あの日、そして明日へ

こころフォト

トップページ 写真一覧 こころフォトに寄せて 動画を見る

岩石和江さん(いわいし・かずえ/当時47歳)宮城県南三陸町

勤めていた介護施設で津波に巻き込まれました。寝たきりの利用者を避難させようとしていたそうです。

娘の桂惟(かい)さんからのメッセージ

思い出の場所は地元の長須賀海水浴場です。
小さい頃から地元で遊ぶといったらこの場所であり、夏になると毎年母が連れて行ってくれました。
泳ぐことはもちろん、花火やスイカ割りをしたのも良い思い出です。
そんな思い出の場所も3・11の大震災により無残な姿になってしまいましたが、たくさんのボランティアさんたちの力を借りて復活することができ、今年は5回目のオープンをすることができました。
心配していた防潮堤の工事ですが、被らないことに決まりました。
震災から6年半、当時小5だった私は高校3年となり、受験生です。
ツアーコンダクターという目標に向かって日々頑張っています。 お母さん、あなたに直接話したいことはたくさんあるけど、目標を達成して自分に自信が持てたとき、あなたにまとめてお話しようと思います。
それまでしっかりと見守っていてください。

(思い出の場所についてお聞きしました。)

岩石和江さんへのメッセージ・写真を募集しています。

写真一覧へ戻る