2016年03月31日 (木)休憩もそれぞれ。


三宅島を半周したこの日の旅。

宿敵”坂”がいくつも登場。。。
海沿いの道を進みましたが、
いくつもの坂が待ち受けていました。

Bカメの目の前で止まってしまったこの坂・・・

ゆ~っくり休憩
火山が作りだした見事な景色を
見ることにかこつけて(笑)、
ゆっくり休憩です。

 

 



 
海沿いから上がったこの坂では、アシタバ畑を見ながらお休み。

今度は、アシタバ畑を見ながら休憩
旅が始まったばかりで、まだ体が
慣れていないという正平さん。
「だからってなあ、休みの間にジム通うとか自転車乗るとかさ、
あほらしいしなあ・・・」

 

 

ダラダラと上り坂が続いたこの坂では、、、

さすがベテラン!
追い越していく車のエンジンに耳を傾けて、坂がどれくらい続くのか確かめようとしていました。
さすが自転車旅6年目のベテランです(^_^)v

 

 


≪とうちゃこ版では、驚きの大自然!≫

火山が作り出す驚がくの景色!!
そんな坂を乗りこえながら旅した
三宅島の2日目は、火山が作り出した驚きの景色が満載!
今夜7時のとうちゃこ版で正平さんと一緒に確かめてください!(^^)!

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

やっと出会えた「青空」! バンザーイ!!
真っ白の荒波、真っ黒な土・岩 目に焼きつく色合い
新井さんの「宇宙映画みたい」は 同感ですね?
静寂にウグイス?の声が 冴えわたって美しい♪

カメノテのすいとん汁 どんな美味しさなのでしょう?
興味津々です(^^ゞ

@110×5=550 の貯金?
100倍くらいの価値ありますね?
でも旅は始まったばかり どうか無理はしないでくださいね?

投稿日時:2016年04月04日 02:23 | ぼうや

ありがとうこころ旅 やっぱり、カッコイイ正平さん!同年代とは思えない
だから、元気をもらっています♥
大変でしょうが、ズーとズー-と続きますようにm(__)m

投稿日時:2016年04月03日 15:37 | モマとよ

507日目新鼻への旅 スタート時の海は荒れて、綺麗だけど確かにおっかないと思いました。肝っ玉おかみさんの店で島産の海苔巻き、亀の手とカニすいとん汁で元気をもらい、島を半周されたんですね。火山と共生する三宅島の歴史を見せつけられました。
バスを回避したのは、たち枯れた椎木、埋もれた神社の鳥居、黒い大地等々沢山の貴重な風景を私達視聴者に見せなければというお気持ちだったんだろうな〜と感じました。

投稿日時:2016年04月01日 13:24 | ゆきぱん

東京都3日目のとうちゃこ版を、泊まりに来ていた甥っ子と一緒に見ました。4歳の甥っ子は、「この人なにするの?」「自転車で、お手紙を書いた人が、見たい場所にゆくんだよ。」と、私が説明すると、とても興味深く見ていました。4歳の子どもも虜にする正平さんすごい!!と思い、応援メッセージに投稿させていただきました。

投稿日時:2016年04月01日 11:53 | ☆karin

「黒い。」火野さんのその一言に尽きます。黒い浜に白く打ち寄せる波。着いた所は宇宙のような黒くひろがる地。お便りの方が釣りをされた頃とは、ずいぶん変わってしまった事でしょう。椎取神社にも驚きました。改めて、黒く埋もれてしまったものに思いを馳せたいと思います。

投稿日時:2016年04月01日 10:01 | のたり

とうちゃこ版は、正平さん、チャリオ君、スタッフさんの5人だけの登場でした。 間近で、今の三宅島の現状を見せて頂いて、火山の島、噴火の跡の有り様をよく知ることができました。有難うございます。 走り始めたばかりだからと、スタッフさんの優しさで、正平さんの体力を気遣い、坂を回避のバス輪行の予定だったのに、バス止〜めた、のんびり行くっちゃ、天気いいし〜550円貯金しようなんてね。 それにしても、椎取神社の惨状をといい、海岸近くまで流れ着いた火山灰、隆起した三角岩など、驚きの光景でした。正平さんの呟かれた「 この島は真っ黒けだ〜」印象的でした。 三宅島3日目の風景も、しっかり見たいと思います。

投稿日時:2016年04月01日 08:40 | ぶらうにぃ

三宅島2日目。
正平さんにくっついて離れなかった黒猫ちゃんがかわいかった。
こころ旅には動物が付き物ですね。

投稿日時:2016年04月01日 06:31 | ヒロリン

三宅島すごいですねー
いつもは正平さんと風景がワンセットという感じなのに、初めて、正平さんより周りを囲む風景に気をとられるという気がしました。自然の力ですねー。遠いところご苦労様です。
ありがとうございます。

