明日へ つなげよう

こころフォト

トップページ 写真一覧 こころフォトに寄せて 動画を見る

岩城直俊さん(いわき・なおとし/当時17歳)岩手県住田町

陸前高田市の高校に通っていた直俊さん。津波に襲われ、震災から9日後に遺体が見つかりました。

「こころフォト」ニュースリポート

  • 2018年3月10日放送

    震災がつないだ
    新たな希望

    「こころフォトスペシャル 子どもたちと歩んだ7年」VTR③

父親の和彦さんより

直俊君へ

平成30年3月、まもなく丸7年になりますね。
あの震災がなければ、ことしで24歳。今ごろはどんな人に成長していたのでしょうね。
この7年が私たちにとって長かったのか短かったのかは、わかりません。

明らかに違うのは、少しずつですが、町並みができてきています。
直の同級生たちも近頃、顔を見せなくなりました。忘れたわけではないと思いますが、どうしたのでしょうか。
私たち家族は、直のことは片時も忘れたことはありませんよ。

おととし、熊本地震の復興応援で熊本へ行ってきました。そこで、1人の少年との出会いがありました。
まるで小さな時の直のような少年でした。この少年が20歳になるまで交流を続けましょうと約束をして、1年間交流を続けて、ことし少年と再会することができました。
この少年は思ったとおり、まっすぐで賢く明るい少年でした。直俊の弟みたいな感じの子です。
私たちの心の喪失感をこの少年が埋めることは決してありませんが、直に重ねて成長を見守ることはできます。

7年前から直との時間は止まったままです。
少年が成長して、直と同じ年齢になり、やがて追い越し、大人へと成長していくでしょう。
私たちと一緒に、直も成長を見守ってくださいね。

この少年の成長とともに、私たちで直と過ごした時間、生きた証を少しでも伝えていくことが、私たちの務めだと思っております。
忘れることが復興ではありません。伝えることの大切さ、私たちは決して忘れません。
東日本大震災。何度か取材されましたが、思っていても言葉に出せないことがたくさんありました。
先日、記者から言われた言葉。報道が作り出した言葉かもしれない。震災の悲しみを乗り越えるとはどんなことか、震災のつらさ、悲しみをばねにしてとはどんなことか、あれから毎日考えさせられております。

私にとって、この東日本大震災の悲しみ、これを乗り越えることはできないと思います。
これほどの災害やつらいことは、これから先、起こることを想像できません。
震災当時を思い起こせば、つらさよりも悔しさだけしか出てきません。
なぜ、なぜ、なぜ私の息子なのか、なぜ私なのか、どうして私の家族なのか、私たちが何をしたのか。
思い出せば涙がこみ上げてきます。

あの時から私たちと直俊の時間は止まったままです。
人混みの中で、直に似た人を見かければ追いかけてしまう自分がそこにいる。違うとわかっていても自然と目で追う自分がそこにいる。また悲しみが募る。
この手紙を書いていても、涙がにじむ自分がいる。
この悔しさをばねにすることなどは、とうてい考えられません。

現実に起こったことを認めることのできないつらさ、当事者でさえも認めることができない。いまだ行方不明者が多数いることが全てを語っています。
誰かがこの事実を伝えなければならない。つらさ、悔しさだけで口をつぐんでしまうのではなく、少しでも世間の人たちにわかってもらいたいと思う。
忘れ去ることが、復興では決してないと思います。

今、私たちがやらなければならないことは、このつらさや悔しさを伝えていかなければならないことだと思います。
直俊がやり残したことが何だったのかは、今となってはわかりませんが、熊本の少年にその姿を重ねて見守っていきたいと思っています。

今、日本中で危惧されている、東日本大震災をしのぐ、南海トラフ、首都圏直下型地震等が起きた時、私たちの経験が少しでも役に立つのなら、伝えていかなければならないと思っております。

ホームページをご覧になった、アメリカ在住のまつもとゆきこさんより

おつらい気持ち、お察しします。
アメリカで教員をしています。子どもたちにも先週、7年経ちましたと話したばかりです。
遠い日本でのこと、まして生徒たちが3歳ぐらいだったので、話には聞いても、実感できない子もいます。
だからこそ、こうしたお手紙を読み聞かせたいなと感じました。少しでも身近に感じられることが大事だと思います。
よそのことではなく、おとなりさんのことだと思って、痛みを分かち合えるとよいと感じています。
命とは、かけがえのないものですね。
熊本の少年にとっても、岩城さんの存在は、きっとかけがえのないものとなるでしょう。

番組をご覧になった、愛媛県松山市の服部秀樹さんより

和彦さん、直俊くん、それから健翔くん。
まず・・・四国に住む私が、震災をたまにしか思い出せない私が、なんて話しかければよいのかわかりません。
2年前に東北に行き、目の当たりにしたものは、復興5年目とは思えない光景でした。
震災そのものや被災された方の心を、いくら想像しようとしても、できるものではないと気づきました。
当事者である和彦さんが正直に伝える思い、あるべき姿だけでなく、ありのままの姿を見させてください。
少しでも理解に近づけるよう、そこからまた想像してみたいと思います。
最後に・・・当事者でもない私が、震災で浮かんでくる思いの中に「憎しみ」が強くあります。何かや誰かを特定しているわけではなく、自分でも不思議なんです。
和彦さんの「悔しさ」聞かせてください。未来の世代のために、私ができることを気づかせてもらえるような気がしてます。

番組をご覧になった、静岡県沼津市の浅田育正さんより

東日本大震災特集で、直ちゃんのお父さんのお話で、泣けてしまいました。
年に1回の特集でなく、毎月11日は月命日の特集として、被害者の声を公開してください。
地震と津波国の日本として、多くの国民に、家族との関係。
さらに今後30年後までに80%の確立で地震津波が発生する恐れがある日本。
これからの自分の人生計画などの参考になるようにしてほしいと、切に思いました。

岩城直俊さんへのメッセージ・写真を募集しています。

お寄せいただいたメッセージは、ホームページへの掲載や番組への活用などに限って利用いたします。
メッセージは掲載できない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

皆様の個人情報の扱いに関しては、「NHKにおける個人情報保護について」をご参照ください。

お名前(*)
ふりがな(*)
本人との関係(*)
電話番号(*)
(半角数字)
住所(*)

ページへの掲載は区市町村までとします。(例)東京都渋谷区の※※さん より

メールアドレス(*)
(半角数字)
確認用メールアドレス(*)
(半角数字)
メッセージ(*)

※内容は800文字以内でお書きください
(800文字を超えた場合は送信できません。ご了承ください)

※文字化けしてしまうため、機種依存文字は使用しないでください。

※写真を投稿したい場合は、こちらの写真投稿フォーム をご利用ください。


郵送の場合はご意見・お問い合わせページに
「郵送希望」と記して住所をお書き下さい。
こちらからメッセージの記入用紙や返信用封筒を送ります。
送っていただいたお写真は返却します。

ご意見・お問い合わせ

  • >> メッセージを投稿する
写真一覧へ戻る