2016年12月07日 (水)大興奮!&大喜び♪


この日のスタートは種子島北部 西之表市の奥神社。

あこうの木にびっくり!
そこで正平さんがビックリしたのはあこうの木。
前日のこころの風景も
あこうの木でしたが、
こちらはまた雰囲気も違っていて、
木が大好きな正平さんは
食い入るように
しばし眺めていました。


休憩中、太平洋岸で見つけたチョウチョ。

アサギマダラじゃないか??
正平さんは
「もしかして海を渡るチョウ、
アサギマダラじゃないか?」と
大興奮!(^^)!

 

 

 

 

ビンゴ!
チョウの羽根に穴が開いているのを見つけ、海を渡る過酷さを想像していました。
後日、島の専門家に確認したところ、間違いなくアサギマダラとのことでした。
正平さんの博識に脱帽です!

 

 

 

カニも見つけ大喜び
この日は太平洋側の海沿いを走り、休憩中に海岸でほっこりする
正平さん。
「日本海側では考えられないんだろうね」と穏やかな海を眺めていました。
砂浜ではカニも見つけ大喜び♪

 

 

 

電動にして~
この日はアップダウンが激しく坂では思わず「電動にして~」と叫ぶ
正平さん。
こころの風景も峠からの眺め、試練の道のりですが、
その先に待っていた絶景に感激!の正平さん。
今夜7時お楽しみに!

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

火野正平様こんにちは、菜の花の畑で(ちょとだけの幸せ)の一言、いいですね--
先日、昨年の12月に、自転車の旅で行かれた(吹上砂丘荘)に行ってきました。吹上浜で、波とたわむれて来ました。

投稿日時:2017年04月11日 18:01 | 奥 洋子

火野さん
とうとう行ってきました^^
東京からリカンベントタイプの自転車を
新幹線で輪行して
鹿児島から高速船で種子島で組み立て
浦田海水浴場で2泊キャンプしてから
アコウの大木みてきました^^

投稿日時:2017年01月06日 13:09 | FOX

木折坂、50年を経ても良い景色だったと思うのです。とお手紙に書かれていたとおりの素晴らしい景色です。
正平さんもチーム皆さんもゼェゼェ、ハァハァの坂道でしたが、しんどさも報われるとうちゃこ!でしたね。どこまでも広がる太平洋と降り注ぐ陽光、峠を渡る風の音、そよぐすすきの穂、遠く波の音等々 贅沢な景色に見惚れてしまいました。
アサギマダラ、台湾まで渡って行くなんて小さくとも強いんだな。正平さんのおかげで珍しい蝶々を知ることが出来ました。ありがとうございます。

投稿日時:2016年12月08日 21:22 | ゆきぱん

火野 正平さんいつも心旅楽しく見せてもらっています 7日の旅で峠からの景色の時、火野さんが、つぶやくように、この仕事をしていてよかったと、こんないい景色が見られてと言っておられた言葉に心うたれました。

投稿日時:2016年12月08日 16:25 | 奥 洋子

木折坂の峠からの眺めは まさに絶景ですね〜 !!
正平さんがこころ旅であちこち行って下さるから、
普通では行かない場所のステキなこころの風景が
たくさん見せていただける、こころ旅ファン冥利に尽きます。
この番組に出会えて良かった〜。心から思います (*^_^*)
こころ旅・・・大好きです〜〜❤️

旅が終わり、次の日の予告の時の音楽が変わりましたね。
なかなかいい感じですね (*^_^*)

投稿日時:2016年12月08日 12:10 | ひよこ豆

木折坂の絶景 私も拝ませてもらいました。皆の者 撤退!と早々に宣言したくなるあの急な辛い坂道、ハァハァ言いつつも登ったご褒美ですねぇ。お手紙の方が50年以上経ても印象に残る景色に拍手。拍手。素晴らしい!身も心も解き放たれますね〜。
浜辺でお弁当タイム!スタッフ皆さんと車座になって食べるシーン好きです。食後にヤシの実や体洗うタワシ?を拾ったり、カニにちょっかいをかけて今日も旅を楽しんでいるなと感じさせてくれます。珍しいアサギマダラの生体を説明してくれた博識の正平さん。
台湾まで渡って行くなんて・・・華奢な蝶々だけど勇敢なんですね。感動しました。

