がキラキラで、夏の海とは違った色あいでした。
ご両親嬉しかったと思いますよー!
三重県は旅先での楽しい出会いが多かったような気がしました。
和歌山も楽しみにしていますー!

投稿日時:2017年10月14日 04:53 | るる

和具の海はすてきなり。お手紙にあったように言葉は悪いが人情味にあふれた お世話好きの人々がいっぱいいる漁師町でした。拝見していて笑顔になりました。バイクで突っ走ったお母ちゃんは「あらめ」を干す作業していたんですね。春先はワカメとおっしゃてた。アオサも美味しいですねぇ。いろんな海の幸が四季折々とれる豊かな海。
三重さんのご両親が絶賛した場所、そして一緒に旅したお孫さん、ひ孫さんも成長し幸せな家庭を持ったとのこと。ご自身も人生下り坂サイコー!と書かれた素敵なお手紙でした。

投稿日時:2017年10月14日 01:05 | ゆきぱん

船で行くとは思いませんでした。

橋の下は卒業した水産高校船着き場を下りるとすぐに親戚の家
海に出れば大島小島がありひろの浜はよく遊んだところです。

バイクで案内をしてくれたおばやんには笑いました。

お手紙に書いてあった山下さんとありましたが、私が教えていただいていた英語の先生かなと
小学校が和具小学校ではないんだ  びっくりすることばかりでした。

次は和歌山に行くようですが
火野さん体に気を付けて頑張ってください。

投稿日時:2017年10月14日 00:12 | まる

和具、広の浜まで来ていただいてありがとうございます!
珍道中も楽しく拝見させていただきました(笑)
私は広の浜を目の前にする小さなお店で毎日働いています。
収録で来られた日も、店の前を自転車が何台も通り過ぎるのを見て、もしかして火野さん?!こころ旅?!と頭をよぎりましたが、いやいやまさか、と仕事をしていました。
…がまさか本当に来られていたとは嬉しすぎます!
手紙で引き寄せていただいた縁ではありますが、火野さんスタッフの皆様にも少しでも志摩の海がこころに残れば嬉しいです。

投稿日時:2017年10月14日 00:00 | 56(ゴロー)

英虞湾、賢島と優雅な船輪行。気持ち良さそう。
志摩小学校前で登場のおばぁちゃん。耳の聞こえが悪くなくても大声な方に違いない。正平さんを見て、さらに元気になりましたね。
放送では登場しなかった賢島大橋を渡る場面。将来の蔵出しで登場ですか?
正平さんが長大橋で怖がる場面がこの番組の必須です。面白さを倍増させます。

投稿日時:2017年10月13日 23:18 | ヒロリン

和具は漁師町、道が狭く入り組んでいるので、口で説明より、先導してくださっての道案内は有り難いですね。 大分県からのお兄さんとは、小学校まで自転車で6人編成で。。大分に帰られ再会できるといいですね。 アラメ干しのお母ちゃんには、広の浜までバイクで先導の6人編成‼︎ お母ちゃ〜ん、ちょっと待って〜お母さぁ〜ん(寺本監督の声) あまりにも速すぎて、追いかける皆さんの慌てぶりに大爆笑でした。 皆さんの道案内で行けた写真の場所。ピタリでしたね。 正平さんが写真の場所に座られお手紙を読まれました。田中さん、ご両親に素敵な報告…親孝行ですね。 楽しくて楽しくて、沢山笑った三重県の旅でした。 三重県は美味しい肉あり、魚あり、お酒もね。打ち上げはきっと豪勢でしょうね。 秋の旅始まって休みなしの4週目は和歌山県。ドンドン行くぞ‼︎の言葉通り、勢いつけて行っちゃって下さ〜い。

投稿日時:2017年10月13日 23:05 | ぶらうにぃ

黒装束の忍者には、暑いのにあほー、のツッコミ、ゴイサギには、お前も忍者か?のナイスツッコミ、私が、えっ忍者違いまんねん、ただのサギ師ですと、正平さんにツッコミ、夫婦で大笑いしました。
自分の人生、力尽きるまで、こころ旅チームの皆さんに、お会いしたい。この2月に、大動脈解離という心臓を患い、4日間あの世と、この世を行ったり来たり、何とか命は助かり今は、リハビリでバイクにも乗れます。番組を続けて下さい、いつか会える日を楽しみに。

投稿日時:2017年10月13日 22:56 | gonchan

お仕事中に手を止めて、道案内される賢島の親切なお母さん
「おかあちゃ~ん!」と急坂を上がる正平さん
“ワァーきつそう~”と思いつつ、笑いました‥笑いました‥
いくつになっても、海をみるとウキウキ‥
打ち寄せる波の音ザブーンザブーンに癒されました!
優しい三重県の旅ありがとうございました!

