2014年06月19日 (木)サクランボで始まり、サクランボで終わる?


千歳山公園のサクラの老木
お手紙を読んだ山形市の千歳山公園で、正平さんが触っているのは・・・桜の老木。
ちゃんと、小さな実がついていましたよ(^^)v 

 

 

鶴岡で見つけたサクランボ
鶴岡で見つけたサクランボ!

 

 

 

 

 
 


cherry_d3.jpg
おいしそうな実が、たくさん(≧∀≦)

 

 

 

 


 

こちらは、グミだったようで。。。
こちらは、グミだったようで・・・
(;´∀`)

 

 

 

 

 


そして、カップに入ったサクランボ
そしてカップに入ったサクランボ♪

≪今夜7時のとうちゃこ版≫
遠足の思い出の丘とサクランボは・・・『とうちゃこ版』
お楽しみください(^o^)/
 

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

さすがは山形県 実のなる木との出会いが多い日でしたね?
サクランボはもとより グミ、ザクロも見つけてくださって・・・
小学生のころ 学校帰りにグミを見つけてもぎ取って帰り
喜び勇んでポッケから出してみたら ぐちゃぐちゃに潰れていて
泣きそうになった懐かしい思い出
あの実の肌と葉っぱの感触を思い出します

鳥海山、月山には まだ残雪がみられましたが 
里はもう“蒸し暑い”とのこと 最後のお手紙朗読のあとに
流れたアカペラの美しい声も 新しいCDに入っているのでしょうか?
正平さんの「こころ手紙」とともに とっても楽しみです♪

工藤さんのような思い出 もっと古い人間の私にも
似たような思い出が いくつかありました(^・^) 

投稿日時:2014年06月20日 08:44 | bouya

☆正平さん☆スタッフのみなさん\(^o^)/お疲れ様です!
今日の、"老木"すごくたくましかった!歴史を感じました…。
☆正平さんは、"ヘロヘロだけどみなさんに支えれて、立っている。"
と…(о´∀`о)☆正平さんっていい人だぁ!ますます大好きです
人は、どう生きるか~っていうことを☆正平さんから学びます!
お手紙の方の、茶色いごちそうのお弁当~の気持ちわかります。
大人になって母のお弁当が食べれなくなると懐かしく、わがままを言って申し訳なかったなぁ。と反省したり(。>д とうちゃこの場所、いいところですね!
山形☆必ず訪れてみたいです!
ありがとう~こころ旅!
CD発売まであと少し(#^.^#)楽しみですね~
おやすみなさい☆


投稿日時:2014年06月20日 00:50 | 裕蘭

毎日みてます。あたしも、テレビを通じて
日本全国に、つれていってもらってます。
いくら、仕事ととはいえ、雨、風排気ガスに耐えながら、
がんばる勇気には、力をもらってます。
日本にも、世界には負けない風景が、あります。
人のあたたかさも、そうですが。笑ったり、、ジーンときたり、
色々なシーンを、楽しんでます。でも、なぜか、若い人、特に綺麗な人と、高齢の方との、接し方の違いが、ハッキリしている、正平さんはおもしろいです。
これからも、応援をテレビを通じてしてます。
あたしの、頭には、脳動脈瘤があり、爆弾をかかえてますが、正平さんの、頑張りを糧に、頑張ります。身体が一番。大切に。スタッフのみなさんも。

投稿日時:2014年06月19日 23:36 | マユミ

一面に拡がる田園、その中に高い木々に囲まれた家が、あちこちに、遠くにまだ雪に光る山々、その中をチャリンコ隊が走っていく、まさにこころ旅の、絶景です。
開墾公園、きっと蚕など飼って、昔の人は、雪の中で暮らしたのでしょうね。
正平さんの青い上衣、とっても良い色でしたね✌️昨日のボタンダウンも、良かったけど

