あの日、そして明日へ

こころフォト

トップページ 写真一覧 こころフォトに寄せて 動画を見る

木幡雄介さん(こわた・ゆうすけ/当時20歳) 訓彦さん(くにひこ/当時50歳) 利信さん(としのぶ/当時74歳) 訓子さん(くにこ/当時62歳)福島県南相馬市

木幡恵美子さんの家族は、恵美子さんの長男の雄介さん(20)、夫の訓彦さん(50)、夫の父親の利信さん(74)、夫の叔母の訓子さん(62)が津波に巻き込まれ、雄介さんと訓彦さんは亡くなり、利信さんと訓子さんは今も行方が分かりません。

「こころフォト」ニュースリポート

  • 2016年3月7日放送

    「家族への思いをカフェに」

    (おはよう日本)

  • 2013年4月29日放送

    母親支える 亡き息子の写真

    (ニュースウオッチ9)

震災から5年を迎えて

母親の恵美子さんより

雄介へ

あれから5年になりますね。
沢山のことがありました。
沢山の困難に直面しました。
あなたやお父さんたちが生きていればと何度も思いました。

でも、あなたの友達や沢山の人たちが支えてくれて何とか前に進むことが出来ました。
やっと、家が完成しました。
ついでにカフェも作ってしまいました。
萱浜の家のように近所の人たちがふらりと来て、ゆっくりお茶を飲んでもらえるといいですね。

最近、萱浜のことを思い出します。
落ち着き先が決まってほっとしたからでしょうか。
この先どうなるかまだ想像がつきません。

まずは、生活を立て直しながら地道にお店を営んで行こうと思っています。
経験の無いことばかりで大変です。

まだまだ心配をかけると思いますが、見守っていてください。

母親の恵美子さんからのメッセージ

近所の方たちが懸命にあなたを探してくれ、震災の翌々日にあなたは発見されました。お母さんはあなたと対面した時、これでお母さんの人生は終わったと思いました。お姉ちゃんが泣きました。おじいちゃんとおばあちゃんが泣きました。
飯部君と晃君が大声で泣きました。みんなで泣きました。
3月19日、あなたの火葬の日。
原発事故でみんなが避難し、最後にあなたに会いたくても会いに来られなかった人が大勢いました。
それでも飯部君は必死に、火葬の時刻を友人、知人、学校の先輩、後輩、出来る限りの人に連絡してくれたそうです。
15時30分、離れ離れになった各地の避難先にて、南相馬市の方角に向かって黙とうを捧げてくれたそうです。
あれから2年が経ちました。
おじいちゃん、おばあちゃんはお墓参りを欠かしません。
飯部君は自動車整備士になりました。晃君は、埼玉県で働いていますが、南相馬に戻ってきたいそうです。お姉ちゃんは、スタイリスト目指して特訓中です。
お母さんは、30年働いた職場を離れて、4月から新しい人生をスタートします。
何とかやっていけるかな?遠くからでよいので見守っていて下さいね。

「おはよう日本」のリポートをご覧になった、東京都三鷹市の坂井久美子(さかい・くみこ)さんより

恵美子さんへ
今朝、テレビで拝見しました。
ゆずがたくさん実っていましたね。
思い出がたくさん詰まっているゆずの木を、これからも見守っていきたいですね。
カフェの完成は新しいスタート、お体に気をつけてください。

こころフォトのページをご覧になった、雄介さんが小学生の時の先生で、現在は新潟市の小学校に勤めている
高田昌幸さんより(雄介さんの父親で亡くなった訓彦さんは小学校のPTA会長をつとめていたそうです)

木幡雄介君へ
早いもので震災から3年以上が過ぎてしまいました。
今頃は、お父さんと仲よくキャッチボールをしているのでしょうか。
あなたのお父さんは私の高校の先輩でもありますし、生きていらっしゃれば、これからの相馬地方を導いてくださったであろう方でした。
そして、雄介君自身もこれからの南相馬市にとっての希望の星でした。
今お二人が居ないことが本当に無念です。
遅くなってしまいましたが12年前のあなたの写真をお母さんに届けたいと思います。
20歳の写真からは想像できないくらい、小学校6年の雄介君はとても恥ずかしがり屋だったことを今でも覚えています。
どうか、残されたお母さんのことはお父さんと二人末永く見守ってあげて下さい。

「こころフォトスペシャル」を見てコメントを寄せてくださった、熊本県芦北町の
山下祐介(やました・ゆうすけ)さんより

木幡さんへ
NHKの放送を見ました。
辛くて大変でしょう。
九州・熊本は福島からは遠いですが、気持ちが伝わりました。

雄介さんの親友、居村晃(いむら・あきら)さんより

雄介は誰とでも友達になれるから、そっちでも楽しくやってんだろ?
俺はもう23になったけど、雄介は20のままってのが悲しくなるよ。
音楽聞いてる時も飲んでる時もパチンコをしている時も、雄介との思い出が強すぎていつも思い出すわ。
俺の部屋に雄介の写真飾って、仕事から帰ってきたら、「ただいま」って声かけてんだぞいつも。笑
たまには夢でもいいから出てこいや。そこでまた遊ぼうよ。

雄介さんの親友・飯部公司(いいべ・こうじ)さんより

久しぶり!
あれから早いもんで2年経ちましたね。今何してますか?
俺は仕事によさこいと充実した生活を送っています。
ホントだったらみんなで飯食い行って、一緒にユッサ(よく一緒に行っていた温泉施設)行って、車とか一緒にいじってたのかな?
そのうち、晃からホイール買うんで自慢しに行ってやるぜ(笑)

木幡雄介さん、訓彦さん、利信さん、訓子さんへのメッセージ・写真を募集しています。

お寄せいただいたメッセージは、ホームページへの掲載や番組への活用などに限って利用いたします。
メッセージは掲載できない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

皆様の個人情報の扱いに関しては、「NHKにおける個人情報保護について」をご参照ください。

お名前(*)
ふりがな(*)
本人との関係(*)
電話番号(*)
(半角数字)
住所(*)

ページへの掲載は区市町村までとします。(例)東京都渋谷区の※※さん より

メールアドレス(*)
(半角数字)
確認用メールアドレス(*)
(半角数字)
メッセージ(*)

※内容は800文字以内でお書きください
(800文字を超えた場合は送信できません。ご了承ください)

※文字化けしてしまうため、機種依存文字は使用しないでください。

※写真を投稿したい場合は、こちらの写真投稿フォーム をご利用ください。


郵送の場合はご意見・お問い合わせページに
「郵送希望」と記して住所をお書き下さい。
こちらからメッセージの記入用紙や返信用封筒を送ります。
送っていただいたお写真は返却します。

ご意見・お問い合わせ

  • >> メッセージを投稿する
写真一覧へ戻る