投稿日時:2016年12月08日 10:43 | ゆきぱん


今日のランチは、皆んなで砂浜にドーンと腰を下ろし(正平さんは椅子ですが)青空弁当。 この時期この場所だからこそ見られる光景にホッとします。 見つけられたヤシの実( 南の島からの郵便だなんて、素敵‼︎)を、砂に埋められ、何年かして生えてたら俺だと思って…正平さん、淋しい事言って〜悲しくなってきた。 まさか大俳優が、 民家に突然訪問で道を尋ねられビックリでしょう。楽しい親切なおじさんでしたね。 久し振りの激坂、 5人全員フラフラでハァハァの声、正平さんもしんどいのに、行けるまで行くよ!もうちょっとやで、しんどいけどでも押さないぞ、頑張れ監督‼︎と声掛け、心が折れかけながらも無事とうちゃこに、家族で大拍手でした。 うわー‼︎凄〜い‼︎、ほんとso beautiful な景色でした。 正平さんとチームの頑張りに感謝です。 お疲れ様でした。

投稿日時:2016年12月08日 06:51 | ぶらうにぃ

最初の、奥神社からとうちゃこの木折坂からの眺めまで自然の素晴らしさが見られた回でした。ありがとうございますー☆
いろんな発見(出会い)がありましたね! 
チームみんなでのお弁当タイムもほのぼの。
坂を上るのに、みなさんのハアハア声も聞こえて大変そう~。正平さんが「監督がんばれー」って励ましていましたね。
太平洋も綺麗でしたー>対岸に島が見えないと不安になる瀬戸内人(笑)ですので太平洋の大きさにドキドキもしました。

投稿日時:2016年12月08日 05:34 | るる

今日は良い天気、木折坂を目指しての走行・・途中サンドベージュの砂浜での昼食は本当にいつもながら和気あいあいで愉しいひと時ですね~♡正平さん!流れついた椰子の実、少年の心を持った正平さん椰子の実植樹・・大きくなつたらなぁ~その頃は居ない。私も同じちょっぴり寂しくなってしまった(-"-)カニさんに気分転換させて頂きました(^^♪木折坂えの道のりは厳しい状況、正平さんの辛いお顔はもう勘弁しての気持ちで一杯でした!到着した木折坂から太平洋の眺めは本当に素晴らしい風景でした。正平さん、皆様~お疲れさま~ステキな映像ありがとうございます~♡

投稿日時:2016年12月08日 00:42 | モワ

正平さん チャリオ君 スタッフの皆さんお疲れ様です
種子島の二日間いかがでしたか?
パートナーの故郷 最高でしょ?
毎年帰るたび 新しい発見があり まだまだ知らない種子島がありそうです
今回は10月に伊関へ行ったばかりで 正平さんと同じ風景を見てきましたよ
広い海に何もないのが最高
贅沢な時間を過ごせます
来年も元気な正平さんが見られますように
怪我しないように頑張ってね

投稿日時:2016年12月08日 00:40 | 海海

種子島の風景
見慣れた風景の中に正平さんがいるだけで嬉しい
自然いっぱいで空が広く海が青い種子島が好きです

あと少しでロケット打ち上げだったのに...
また来て下さい!

投稿日時:2016年12月08日 00:11 | こころ旅ファン

正平さん、スタッフの皆さん、アサギマダラ。凄い!
その名前は知っていても目の前に現れた時に咄嗟にはなかなか結び付かないもの。さすが正平さんです。蟹も動きに表情があって良かった。
明日も楽しみにしています。

投稿日時:2016年12月07日 23:41 | mikichan

木折坂は正平さんスタッフの皆さんの心が折れそうでしたね
お疲れ様でした、木折坂の風景を見て正平さんが自転車の旅をしたから美しい
心の風景に出会えたとの言葉に胸が熱くなりました正平さんが訪ねた皆さんの
心の風景は正平さんの心の風景になり見てる私の心の風景になりました。

投稿日時:2016年12月07日 21:35 | 三河みどり

種子島2日目は快晴。
砂浜で食べる弁当、いいですねぇ。流木を杖にした仙人のような姿は本日登場。流れ着いた南方系の果実拾って、カニさん見つけて野生児です。
あの砂浜で一日ボケーっとするもよしです。

ダラダラ続く上り坂の後は絶景。これを約600日見ている正平さん。
継続は力なり、ちりも積もれば山となる。
更なる番組の発展を祈念します。

投稿日時:2016年12月07日 21:21 | ヒロリン

夜バージョン見ましたです(^~^)久しぶりのお弁当を海岸で食べるこころ旅軍団!快晴で、良かったですね~。絵葉書にしたいくらいの風景で、ずーっと観ていたいと思いました。ウ~ン(=^_^=)こころ旅最高ー!