投稿日時:2016年04月01日 06:20 | ちゅーりっぷ

噴火の跡が身近にあるのだ、わあ~と思いながら。新鼻は黒い砂漠のような。黒といえば朝の黒猫ちゃんかわいかった~。カメノテはじめてみました、本当に亀の手みたいでした。

投稿日時:2016年04月01日 05:27 | るる

三宅島半周お疲れ様です。

火山が作り出した景色あたり一面真っ黒でしたね。
珍しい眺めでした。体がまだ慣れていない正平さん、ゆっくり頑張って下さい。
曲ダウンロードしました。素敵な曲ですね。正平さんの渋い声で癒されてます。

投稿日時:2016年04月01日 05:27 | ワッフル

三宅島2日目 見ました。まるで惑星にでも 降り立ったような、真っ黒な地面。
正平さんが宇宙服着ていたら、「宇宙映画かしら?」と見間違うこと、間違いなしね!?
途中立ち寄った 神社には、圧倒されました。
自然の威力の大きさには、人間は太刀打ち出来ない所もあるけれど、それを乗り越えて
力強く生きてゆく知恵がある・・・そのようにして、島の人達や動植物も
たくましく生きてきたのかな?と、拍手を送りたい気分になりました。
明日は三宅島 最終日? どんな心の風景が見られるのでしょう!!
7時から見られるように、明日も頑張ろっと・・・(^O^)/

投稿日時:2016年03月31日 22:34 | ひよこ豆

悪天候は中止にしましょう〜。
お陰でこの青い海、青い空。大自然を満喫です。
今夜は目的地の新鼻やバス待ち時間に立ち寄った椎取神社の風景に地球は生きてるんだ・・って怖くなった。
実際に見ることなんてできない風景の連続で噴火当時の事を想像したり、驚いたり。
生きてる島で暮らす島民の気持ちを考えたり、何か、とっても良い体験をさせていただいている。
正平さんは何故、バスをやめたんだろう・・・。
きっと、走らないと感じられない何かがあるのだろう。
白波立つ新鼻の風景。隆起した新鼻新山。お父様との思い出の場所を見せていただける有り難さ。新井カメさん「宇宙映画みたいですよ・・・」って、本当に何処の星にもこんな場所
があるのかも・・・

投稿日時:2016年03月31日 21:40 | GUREKO

507日目の旅、観たよ。
「新鼻」
東映の映画どころでないの意味
火野さんと同年代なので分かります。
すいとんも知っている年代です。
バスをやめたのには意表をつかれました。
それにしても鳥居が埋もれていたり
立ち枯れていたりすごい光景でした。
新鼻は確かに宇宙映画のようでした。
昨日は悪天候で中止で、延期しての今日の旅とか。
それが又、こころ旅らしかったです。
海と空の青さと波しぶきを満喫しました。

投稿日時:2016年03月31日 20:50 | ももの爺

旧椎取神社の火山灰に埋まった景色はショッキングでした。本当ならバスで行くところを、自転車で走り始めた正平さんの気持ちが分かるような気がします。新鼻の景色も真っ黒ですごいですね。火山の島に住む人達の苦労が偲ばれます。これからも色んな景色を期待しております。

投稿日時:2016年03月31日 20:02 | 兵賀正朗

今夜のこころ旅の景色、初めて観てとっても壮大な気分です(^◇^)
正平さん、スタッフの皆さまが、沢山チャリオ君と青空の下、走った感じですね(*^-^*)海も綺麗で、自然の力強さがとっても伝わってきました!真っ黒い土の上を歩く正平さんの存在感が、とっても男らしかったです、お洒落でした(*'▽')!

投稿日時:2016年03月31日 19:38 | あおぞら

「正平さん、スタッフの皆さん、こんにちは」
「春の旅」スタートから見ていますよ〜!!
ただ、優先順位が、、、孫の世話が一番になりました。
でも、しっかり見ていますよ。
雨、坂、、、、容易くない旅が「こころ旅」ですね?
正平さん、頑張ってください。( ♥ᴗ♥ )

投稿日時:2016年03月31日 16:19 | REIKO

青い空と青い海!波の音は怖いぐらい荒々しいですね。
海岸は黒い岩々が占拠しているのですね。
岩場を白い波が激しく打ちつけて 数メートルの高さまで
しぶきが飛び散るのを・・・

正平さんは「東映の映画どころじゃないね」と宣ふ。

この意味がお分かりになる方も少なくなられたのでは?と。

お昼のサイレン。立ち寄られた 
お洒落な食堂の奥さんとのやり取りが 面白い!

「火野先生…何人? ダメよ買わなきゃ!」
「姫…食べて! 座って!」と 肝っ玉かあさんだ。

暖かい日々が 早く来ます様に!
寒い中・・・ご苦労様です。ありがとうございます!