投稿日時:2017年10月13日 22:37 | kimiちゃん

正平さんスタッフの皆さんチャリオ君毎回楽しく拝見しています。故郷の和具の近況を知る事ができて大変嬉しく思っています。母校の傍に今ではバイバスの大橋がかかっていますが、田舎にいた頃には和具の巡航船乗り場近辺ではホタルイカが釣れたり、母校の三重県立水産高校の敷地内で青ウミガメが産卵したり又タイラギ貝やヒオウギ貝が取れたものです。特産品の真珠養殖はその当時既に行われていました。今では故郷の景色も変わりましたが、私の心の中は当時の景色がそのまま残っています。母校では春になると校庭で桜が乱舞する様を機会があれば、何時の日か是非正平さんに見て頂ければ嬉しく思います。番組で広の浜で手紙を読まれた場所は私が高校1年の時兄のカメラでよく写真撮っていた場所でもありました。故郷 Love の気持ちを込めて応援メッセージを送る次第です。これからも応援しています。

投稿日時:2017年10月13日 22:20 | いっちゃん

正平さん、2度目のわが志摩への来訪ありがとうございました。
朝の番組を見てお昼は例の手捏ねすしを食べてきました。
あとから来た2組のご夫婦もてこねのセットを注文していました。
少し乱暴な志摩弁ですがみな温かい親切な人ばかりですよ。
お手紙を出された方も懐かしかったと思います。
ラストのバックの島は小さいほうが和具小島、大きいほうが和具大島です。
なお出発地の横山展望台は現在改修中で来年3月に展望台は大きく生まれ変わります。
また是非新装なった横山へ来年もお越しください。

投稿日時:2017年10月13日 22:11 | ととかか舟

最終日:30分位前まで雨の降っていた横山展望台からご両親が学校の先生として赴任されていた思い出の地「和具」へ。「写真の所へ行ってあげたい」と監督さん。賢島には行ったことがあります。てこね寿司美味しかった!思い出の海は?
とうちゃこ:「お母さん あんまり早よう行ったらアカンて、チョット待ってぇ~な」和具まで船で。小学校を過ぎお手紙どおり「鍋島医院」の横を行くと海が・・写真の場所を探す。浜への道を尋ねたお母さん バイクで・・・・あれ!?新井さんのカメラで再現。和具の海・ご両親の喜ばれた姿を思い浮かべた一日でした。

投稿日時:2017年10月13日 22:08 | SETSUKO

三重の旅、最終日は英虞湾を船で和具の集落に道案内して下さった、お兄さんママチャリを飛ばす姿が笑)・・次は赤いスクターで正平さんの先導してくださったお母さんも早いこと~さすがの正平さんもですよね!大爆笑 和具の漁村の方々の優しさと温かさにほのぼのとさせられました。九州にお住まいの自転車のお兄さんと再会があったら~楽しみにしてます。前半残暑厳しくちょこっと大変でしたね!でも岩内の滝ではたっぷりの清涼感に浸れたり瑞巌寺の池の大きく元気な色とりどりの鯉さんにはビックリ!鯉さんに呼びかける正平さんのコメントに笑)・・。三重県の旅沢山の正平さんファンに出会え温かい人との触れ会えたステキな旅でしたね。

投稿日時:2017年10月13日 22:06 | モワ

素晴らしい三重・和具編」三重さん投稿文に感動しました。有難う。!!!

投稿日時:2017年10月13日 21:34 | のど自慢

三重さんとご両親の大切な場所、和具の町。お便りの通り、チャキチャキした皆さんが親切に案内してくださる、昔も今も人情が変わらないことに驚きました。土地柄が人柄をつくっているのでしょうか。
そして、写真の場所を正確に、アングルまで確定しようとする、正平さんはじめスタッフの皆さんのこだわりも、当人でなくとも嬉しくなります。丁寧に向き合っておられるのが、見る側も心地よくさせてもらえて。
三重県の旅もまた4個、エピソードと共に新しい景色を教えていただき、味わうことができました。行ったことがなくても、例えば横山展望台は既に私の中で思い出の場所になっています、よく考えれば不思議な感覚を楽しませてもらっているのですね。

投稿日時:2017年10月13日 21:18 | pon

672日目の旅、観たよ。
「和具」
200円けちってのてこねすしでしたが
ブログを観ると、頑固ぶり発揮のようでしたね。
お手紙にあった漁師町特有の人々の温かさが
自転車での案内の男性や
バイクで案内のお母ちゃん
学校前にいたお母さん2人にも出てました。
バイクのお母さんのところに猫が数匹いましたが
岩合さんの番組が浮かびました。
今週もお疲れ様でした。