投稿日時:2014年06月19日 23:12 | 伏見のおばあちゃん

3日目:山形市千歳山公園から羽黒町「松ヶ岡開墾場の丘」へ。「熊」に出会ったら死んだふりですか?「お弁当が茶色ばっかり」今はキャラ弁が大流行。思い切り500m走って来て お昼に。お店の女性たち 元気ですね。心無い人達がどこにでもいるんです。「風と雪除けの柵」納得!開墾場内に見えた建物は?
とうちゃこ:「たぶんこの箱 町にでれば2000円だな!」「今日も快調でありますように」本当に心より願っています。「来た!」頑張れ!!カイコを飼っていたと思われる建物。こんな素敵な場所に居れたら、気持ちいいでしょうね。鶴岡市は小説家・藤沢周平さんの出身地。ほとんどの本を読みました。明日も鶴岡市。楽しみです。

投稿日時:2014年06月19日 21:32 | SETSUKO

343日目の旅、観たよ。
「松ヶ岡開墾場の丘」
私は祖母にお弁当を作ってもらったことはありませんが
母が作ったお弁当に引け目を感じたことはあります。
お弁当を食べる時、隠すようにしている子たちがいますが
それぞれ、いろいろな気持ちになるのでしょう。
今はキャラ弁が流行っているようですが、お母さんたちは
大変ですね。
ヘロヘロになっても皆に支えられ、これからも
チャリオ旅、頑張ってください。

投稿日時:2014年06月19日 21:03 | ももの爺

正平さんスタッフの皆様、そしてチャリオくん毎日愉しく拝見しています。
庄内は昨年娘が車の免許合宿で行った所です。
娘からは何も無くてちょっぴり不便かなって思ったけど毎日過ごす自由時間の合間にレンタサイクルで回ったら、とても雄大で、不慣れな自転車も
なんのその・・・元バスケ女子魂全開でいい旅人気分だったそうです。
映画村は残念ながら行けなところ。にメールをし、庄内いいねぇ・・・
行ってみようか・・と・・・(娘と同じ景色を見れた気分でした。)
正平さん気取りで最近自転車生活を始めた私です。坂道大変・・・
毎日観ている私は元気を頂いておりますが、景色を語りながらの正平さん
は大変ですね。いつもありがとうございます。本当に和みます。
お身体に気をつけて愉しい番組をよろしくお願い致します。

投稿日時:2014年06月19日 20:46 | ショコみる

3/18とうちゃこ版で流れた正平さんの歌、ばあさんながらしびれています。どうかじっくり聞かせてください。


投稿日時:2014年06月19日 19:52 | ささきひろこ

正平さん、チャリオ君、スタッフのみなさん☔️降りで無くて良かったですね。
家の軒先にさくらんぼ

投稿日時:2014年06月19日 19:32 | mikannopapamama

 山形県内のこころ旅、面白く拝見しています。それにしても東北のオバちゃん達の奥ゆかしさ?っていうのか、悩ましいところがありますね。大阪のオバちゃん達なら遠慮せずにダイレクトに反応するだろうにと感じられ、この番組をとおして地域の違いがハッキリさせられますね。
 正平さんが子供の時に「母親から柱に縛り付けられるお仕置きを受けた」と聞きました。私も子供の時に「母親から柱に縛り付けられ、近所の子供達の眼のさらし者にされる折檻を受けた」記憶があります。何のせいでのお仕置きであったのかは忘れてしまいました。同い年の正平さんから発せられる昔の思い出や遊び、古い歌など共通点があり、親近感がわきますが、母親のお仕置きで一層親近感が強くなりました。

投稿日時:2014年06月19日 16:55 | タケホープ

可愛い黄色のバスから覗く、濃いブルーのパーカーが、山形の清々しい風景にベストマッチ!。
水が隠れる程、青々と成長した田んぼのなかを、ひた走る正平さんと「こころ旅」チーム。
何時でも、気さくに、笑顔でカメラにおさまってもらえる正平さんは、山形でも大人気です。カメラを落とされた方は、緊張されていたのだと思います。
暗い「茶色のお弁当」は、「手がかかるお弁当=愛情いっぱいのお弁当」だと、後になって、やっと解りました…。
祖母の思い出…お弁当の思い出…と誰しもが、胸に抱いてる懐かしい思い出を、ひとつひとつ思い起こしてくれる「こころ旅」は、いつも、心がリセットされます。