投稿日時:2016年03月31日 16:03 | とんがり姉さん

真っ青な空に、点々と浮かぶ白い雲!
不思議です。空の色で、心がウキウキしてきます。
池田綾子さんの「こころたび」の綺麗な歌声に、音痴ですが一緒に口ずさみ、今日も始まるんだと、ワクワクします。
チーム5人の息の合ったスーッと走る光景に、一瞬でも御一行を拝見できたらなぁ~とつい儚い夢を頭に描いてしまう楽しいひとときです。
御蔵島のお饅頭、餃子の例えに“ウンウン…”
正平さんの定番(?)のオッパイの発想に“クスッ!”
三宅島でも、最高の出会いでしたネ。
サバサバしたとても明るい女性の、“火野先生”“姫!…”に、大笑い!!
シャリシャリと正平さんが地面を踏む音と、景色を見て、未知との遭遇を連想してしまいました。

投稿日時:2016年03月31日 14:24 | kimiちゃん

正平さん、チャリオ君、スタッフの皆様こんにちわ^^

また”こころ旅”始まりましたね~。ありがとうございます!!

正平さんの笑顔が大好きです^^

正平さんの番組はすべて、チェックしていますよ

歌もお上手ですね♪

まだ寒いですがしっかり着込んで頑張ってくださいね

TVに向かって頑張って~と声かけています

投稿日時:2016年03月31日 13:11 | sara.jyu

お天気が良く ちょっと 荒々しい海のキラキラも 見れて 良かったです。
レンズに 塩が吹いていましたネ! 唇も 塩っぱかったでしょう!「 亀の手 ♡ 」
黒のぐるぐる が 見えていたので 始めて 口にした時を 思い出していました(´Д` )
熱々を食べる時 汁が 「 プシュッ~!」と 飛んでくるので 恐る恐る むいて
食べていました。 故郷の思い出です ^ - ^ 。 お味噌汁 美味しいですよね❗️
とうちゃこの 「 宇宙映画 」?
「 ワ・レ・ワ・レ・ハ・」 しましたか? 楽しみです 。(⌒▽⌒)


投稿日時:2016年03月31日 12:05 | ちょろ(=^ェ^=)

 溶岩が流れ下った後を鮮明に残す三宅島の海岸線を眺めながら、初めて桜島の溶岩原を見た55年前を思い出しました。現在はなだらかになり、大きな松が生えています。
 小さな島と思っていましたが、なかなか起伏に富んで、正平さん泣かせの道ですね。とうちゃこ版ではどんな風景を見せていただけるのか楽しみにしています。
 お天気が回復したようですね。それだけでもよかったよかったと思いテレビにしがみついています。

投稿日時:2016年03月31日 11:13 | セントポーリア

春の旅3日目にして、初めての青空、気持ち良さそう〜。海の色の青さ、豪快な白い波、海岸は、溶岩が流れ着いたのか真っ黒な岩、瀬戸内で育った私は、荒々しい海、波が、吸い込まれそうで怖い。 途中の休憩ポイントで、海岸へ行かれた時に手袋落とされたんですね。月曜版の謎解きのようです。 それにしても、御蔵島が何の形に見えるかオッさん談義に花が咲きましたね〜。新井さんの饅頭…甘党⁇ 正平さんの腹減ってるから餃子、満腹になれば、オッパイ……ヤッパリ(笑) 今日のランチのお店、1Fでお弁当、惣菜買って、2Fで食事のシステム、ヘェ〜、初めてですね。 カメノテ入り、カニ入りのすいとん、正平さんはお母さんがすいとん作ってたと懐かしそうでしたね。スタッフさんと笑い声の絶えない食事風景大好きです。 とうちゃこ版、宇宙の様な風景?新鼻の風景、楽しみです。

投稿日時:2016年03月31日 10:12 | ぶらうにぃ

やっぱり雨より晴れが良い。この美しい青の海。豪快な波しぶき。本当に少しは島も動いてるかも(^^) 正平さんの面白い想像話に明るく反応する皆さんの声を聞いてるだけで「こころ旅」が帰ってきた・・・って嬉しくなる。特に新井カメさんの笑い声が聞こえると元気になる。
今朝のブログにも休み明けで正平さんの体力回復期間のような事が書いてあったが休憩してくれるお陰でおまけの景色も見せてもらえてラッキー〜✨✨
「すいとん」懐かしい〜。母の味を思い出しながら今夜、作ってみようかな・・。それにしても亀の手の何と生々しいお姿(^^;; ちょっと引いちゃいました(^^;; でも美味しそう〜。
今夜のとうちゃこは何処かの惑星みたいな風景だろうか・・・正平さんのカラフルパンツと黄色のブーツが黒の背景にあってること(^^)

投稿日時:2016年03月31日 09:12 | GUREKO

今朝はきれいな青空ですが、画面の向こうには眩しい位のいいお天気の空と荒々しい海。朝からいい気持ちです。次から次へと高く上がる白い波しぶき。きさくで親切なおかみさん。カメノテのすいとん。火野さんにスリスリする黒猫。すべてが、見所でした。とうちゃこ版では宇宙を見られるのですね。

投稿日時:2016年03月31日 08:20 | のたり

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2021年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

バックナンバー