投稿日時:2017年10月13日 20:47 | ももの爺

道案内のお二人に感謝します❗
最初の自転車のお兄さん  大分でも迎えてくださいよ 
次はバイクのおばちゃん 後の正平さんに構わずに突っ走ったのにはちょっと心配になったけど おばちゃん 先に確認してくれてたのですね    
お二人のお人柄が とても暖かく感じました。

投稿日時:2017年10月13日 20:23 | あおによしこ

三重県の旅の最終日は志摩郡は和具の海が心の風景
笑わせて貰えたのはバイクで和具の海を案内をしてくれたオバチヤンが正平さん達がついて来てるか確認もせずに行ってしまったのには爆笑しましたが
とうちやこした心の風景の和具の海は波がキラキラ輝いて素敵でした
依頼者の三重さんも御両親の思い出が目に浮かんだと思います。
正平さんスタッフの皆さん三重県の旅お疲れ様でした。

投稿日時:2017年10月13日 20:06 | 三河みどり

応援メッセージを書き込むのを少し怠けておりました。

一日も欠かさずずっと楽しませていただいていることは六年間少しも変わりませんが、、、

この秋の旅は、これまで以上に、いや 最高かも、くすっと笑ったり、目頭が熱くなったり、とても忙しい朝15分、とうちゃこ30分です。

今夜その頂点に達しました。赤い単車で道案内してくださった場面、最高でした。まさか今日の監督のしこみじゃないですよね。

投稿日時:2017年10月13日 20:01 | 千葉ののぶちゃん

ブログの最後の案内に「和具にお笑い芸人大集合? いっぱい笑いますよ♪」とあり朝から楽しみに待ってました。
まるで和具の住民のような大分の道先案内人の登場に続いて現れたのは大声で話しかけてきたざっくばらんのお二人さん。お便り通りなら直ぐに分かりそうだったのに迷路にはまったかな??? 次に現れたのは真っ赤な単車に赤ずくめの慌てん坊の「おかあちゃん〜」の案内人(≧∇≦)そして行方不明に・・・
田中さんのお便りを思い出した。「言葉は悪いが漁師町特有の人のあたたかさ」。次々と現れる人はお便りの通り。やがて写真そのものの風景が見えて来ました。20年経っても変わらない風景。賑やかに登場したお笑い芸人のような島の方々の人の良さが一杯の「まる⭕️」の旅でした。

投稿日時:2017年10月13日 19:30 | GUREKO

単車のおばあさんスイスイ坂道登って見えなくなりましたが
昨日の海も良かったですが
秋の海も良い物ですね
三重県の旅お疲れ様でした。

投稿日時:2017年10月13日 19:30 | ガーデニング おばさん

黒装束の忍者に、暑苦しい、アホーのツッコミ、 道端の、ごいさぎに、お前も、忍者かのナイスツッコミ、サギも、私違います❗ってな顔の、やりとりが最高

投稿日時:2017年10月13日 19:15 | ごんちゃん

目を閉じて、頭を空っぽにし雑念を払います。遠くを眺めるように心静かに行く末に思いを馳せてみます。すると浮かんでくるのです――
テーブルに所狭しと並んだ海の幸の映像が。大きな伊勢エビを召し上がる正平さんの御姿も。あっ、お味噌汁もあります!
ランチでみそ汁を固辞したのは、豪華絢爛な夜の打ち上げの楽しみに取っておいたから・・のようです☆

再び目を閉じ、今度は来し方を思い描いてみます。すると・・・
松阪牛の分厚いステーキを召し上がる正平さんの勇姿が見えてきました。
ランチを軽いサンドイッチで済ましたのも、翌日は野菜中心のお弁当で節約されたのも、ひとえに本場で最高級のお肉を楽しむための計らいだったのかもしれません☆
  ↑↑↑
【あくまでも個人の見解です】


『スタッフ細胞』は、アルコールを加えると活性化するんでしたよね(*´∀`*)プププ

投稿日時:2017年10月13日 15:40 | ojo

つい30分前は雨だったのに、懐かしの横山展望台から美しい海景色。今週の放送見ていて三重県って実に様々な風光明媚な場所があるんだぁと再認識。
投稿メッセージにも三重在住の方がおられますが声を大にして、我が県自慢なさってくださいませ。 良いところだぁ〜三重県!先月行ったばかしですが「しまかぜ」でまた行きたくなります。自分自身何度も旅しているのは何かしら引き寄せられているのかもしれません。
お手紙の「スタップ」に私も過剰反応・・しました (^.^)
さて高いところから下り坂サイコーで港へ。名物手こね寿司、味噌汁我慢したけど、二段にカツオが敷き詰められて満足だったでしょうか?英虞湾クルーズや賢島に泊まったり、自身の思い出とも重ねながら、とうちゃこの笑いあふれる〝すてきな″和具の風景を楽しみたいと思います。

