あの日、そして明日へ

こころフォト

トップページ 写真一覧 こころフォトに寄せて 動画を見る

神田明夫さん(かんだ・あきお/当時77歳)宮城県女川町

明夫さんは、自宅近くに住む体が不自由な人に避難を呼びかけに行き、津波に巻き込まれました。

震災から10年PHOTO



震災から9年PHOTO

「こころフォト」ニュースリポート

  • 2020年3月7日放送

    いま向き合う
    亡き祖父への思い

    「こころフォトスペシャル あの日から9年 新たな春へ」VTR③

震災から10年を迎えて

孫の瑞季さんより

おじいさんへ

あれから10年経つ今年、私は結婚式を挙げます。
大好きなおじいさんには、花嫁姿を見てほしかったです。

先日、はかった様におじいさんの夢を見ました。
結婚式当日の夢で友人に祝福される中、
タキシードを着たおじいさんが私の目の前で両手を上げて
満面の笑みで喜んでいました。私はそれをおじいさんからの
メッセージとして受け取りました。私の旦那さんになる人は
心に正義の芯を持ち、その正しさを貫ける人です。
私はその正義に守られ、救われました。この人がいれば
私は大丈夫です。どうか、安心して下さい。

もし子どもができたら、おじいさんの事を伝えて繋いでいきます。
これからの私達の幸せをどうか見ていて下さい。
大事な時は、そばにいてね。これからもずっと。

瑞季より

震災から9年を迎えて

孫の瑞季さんより

おじいさんへ

おじいさんが最後にした事は、私の道標になっています。
私もおじいさんの様に暗がりがあれば進んで明かりを灯し、
これからも、沢山の人の幸せを祈り描いていきます。
絵で祈り、愛で色を、届けていきます。
どうか最後まで見届けてください。
私の幸せも、最後まで、見ていてください。

瑞季

神田明夫さんへのメッセージ・写真を募集しています。

写真一覧へ戻る