投稿日時:2016年12月07日 21:14 | かりゆし5800

594日目の旅、観たよ。
「木折坂の峠からの眺め」
奥神社のあこうの木の下は
キリンの脚のようにも見えました。
アサギマダラを知っていた火野さんの博識ぶりに私も感心。
カニや椰子の実に南国らしさが良く出ていました。
埋めた椰子の実から芽が出れば良いですね。
浜辺で弁当を皆で食べる姿はいつもながら絵になっていました。
老体に鞭を打ってのペダル踏みお疲れ様でした。
ソービューティフルな太平洋の眺めを拝ませてもらいました。

投稿日時:2016年12月07日 21:05 | ももの爺

昨日と打って変わり、お天気も良く海の色は青く、海岸の砂浜は白くていい景色でしたね。また、そこで食べたお弁当がおいしそうでした。ただし、その後の坂登りに必要なエネルギーには少し足りないようでしたね。足の疲れの後遺症が出ないことを祈っています。
 正平様が最後にしみじみとおっしゃっていたように、正平様がチャリオ君に乗って走らなければ、私共は本日の景色を知ることはなかったのですね。本当にありがとうございました。
 明日は鹿児島市を走られるとのこと。さて、どこに行くのか楽しみにしています。

投稿日時:2016年12月07日 20:52 | セントポーリア

「お・はよ〜」 夜聞いても又元気が出る明るい正平さんのご挨拶。昨日と一転、今日が晴れで良かったとラストで熟々思った。昨日に続いて登場した奥神社の(アコウの木)にビックリ!!! まるで4本足で立つマンモスか、大きな立派な角の大鹿のよう・・・。南国の不思議な木を見せてもらった。70歳の寿生さんの「御老体に鞭打っての必死のペダル踏み・・・」に「ほっといてくれ!」のナイスな正平さんの返しが可笑しくって録画を見ては笑わせてもらった(^^) 文面の優しさから一転、とうちゃこの「木折坂」までの難儀な事。難儀と分かれば口では「歩いて行く」だの「撤退!!」だのとごててみるがやり遂げるのが正平さん。地球は丸い。この地平線から現れたポルトガル船を想像した。「so beautiful *・゜゚・*:この番組に会えて良かった」海を見ながら感慨深そうな正平さんの姿になんだか胸が熱くなりました

投稿日時:2016年12月07日 20:18 | GUREKO

朝版で既にとうちゃこ地かと見紛うような美しい海辺、チョウやカニの穴やヤシの実、種子島は正平さんを少年に戻してしまう、夢とロマンがいっぱいですね。
若い高校生がへとへとになったという木折坂への道、正平さんが監督さんを励ましていたのは珍しい場面でした。
苦労の末のとうちゃこは、オススメ通りの絶景! 海の色、草木の緑、風や波の音、全部独り占めできますね。「みんなも是非見においで」と正平さんに推薦されると、ウンウン行きます、と強く思ってしまいます。その時には、あの砂浜にヤシの木が育っているか、見に行かなくてはいけませんね。

投稿日時:2016年12月07日 19:50 | pon

 木折坂の峠からの眺め。太平洋(正平さんが時々言う、Pacific Ocean!)が、地球の丸さを感じさせてくれました。「にっぽん縦断・・・」も、とうとう地球規模になったのですね!草むらに座ってお手紙を読む正平さんが、「路傍にたたずむお地蔵様」のように見えたのは、私だけでしょうか・・・?

投稿日時:2016年12月07日 19:37 | チャリーダーお良し

正平さん、スタッフの皆さん、木折坂への上り坂お疲れさまでした。
種子島に嫁いで9年、木折坂からの眺めは知りませんでした。是非今度行ってみます!
ヤシの実の様子も見に行きますね♪
これからも頑張ってください。応援しています!
あー、正平さん、会いたかったなぁ。。。