投稿日時:2017年10月13日 14:53 | ゆきぱん

英虞湾が、見渡せる横山展望台。
素晴らしい景色ですね!
ランチは、手こね寿司、それも二段重ね
新鮮な海の幸で、ホントに美味しそうです。
“食堂あるある”で、お隣のメニューが気になり、そして、美味しそうに見えますね。経験あります。後悔したりして‥
セットを覗かれる、気さくな正平さん
親しみやすい正平さんらしくて、笑顔になります。
Bカメさんクルーは、高い橋の上
Bカメさんの映像いつも楽しみにしています。
とうちゃこでも、温かい出会いがたくさん!
三重県最終日も楽しそうです!

投稿日時:2017年10月13日 14:47 | kimiちゃん

手こねすしボリュームがあって美味しそうでしたね〜。お昼の再放送を観てお腹がグウ〜〜と何度も鳴りました。笑 カツオを食べたかったのですが無かったのでカレーを食べます。伊勢はいい所ですね!昔、鳥羽方面へ行ったのでまた訪れてみたいです。

投稿日時:2017年10月13日 12:08 | のりちゃん

撮影30分前迄、雨が降っていたなんて思えない位のいいお天気で、今日の目的地近く迄見渡せましたね。 横山展望台と聞けば、2015年春の旅で、”老老破綻”のお手紙だったと、深く記憶に残っています。 高い展望台からスタートのスタッフの優しさを感じる下り坂は良いけど、月曜版では、サミット会場近くの橋を渡られた映像がありましたが、渡らないと賢島に行けないので正平さん、頑張りましたね。 ランチは志摩の郷土料理の”手こね寿司” 漁師が船上で獲れた魚を直ぐに調理し手で混ぜ合わせる(こねる)からと、和具の漁師さんが考案の健康食だそうで、正平さん今日もヘルシーでしたね。単品での注文に⁇ やはり味噌汁欲しかったのが伝わりすぎます。和具までの船旅、船上デッキから真珠養殖の作業風景も見られ、展望台から見た英虞湾の風景とは違う海からの絶景、素晴らしかったです。 和具の海、出会い、楽しみです。

投稿日時:2017年10月13日 10:47 | ぶらうにぃ

三重県の旅、放送で楽しませていただいていましたよ。山から海迄三重らしい所を存分に楽しまれたのかな?食事は満足されましたか?本日のセットメニューはかなり正平さんは心残りだったに違いない様にお見受けしました。

投稿日時:2017年10月13日 09:10 | 三重の村ママ

2015年、この横山展望台のこころ旅のお便りは今も鮮明に記憶にあります。30分前まで雨だったなんて嘘のように今朝も綺麗な英虞湾の風景。
単品で頼んだ手こね寿司。セットで頼むと伊勢海老のみそ汁付きと知ると後悔しきりの正平さん。「追加すれば良いのに・・・」って見てましたがブログを見て笑っちゃいました。予算のせいにしてましたが何か正平さんなりのこだわりがあったのでしょうね。おかしい〜。
今日は亡きご両親の思い出の地のお便り。お便りを聞きながら24年前に急逝した父や私の誕生日も忘れてしまった母の思い出の地を元気なうちに聞いておけば良かったと思いました。
船の輪行を見ると橋は苦手でも船酔いしない正平さんが羨ましい。いつもBカメ隊の場所のこだわりも楽しみの一つ。今夜は元気で賑やかな出会いが一杯みたい。三重の最後が楽しみです。

投稿日時:2017年10月13日 08:57 | GUREKO

2日連続の 伊勢の海(*^^)v
うれしいな~♡ 賢島は観光で何回かお泊りしたことがありますが
和具は 知りませんでした。お船で行くんですね( *´艸`)
自転車だけじゃなく いろんな乗り物に乗っていただくと
見ている私も 一緒に乗っているようで 楽しいです(^^♪

お笑い芸人 大集合?
笑いは 人間だけのもの・・・と朝ドラで言ってました。
とうちゃこ版は いっぱい笑いの笑い(^◇^)とか
楽しみにしています(^^)/

投稿日時:2017年10月13日 08:26 | norinorimiffy

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2020年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

バックナンバー