投稿日時:2014年06月19日 16:46 | kimiちゃん

火野様スタッフの皆様
「熊 出没注意」の看板のそばでのお手紙の朗読に
びっくりしました。
看板があるという事は、出没するということ。
長い間旅をしていると、怖いものは何もない…という事
でしようか?
特別ゲストで熊の出演があったら、別なドキュメンタリー
番組作成になったかもしれません。
昔々の美女集団との写真撮影には背中が反り気味に…
火野さんにとって熊より苦手なものがわかった気がします。

投稿日時:2014年06月19日 13:50 | youmama

鶴岡市は、大好きな作家 藤沢周平の故郷。
今日のとうちゃこ地は、藤沢作品を彷彿とさせる、趣深い場所のようですね\(^o^)/
この続きが早く観たいです。待ち遠しい~!!

天ぷらそばのチケット、スムーズに購入できて、よろしゅうございました(= '艸')
電車の券売機やらファミレスのドリンクバーやら、庶民生活の雑多なシステムにだんだん馴染んでいかれる正平殿のご様子が、微笑ましいでござる・・・(╹◡╹)
殿、熊に出くわされた時は、そお~~っと思いっきりお逃げ下されm(__)m

投稿日時:2014年06月19日 11:44 | ojo

毎日 毎日が 楽しいわけじゃない
面白くないことも 泣きたいこともある
車を運転しながら 買い物の帰り道
信号の待ち時間 何だかつまらない気持ちになって
ふと 外を見たら 田植えが終わったばかりの田圃
折しも 今日のCDは こころ旅のサウンドトラック盤
こころ旅の曲を聴きながら 田圃を見ていると
ちょっと鼻の奥につ~んとくるものがありました
がんばろう と 思いました(*^_^*) 

投稿日時:2014年06月19日 11:40 | norinorimiffy

正平さんのあとをついて行ってる様な気持ちで録画しながら見てます

投稿日時:2014年06月19日 11:14 | DAFFY

正平さん、多恵さん、スタッフの皆さん、チャリオさん、おはようございます。
正平さん、青い色が綺麗。熊が出てきても、正平さんなら、友達になってしまいそう。麗しの女性監督さんを、守ってあげて下さい。山形のサクランボ、食べています。昨晩は、サクランボのサイダーを飲みました。やはり山形のです。美味しいでーす。とーーちゃこ、思い出の丘、わくわく、待ちます。チターでしたか? 昨日のとうちゃこ、ラーメンを召し上がることができ、良かったですね。それが目的ではないけど。お店の方とのやりとり、可笑しい。銀杏の古木、大木に感動しました。こころ旅、ほんと大好き。
正平さん、皆さん、道中お気をつけて。西ディレクターさんは、蛇に気をつけて。

投稿日時:2014年06月19日 09:20 | ことのしーちゃん

 正平さん、チャリオ君、スタッフのみなさん、お早うございます。
今週の山形は、人も風景も山形弁もほのぼのとしていて、良いですね。
 お手紙を書いた人、それを選んだ人、たぶん大好きになっている正平さん。食堂のおばちゃん達にも、大サービス。こんなところにも正平さんのやさしさが感じられます。
 お店で売ってるサクランボも宝石みたいで美しいですが、露地のサクランボも素朴で良いですよね。
 なにか今回の山形の旅は、サクランボがキーワードのような気がしています。
 それでは明日もまた、山形が良い旅でありますように。

投稿日時:2014年06月19日 09:20 | いつでまでもこころ旅

でたァ~ 蛇が嫌いな西ディレクター。待っておりましたよ、あなたの登場を、夫が特に・・。前回の逃げっぷりを家族全員思い出しながら、笑顔で西ディレクターを見つめました。それにしても全国巡回→いろんな生き物と遭遇する→生き物に博学な正平さんをキャストに迎えるエトセトラ。ここまでもし読んでキャストに正平さんを考えたならば、すばらしいと脱帽します。西ディレクター、誰にも苦手なものはありますよ。正平さんが高所恐怖症みたいに。

投稿日時:2014年06月19日 09:10 | もりたけの母

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2019年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

バックナンバー