投稿日時:2016年12月07日 19:37 | はや

砂浜でお弁当タイム、食べ終わったら宝物探し、色んなものがあるね。長い登り坂の後の木折坂からの眺め、本当に良かった、行ってみたいと思いました。

投稿日時:2016年12月07日 19:32 | はにゅけん

来年も見たいです。チャリオ君や正平さんをもっと、見たいです。絶対に放送して下さい。少し、休んで、来年の3月頃に。

投稿日時:2016年12月07日 17:08 | 由実子

「正平さん、スタッフのみなさん、お疲れ様でした」
坂、坂、、、の種子島。お疲れ様でした。
朝、アサギマダラに、感激!!興奮しました!!
何年か前に、アサギマダラが、何万キロも旅をする蝶だと知り、魅せられて〜〜〜。
「正平さん、ありがとう!!」
テンション↑↑
とうちゃこ版も、楽しみです!!(*˘︶˘*).。.:*♡

投稿日時:2016年12月07日 14:28 | REIKO

電動自転車のぼやきに朝から爆笑でした。申し訳ありませんが、自転車屋さんの言う事を聞いて今まで通りでお願いします。

投稿日時:2016年12月07日 12:57 | のたり

昨日は雨降りでしたねー。今日は快晴。海岸を歩いて蟹発見!坂道で、撤退発言!夜バージョンも、見逃せません!

投稿日時:2016年12月07日 12:24 | かりゆし5800

今日は晴れて見晴らし最高(^^)
海岸で見つけたアサギマダラを一瞬にして、「アサギマダラとちがうか。」と言った正平さんにびっくりしました。
丹波にも渡りの途中で飛来し、旅の途中に羽を休めていました。
アサギマダラもこころ旅ご一行も無事に旅を続けられますように・・・。

投稿日時:2016年12月07日 10:55 | 丹波のたぬき

アサギマダラ。
正平さん、珍しく正解でしたね。
たいてい「違いました。」というテロップが出てるので
知識(?)を披露された時はいつも何かドキドキします。

投稿日時:2016年12月07日 10:46 | 正星

種子島2日目の朝は、おっはよ〜とハツラツ! 天気も良さそうだし、ブログのテーマも 大興奮!&大喜び♪ だけど、お手紙は峠から見える風景だから、過酷な坂道を想像する。 今日のアコウの木は、小さい幹が寄り添って枝や葉を守ってる、まるで家族を守る父親の様だなと思った。 海岸で穴を掘っているカニさんをちょっと突いたりして少年の様な面も有りますが、渡り蝶の発見は凄いです。 長い旅の途中に傷付いた羽を休めていたのでしょうね。正平さん嬉しい休憩時間でしたね。 アサギマダラも海を渡る過酷な旅ですが、こころ旅も目の前にある過酷な坂道。愚痴が面白くて笑える。軽トラに頼らないけど、電動自転車を熱望。ニコニコ顔でスイスイ電動自転車の正平さんを、1度は見たい気もするけど、、ハァハァが聞けないのも淋しい。 正平さんに、こころ旅をやらないと見られないと言わせた絶景、楽しみです。

投稿日時:2016年12月07日 09:56 | ぶらうにぃ

「海を渡る蝶・アサギマダラ」今朝は博学正平さんの真骨頂ぶりをまざまざと拝見させていただき夫と二人で敬服いたしました。正平さんと同輩でありながら年々衰えるばかりの視力の夫は「この景色の中で良く見付けたな〜・・・」って感心しきり。今朝も目から耳から、そして心と脳を刺激してもらいました(^^)
その昔はポルトガル人が鉄砲を持って漂着。海渡る蝶もこの島で一休み。「島影なし、船二つ・・・」白砂の浜に1人ぽっちの正平さんもまるで何処からかたどり着いた人みたい。
こころ旅の魅力は正平さん抜きでは考えられない。お便りにもあった「正平さんの構えないやりとり、呟き」。それに加えての豊富な知識。毎日、必ず正平さんの目が何かを発見して暖かい心を届けてくれる素敵な番組。だから、坂はほどほどにしてあげて下さいませ。

投稿日時:2016年12月07日 09:07 | GUREKO

なつかしの種子島に 今日も連れて行ってもらえてうれしい(^◇^)
青い海に続く坂道を下りていくのが好きです♡
奈良では絶対見られない風景。。。

アサギマダラ 話には聞いたことがありますが
実際に見たのは初めて(@_@)見つけてくださった正平さんに感謝です。

とうちゃこの風景は 正平さんの言葉を聞いただけで 涙が出てきました。
種子島の海は わたしにとっても大切な心の風景。
とうちゃこ版 楽しみにしています(^_^)/

投稿日時:2016年12月07日 08:24 | norinorimiffy

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2019年05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

バックナンバー